自分を好きになる5つの方法、考え方とは?

ふと、「自分の事を好きになりたい」と思う事はありませんか?

「自分の事が好きになれたらもっと自信が持てるのに」

自分に自信が持てない方は普段からそう思い悩んでしまうかもしれません。

どんなに努力を積み重ねてもなかなか自分を好きになれない。そんな自分が嫌ってしまう事もあるかと思います。

そこで今回は自分の事を好きになれなくて自信を失っている方の励みになるような改善方法を紹介していきます。

スポンサーリンク



あなたが自分の事を好きになれない理由は?

あなたはどうして自分の事を好きになれないのでしょうか?

例えば、過去に人から侮辱されたり、コンプレックスを抱えてたり、自分の事を好きになれない原因は人それぞれあるかと思います。

特に人から悪口を言われたりすると、長い月日が経ってもなかなか心の傷は癒えないものです。その傷が原因で自分の事を好きになれない場合も考えられるでしょう。

他にも理想と現実とのギャップで自分の事が嫌いになってしまっている事も考えられます。理想の自分になれなかった事が原因で自信をなくしてしまった事もあるかと思います。

ただ、人は誰しも欠点があります。欠点のない人の方が珍しいはずです。

では、

   「何故、自分の欠点をわざわざ直さないといけないのでしょうか?」

   「欠点があると自分を好きになってはいけないのでしょうか?」

自分の事を好きになれない方は、今一度、自分自身に問いかけてみてください。

自分の欠点に囚われすぎる考え方をしていると、どんどん自分の事が嫌いになっていくのです。

自分の事を好きになれたらどうなるか?

自分の事を好きになるとは、ありのままの自分を受け入れる事です。

ありのままの自分を受け入れた状態になると周りの評価は気にしなくなります。たとえ気になっても自信を失うほどではありません。

「そういった考え方もあるんだな」くらいに思えるようになります。

自分の事だけに集中し、自分が成長する事や好きな事を考えられてのびのびと生きれるようになるでしょう。

また、自分嫌いで自信がない故に相手に受け止めてもらう事ばかりを望んでしまいます。

自分を愛せないからこそ相手に頼ってしまうのです。

自分の事を好きな人は、ただ自信があるだけでなく、自分の弱さも受け止める事ができているので、相手に受け止めてもらう事を求める事はしません。

むしろ、自分の事が好きになり心に余裕が生まれると自然と相手から頼りにされるようになるので、友人や恋人、職場の人から慕われる存在になります。

自分の事を好きになれない事は、自分に正直に生きられない苦しさと葛藤している状態です。そんな状態では心に余裕が持てなくて当然なのです。

人は相手の感情を読みとる事ができるので、心に余裕がない状態も相手にはわかってしまうのです。

自分の事を好きになり、心に余裕が生まれてくると自然と人間関係も良くなってきます。

スポンサーリンク




自分の事を好きになる考え方、方法

では、実際に自分の事を好きになる考え方、方法をご紹介していきます。

自分の事を好きになれない一番の原因は「思い込み」にあります。「自分の欠点ばかり」に注目し、思い込んでしまっているのです。

「自分はどうせ~だから」と塞ぎこんだ考え方をしてしまうのです。

その状態を抜け出すにはちょっと考え方を変えるだけでもだいぶ変わってくるようになるので、ここでは自分の事を好きになるような考え方から方法を紹介していきます。

過去、未来は関係ない

自分の事を好きになれないのは過去に人から傷つけられたからと思う人は多いです。

それほどまでに心の傷が深いとも言えますが、過去に引きずられて今を犠牲にしてしまっては人生とても勿体ないです。

「そんな事はわかっている」「変われたら苦労してない」と思うかもしれません。

ですが、過去は過去であり、今とは全く関係がないのです。

たとえ「自分はこういう人間だから」と思っていたとしてもそれは単なる思い込みであり、過去の話です。

そんな自分が嫌であれば今変わればいいのです。思い込みに支配されてしまうと過去に執着するようになってしまいます。

ですが、過去はもうないのです。過去が未来を創るのではなく、今できる事を積み重ねた結果が未来になるのです。

自分にないものを欲しがるから劣等感を抱く

周りの人と比べるあまり、できないところばかりに目がいき、劣等感を抱いてしまっているかもしれません。

劣等感ばかりに目を向けているせいで自分の事が好きになれなくなっているのかもしれませんね。

ただ、劣等感は自分にないものを欲しがるから劣等感を抱いている事も考えられます。

もし周りの人と同じように生きて、同じようなものを手にしていたら劣等感は生まれないと思うのです。

自分にないものはないときちんと認識できれば、劣等感を抱かずに本当の自分の事を受け入れるようになるのです。

「ないものは無理して手にいれなくてもいい」

そう思うだけでもだいぶ気持ちが変わってくるようになるでしょう。

周りの評価を素直に受け止める

社会的な評価を得たり、周りから賞賛されたりすると嬉しいですよね。

どんなに自分の事が好きになれない人でも褒められたことで嬉しく思う事でしょう。

その評価された嬉しさ、喜びを素直に受け止めるようにしてみてください。

「自分はまだまだ」と謙遜せずに素直に喜ぶ事が自信に繋がってくるのです。

自分の良いところをメモする

自分の事を好きになれない人はどうしても自分の事を軽視しがちです。

おそらく、周りと比べるあまり、自分の良さが見えなくなっているのでしょう。

ただ、自分のダメなところばかり目を向けた状態で自分に自信が付けるのはなかなか難しい事です。

なので、自分の良いところを試しにメモしてみてはいかがでしょう?

頭の中で考えてしまうと自分の良さが見えなくなってしまうので、一度自分の良いところをメモしてもらいたいのです。

もし、自分のダメなところに目がいっているなと感じたら、自分の今できる事や良いところを書くようにしましょう。

そういった習慣をつける事で客観的に自分の良さというのが見えてくるようになるのです。

自分の得意分野を伸ばす

自分の良いところが見えてくるようになれば、後は自分の良いところを伸ばしていけばいいのです。

ここで無理に自分にないものや不得意なものをなくそうとするのはやめましょう。

自分のできない事、不得意なものは「ないものはない」と素直に受け入れる。そうする事で自分の嫌なところを直す努力もしなくて済むようになり、ありのままの自分を受け入れられるようになるのです。

自分の得意分野、できる事を伸ばしていく事こそが一番の近道であり、本当の自信につながるのです。

まとめ

自分の事を好きになるのに一番大事な事は「自分に目を向ける」事にあります。

自分の好きな事、やりたいこと、良いところ、ダメなところ等、自分に意識を向けて自分のやりたいように生きていけば自ずと自信が沸いていき、自分の好きなように生きていけるようになるのです。

周囲に意識を向けてしまう人は「これをやったらダメかな」「自分は周りよりも劣っている」と周囲の評価を基準に物事を定めてしまいます。

ですが、それでは本当に自分を好きになれず、自信もついてこないのです。

自分の事を好きになるには、まず意識を自分に向けてみる事から始めてみましょう。自分に意識を向けるようになれば、後は自分の好きな事をやってみればいいのです。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す