プライドが高い人の7つの心理や特徴、付き合い方を理解し、うまい対応をするには?

プライドというのはどういったものなのでしょうか?よくプライドが高い人が周囲にいるとなんだか一緒に行動しずらくなってしまったり、どう対応すればいいのかわからなくなるかと思います。

プライドが高いとはつまりその人自身の価値観や固定観念が影響していると思うんです。でも、それを取り除くことは不可能に近いのですが、その人たちの共通する心理や特徴を理解していただけたら難なく付き合っていけるでしょう。

そこで今回はプライドが高い人の心理や特徴を理解し、付き合い方を紹介していきます。

スポンサーリンク



プライドが高い人に共通する7つの心理、特徴とは?

プライドが高い人は高学歴が多い?

プライドというのは人間が生きてきた過程で形成されるものです。プライドが高い人の中には高学歴の人が多いという特徴がありますが、これも生きてきた中で形成されたものなのです。

自分の努力で難関校を突破したという自信があり、それがプライドとなっていくのです。プライドが高いとは自信があると言い換えてもいいので何も悪いことではありません。

しかし、プライドの高いあまり相手に対して失礼な態度を取ったり相手を見下してしまうとそれは問題になります。

私の友人に難関大学に入学した人がいましたが、学歴を他人の人と比べるのが習慣になっていました。私と会うときも学歴の話になったりしてなんだか比べられている気分になり、こちらとしてはあまりいい気分ではありませんでした。

その当時は大学のお話でしたが、やがて就職の話になると今度は会社の大きさ、有名度を比較されるようになりました。

私がこのとき思ったのは友達にもかかわらず「対等な関係」ではないんだなといった心境でした。

やはり比較されるのはあまりいい気分にはならないためその友人とはあまり会わなくなってしまったのですが、私がもう少し相手の気持ちを理解してあげればこんなことにはならなかったのかもしれません。

プライドが高いというのは嫌われてしまう要因と思われがちですが本当はその人の気持ちを理解してあげないといけないのかもしれません。どんなに自慢してこようともそのことを受け入れていく姿勢が必要なのかもしれません。

冗談が通じない

MAX77_tabakosuu20141025162807-thumb-815xauto-18223

プライドが高いという人が一番嫌われてしまうことが「冗談が通じない」ということではないでしょうか?何か冗談や少し馬鹿にされたりすると「侮辱された」と認識してしまうのです。

友人関係になると冗談の一つや二つ飛び交うこともありますがプライドが高い人にとってはそれは冗談ではないのです。単に侮辱ととらえてしまうのです。

そのことを理解してあげないと単に冗談が通じない奴と思われ、人間関係が途切れてしまうかもしれないのです。

ただ単に冗談を言うのも相手のことを理解してから発言すべきなのかもしれませんね。冗談とはふざけて言う話なので相手を不快にさせてしまったらこちらの責任になってしまいます。

なので冗談が通じる人、通じない人を見極めてから発言するようにしましょう。

自分の非を認めない

プライドが高い人ほど自分の非を認めたくはありません。それは自分に確固たる自信があり、そのせいでなかなか自分の悪いところを認めないのです。自分の悪いところを認めてあげることは人間を成長させるのに必要なことです。

しかし、プライドが高い人ほど自分ができないことはないと自信を持っているので悪い点があってもそのままにしたりしてしまうのです。

これは悪い癖でもあるので直していったほうがいいのですが相手に注意を促されたからといってそれをきちんと聞いてくれないかもしれません。

それほど確固たる自信が身についている証拠なのかもしれません。自信がある事がある意味裏目に出ていることなのでしょう。

他人の意見を否定する

YOTAKA85_shijisuru15121715-thumb-815xauto-16110

プライドが高い人は他人の意見を否定することで自分を正当化しようとします。どんなことが起こっても「自分のやってることが正しい」と心の中で思っているのです。

これは劣等感を持っている人に似ています。劣等感がある人は自分の弱さを隠してしまう傾向にあるため、他人を非難して自分の自信を保とうとするのです。

しかし、この偽りの自信は段々とはがれていってしまいます。他人の意見を非難することは自信を保つことではありますがそれは本当の自信ではないのです。

それを自覚しないといつまでも他人の意見を非難、否定するままでいてしまいます。他人を非難、否定することは自分の弱さの表れでもあります。プライドが高いからといっても必ずしも強い人間とは限りません。

