仕事に対して自信がない人の4つの特徴とは?

自信がない方は将来のことを不安に思ったり、今就いている仕事を辞めたいと思ったりと仕事に対してモチベーションが失われているのではないでしょうか?

もし、自信が持てていれば仕事もバリバリできて将来も悲観せずになると思うかもしれません。

何をするのにもモチベーションは大事なもので自信があるかないかが仕事に影響するかもしれません。それは何も仕事だけでなく恋愛でも勉強でも人間関係でも言えることです。

しかし、仕事は人生の大半を費やすものなので仕事への自信のなくなりは自分の人生や将来にも影響してくるかもしれません。だから、不安に思ったり辞めたいと思ったりしてしまうのでしょう。

そこで、仕事に対して自信が持てない方に向けて今回は対処法を紹介していきます。

スポンサードリンク



 自信が持てない人の4つの特徴

仕事に自信がない人にはどういった原因、特徴があるのでしょうか。

仕事に自信が持てないと、仕事に対するモチベーションも下がるどころか、人間関係やほかの部分もギスギスしてしまうものです。競争社会である今の時代、今一度、仕事と向き合う時間というのも必要かもしれません。

「本当に今の仕事が自分に合っているのか」「自分のどういったところを改善してみればいいのか」と時には仕事に対し自分自身が抱いている気持ちを見つめなおすことも必要でしょう。

では、実際に仕事に自信がない人はどういった心境、特徴があるのかを見ていきましょう。何か共感するところが見つかるかもしれませんので、参考にしてみてください。

他人と比較してしまう

選択

仕事場では自分より仕事ができる人もおおぜいいるかと思います。同期の人たちが次々に仕事をこなしていく姿を見て自分もやればできると頑張ってみるかと思います。でも、なかなか同期の人たちのように成果が伸びないとなるといつの間にか自信を失っているでしょう。

仕事場では当然自分よりも効率がいい人はたくさんいます。その人たちが仕事の効率がいいのは自分のペースをわかっていて無理せずこなしているからです。

他人と比較してしまうと自分のペース配分を見失ってしまい、がむしゃらにがんばろうとします。そして、自分げできること以上のものに手をつけることはものすごい労力が必要です。

たとえば、車を例に挙げますと自分の車よりもハイスペックな車は、エンジンの質が違うので出だしのスピード、走行時の安定性、馬力の違いがあります。その車に追い付こうするとなると自分もハイスペックな車を用意しないといけません。

相手がスポーツカーで自分が軽自動車だったとしたらどんなにアクセルを踏んでも一向に追い付くことはできないでしょう。

それを無理して追い付こうと頑張ってしまうとエンジンにふたんがかかってしまいトラブルを起こしてしまいます。

人も同じでスポーツカーのようにスピードが速い人もいるし軽自動車のように安全を第一に考えた人もいます。それはもしかしたら個性の一つなのかもしれません。

なので、他人と比べて落ち込むのではなく、自分より効率が早い人がいることを認め、自分のペースでこなしていくと仕事の効率もわかっていくでしょう

仕事の失敗を恐れてしまう

失敗とはどんな人にもあるものです。失敗をしたことがない人はこの世にいないといっていいくらい人は失敗する生き物です。

仕事ができる人であれ今は輝いて見えるけれど過去に失敗を何度も繰り返し、今の姿があるのかもしれません。

そうなると失敗を恐れて積極的になれない人や自信がない人はとてももったいないのかもしれません。

「失敗は成功の基」という言葉があるように失敗こそが成功への近道なのです。失敗を恐れて行動しなくなりあたふたしているのは、自分の成長につながることなくただ時間をつぶしているといっても過言ではありません。

私は過去にいくつも失敗を繰り返してきました。進路のことであったり人間関係であったり生き方であったりと失敗をしていきましたがその失敗があったからこそ今の自分ができていると理解しています。

