仕事に自信を持つ5つの方法とは?

仕事や恋愛になると自信が持てなくて一歩踏み出せないということはありませんか?

仕事だったら大事な会議や取引先の人との場面で緊張したり、恋愛では、勇気をもって食事に誘う、告白することができないなんてことはありませんか?

他人から「自信を持てよ」と言われてもすぐに自信が持てたら苦労しないですよね。

自信が持てない自分が嫌いにならないように、今回は自信を持つ方法を紹介していきます。

スポンサーリンク



自信を持てるようになる5つの方法

どんな時でも、自信満々だという人は、いないと思います。

仮に、自分は何時如何なる時も、自信がある! と思っている方は、是非とも、身の程を知ってください。

しかし逆に言えば、自信が無いという人は、身の程、身の丈を知っていると言えるのですが、自分自身の事を正しく理解していないのでは? と思うのです。

例えば、自分はダメだ、と思っているのかもしれないけど、どうしてダメなのかを考えるとき、過剰に自分を安く見積もっていませんか?

そんな悲しい事、しなくてもいいんですよ。

自分を知っているのですから、あと少しだけ、自信を付ければ良いのです。

自分を過小評価しない。まずはその事を頭において、ここにあります5つの方法を参考にしてみてください。

失敗をしたとしても受け入れていくマインドが必要

自信がない方の特徴として失敗を恐れてしまう傾向があります。どうしても失敗を恐れてしまい、一歩が踏み出せないとなるとどんなこともできないので非常に勿体ないです。その一歩がもしかしたら成功に変わるかもしれません。

仕事なら出世であったり恋愛なら好きな人と結ばれたりするかもしれません。成功や失敗は行動に起こさない限り見えてきません。たとえ失敗に終わったとしても実は成功への近道だったりするのです。

たとえば、一流のスポーツマンや世界的に有名な科学者たちは何度も失敗を経験し今の成功した姿があります。スポーツマンなら試合で負けたとしても次に生かせる対策を考えられるし、科学者なら試行錯誤して失敗が糧になって研究を続けていくでしょう。

自信が持てなくて失敗を恐れて行動しない人は、最初から試合放棄をしているのと同じことです。

相手がたとえどんな強豪な選手で負けると予想ができていてもスポーツマンは、なんども挑戦していきます。科学者も先に見えない実験なのに研究を繰り返していきます。その人たちは失敗をダメだと思っていないから挑戦できるのです。

20世紀の偉大な権威であるアルバート・アインシュタインは失敗に対して格言を残しています。

一度も失敗をしたことがない人は、何も新しいことに挑戦したことがない人である。

まさにこの通りで失敗を恐れていては何も生まれないし、挑戦もできません。このことに気づいている人は自信を持って挑戦できるし、失敗=ダメだと思っている人は何もしないまま時間が過ぎていくだけなのです。そのため自信を持つにはまずこのマインドを身に着けていく必要があります。

小さな成功体験を積む

ガッツポーズ

どんなに小さなものでもだんだん積んでいけばいずれ大きなものになります。たとえ小さいものでも成し遂げれば自信がついていくものです。その小さな繰り返しを何度も成し遂げればいずれ大きなものに変わっていくでしょう。

仕事では、簡単な仕事を成し遂げていくことで仕事の容量と効率がわかってきます。簡単な作業でも着実にこなしていけば成功が重なり仕事が楽しいと思えてくるでしょう。

恋愛では、自分に好きな人がいるとしたらいきなり話すのではなく、一日一回挨拶をしてみるくらいで十分です。それが難なくこなせて言ったら次は少しお話ししてみようとなっていき、段々ステップアップしていくでしょう。

しかし、ここで一つ注意していただきたいことがあります。それは小さなことだからと適当にしないことです。丁寧に確実にしていかないとうまくいかなくなってしまいます。

仕事だと適当に業務をこなすのと一つ一つ丁寧にこなすのとでは成長の度合いが違います。恋愛の場面だと好きな人に挨拶する際、単なる挨拶だからと適当に交わしていくと相手にとっては良い印象にならないでしょう。