本当に強い人間とは自分の弱さを認め、それを受け入れた人なのです。自分の弱さを受け入れている人は他人を否定して自信を保つことはしないと思います。

自分の自慢話ばかりをする

プライドが高い人は会話の途中でも自分の話に持っていこうとします。そこからその人の自慢話が始まるのが典型的です。

たとえば、過去の栄光話を永遠に得意げに話す、人脈の広さの自慢、仕事の年収の話だったりと様々なことを自慢げに話します。

当然、聞いている人にとっては飽き飽きしてしまうような話を話すので、愛想をなくしてしまい段々と自分の周りから離れていってしまうのです。

人の話を聞くよりもまずは自分の自慢話を聞いてほしい、自分をよく見てほしいという欲求が心の中にあるのでしょう。しかし、周りの人にとってはどうでも良く感じてしまうのです。

自分の話を聞いてもらいたいという欲求はどんな人でも少なからずありますが、その欲求が出すぎてしまうことには十分な注意が必要です。皆さんも無意識に自分の自慢話ばかりをしてはいないでしょうか?

スポンサーリンク




口うるさく何かと説教する

プライドが高い人というのは常に自分の言うことが正しいと思っています。そのため、自分の意見や考えを押し付けて相手に強要しようとするのです。

強要されて良い気分になるはずがありませんよね。しかし、プライドが高いとそのことに気づかずに一方的に話してくるのです。

これがもし、逆の立場だったらプライドが高い人は説教されることにイライラしたり、腹を立てたりしてしまい、機嫌を損ねてしまいます。

なんだか自己中心的であまり関わりたくないタイプなように感じますが、確かにそう思うのも仕方がありません。でも、もし聞いてる側が「この人はプライドが高いんだ」と認識していたならばそういった話も受け流すことができるでしょう。

たとえ、相手に説教や意見を言われたとしてもあまり気にしないようにしたほうがいいのかもしれません。相手の話すことを聞かないと失礼に感じますがそれはお互い様なのです。話している側も失礼な態度を取っていると私は思います。

コミュニケーションは相手の気持ちを考えることが前提です。そのことを忘れてただ自分の言いたいことを話すのは相手の尊厳を踏みにじっていることと変わりがないと思うんです。

そのことに気づかせてあげるように何かアドバイスしても聞いてもらえないでしょう。この性格は自分で気付くしかありません。自分で気付いた時初めて理解ができるのです。

プライドが高い人は自己中心的な性格?

TAI85_jumpbiz20140823105007-thumb-815xauto-17582

最後にプライドの高い人の特徴を総まとめすると要するに自己中心的なタイプなのです。自己中心的だからこそプライドも高く、自分の意見を何が何でも通そうとするのです。

先ほどプライドが高い人は偽りの自信を持っていると書きました。一見、自信ありげに見えても裏では「自分をよく見てもらいたい」という欲でいっぱいなのです。これは本当に自信があるとは言いません。

自信とは、確かに自分の行動や言動に確信があることで能力や価値を確信することでもあります。

しかし、その中に「自分をよく見てもらいたい」という欲は存在しないのです。この欲というのは常に周りを気にしていることでもあります。周りを気にしていても自信を持つことはできません。本当に自信がある人ほど周りの目を気にしないのです。

プライドは確かにないといけないものではありますが、それを前面に押し出してしまうと単なる傲慢、わがままというように思われてしまうのです。

プライドをなくそうといっているわけではなく、相手を思いやる気持ちを忘れないことを前提にプライドを持つようにしましょう。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す