たとえ好きな人に告白して振られようとも仕事でミスをしてしまったとしても次は気を付けるようにすればいいのです。

その気をつける姿勢ができるのは失敗があってこそなのです。失敗なしに人は成長しないと私は思います。なので失敗を恐れず前進していきましょう。

将来のことを気にしてしまう

「今の仕事をこのまま続けていて大丈夫なのか」と自信を失ってはいませんか?先のことを考えすぎて悲観してしまったり、焦りや不安も出てきて今やっている仕事に力がそそげなくなっているかもしれません。

しかし、将来のことや未来のことは誰にも分りません。もしかしたら明日交通事故に遭遇するかもしれないし、会社がつぶれたりするかもしれませんがその時はその時なのです。

将来のことがわからないのなら私たちに出来ることは「今を精一杯頑張る、生きる」ことではないでしょうか?

今この仕事を頑張れば仕事が一つ終わる、今勉強すれば志望校に受かるというように「今」に力を注ぐことしかできないのです。そのため将来を気にしてしまう暇があるなら何か一つ行動することを提案します。

行動すれば自ずと結果が出てきます。たとえその結果が残念なものになったとしても次に生かせばいいだけなのです。

それこそ先に書いた「失敗は成功の基」なのです。そのためいろんなことを気にする前に行動してみるといいでしょう。

スポンサードリンク



職場の人間関係が原因?

良い人

職場はどうしても一人になる事はありません。誰かしら人とかかわっていきますが、その中で人間関係のトラブルに嫌気がさしている方もいるかと思います。

たとえば、最近何かと問題になっているセクハラ、モラハラ、パワハラ等です。これらは自分の問題ではなく相手側の問題です。そういった問題はすぐさま解決しないといけない問題ですが人間関係や仕事場の雰囲気は入社してみないとわからないものです。

会社の説明会では良いイメージだったとしても入ってみたら全然違ったということはよくある事です。人間関係、仕事内容、職場の雰囲気が自分の理想通りのものになる事はそうそうないのかもしれません。

どんなところでも人とかかわっていきそれが上司、後輩、先輩、お客様、クライアントと人と会う機会も多いものです。そこ中の人間関係が原因で嫌気がさすこともよくあることですが、なにも自信までは失う必要がありません。

職場だけが自分の人生ではないので嫌気がさしたら「今だけの付き合い」と我慢するといいかもしれません。

職場での人間関係はとても気を使うものではありますが、あまり気を使いすぎずにリラックスした気持ちで接していきましょう。

職場の人たちも案外あなたのことを何も悪く思っていないかもしれません。

ただ、人間関係が原因で仕事に自信がなくなってしまう人に共通するのは、相手に気を使いすぎてしまうことにあると思います。周りの空気を読んだり、周囲に気を使いすぎてしまうことで、気疲れしてしまうのです。

なので、職場の人との付き合い方も程々に、もう少しリラックスした気持ちで接するように心がけてみるといいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は仕事に自信がない人に共通する特徴をいくつか紹介していきました。

先にも書いた通り、仕事に自信が持てないとなかなかモチベーションも上がらず、いろんな悩みを持ってしまうものです。

仕事の悩みというのは、いつの時代であれ、どんな人であれ、共通する悩みだと思います。だからこそ、こうしてこの記事を読んでいただいているのだと思います。

ですが、何も仕事だけがあなたの人生ではありません。今の仕事に自信が持てないのであれば、その仕事があなたに合っていないのかもしれません。

それか、仕事で自信が持てないのであれば、別の事で自信が持てるものを見つけるのもいいかもしれません。

仕事の悩みは人生の中の1つに過ぎません。もっと視野を広げてみると自分自身に備わっている部分が活かされ、自分に自信が持てるようになったりすることも多々あります。

なので、こうして仕事に対し悩みがあるのであればそれは、自身の可能性を見つけるいい機会だと思います。もう少し気楽に自分のやりたいことを見つけて、何か別の形で自信をつけてみるのもいいでしょう。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す