いかに小さなことでも確実にこなしていくことが大事なことかを理解してください。小さなことを着実にこなしていくと小さな成功が生まれ、自分の自信も着実に増えていくでしょう。

考える前に行動に移す

走る

自信がない人は考え深い人が多いかと思います。何をするにしても「大丈夫かなあ」「ほかに方法はないかなあ」と悩んでしまい、一歩が踏み出せなくなっているのです。ならば考える前に行動してみましょう。

行動に起こすと結果が見えてきます。たとえ結果が失敗に終わったとしても先ほど書いた「失敗を受け入れていくマインド」があれば気にせずまた行動できるでしょう。

自分で考えたり悩んだりしても答えは生まれません。答えが出たとしても大したことではないため考えるだけで時間を無駄にしてしまうのです。

そのため、考える前に行動に移せば積極的な人間になっていきます。時間は有限です。私たちには、寿命がありその中の時間でしか生きていけません。

悩んでいる時間も行動している時間も時が経っていることには変わりがないのです。このことを理解すると時間を無駄にせずにできることでしょう。

私も一時だらだら過ごしていた時期がありました。だらだら過ごしていると時間が経つのがあっという間に過ぎていき、いつの間にか一年が経っていたなんてこともありました。

そんな経験をして時間の大切さを知り、積極的に行動してみると充実感もあり時間が経つのも遅く感じました。考えるときや悩んでいる時は時間の経過が速く感じるものです。その時間を他のことに費やしていたら時間を無駄にせず昨日の自分より前進していることが実感できるでしょう。

スポンサーリンク




過去の自分を受け入れる

過去の出来事が原因で今自信が持てなくなっている人がいます。過去の自分を受け入れることは難しいことで過去に縛られたくないとわかっていてもふと思い出して自信がなくなることはよくあることです。

それは人は過去に起きた悪い出来事やトラウマを覚えやすい傾向にあるからです。ある意味仕方がないことではありますが、ずっと引きずっていてはいつまでたっても自信も持つことができません。そのためには少しずつでもいいので過去の自分をしっかり受け入れていき、自信が持てるようになりましょう。

自分を肯定する、認める

安心

自信が持てない方は自分を肯定することや認めてあげることが苦手です。それは周りの意見に流されたりしてしまい、自分を認めてあげることが苦手になっているのです。

はおそらく周りのことをよく気にしてしまい「他人がやってるから自分もやろう」「あいつのほうが自分より優秀だ」と思ったりして自信を見失っているのです。

自信がないということは自身がないことと同じかもしれません。自身がないから自分の居場所を探して周りに合わせたりするのかと思います。それに対し、自信がある人は自分を肯定したり、認めてあげているので自身がある状態です。

そのため、他人とは違う行動をとっていてもマイペースを貫き、「このままのペースでやれば大丈夫だろう」と周りと比べることがないのかもしれません。そこで自信がない方はまずは自分を肯定すること、認めることをしましょう。

おそらく難しく感じるかもしれませんが慣れですので繰り返し自分の中で肯定するトレーニングをしてみましょう。自分を肯定することになれてくると自信が生まれ、周りに合わせなくなっていくでしょう。自分肯定することはマイペースな人間にしてくれるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、仕事や恋愛で自信を持つ方法をいくつか紹介していきました。

恋愛でも仕事でも自信がないときというのは、何かしら「迷い」がある時だと思います。自信がない状態とは、いわば「自身がない」と言えるほど自分自身を見失っている状態を指すのです。

なので、自信がない状態を自信がある状態へと持っていくには、やはり自分を信じることにあるのです。誰にどんなことを言われようとも自分の道を突き進む。そうしているうちに自然と自信はついてくると思います。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す