やる気が出ない時に役立つ2つの過ごし方、休み方とは?

やらなければいけないことが山ほどある、、、

頭では分かってはいても、やる気が出ない時は何もしたくないですよね?

やる気を出そうと思ってすぐ行動に移せれば苦労はしないのですが、

やることがあるのにダラダラ過ごしている自分が嫌で、どうすればいいのか分からなくなってしまうかと思います。

そこで今回は、やる気が出ない時のために、自然とやる気が増してくる過ごし方、休み方を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



楽しくないからやる気が出ない

PAK88_tetuyaakenosyain20141123141151_TP_V

楽しい時はあっという間に過ぎていきます。「やりなさい」と言われなくても自ら手を付けるかと思います。

しかし、「嫌なものは嫌」と思うのも人の特徴であり、これがやる気が出ない原因なんですね。

嫌なものに対して「楽しい」なんて思えません。たとえ「やりなさい」と言われてもやる気なんて出ないんですから、、、

やっぱり、やる気を出すにはこの「楽しい」と思える感覚をつかむのが一番大切なんですね。

そう考えてみたら答えは簡単。やる気が出ないのは、結局、「楽しくない」ってことなんです。「楽しくない」からやりたいと思えない。

つまり「やりたいと思えない」というのはやる気や動機がない状態ですから、

まず「やりたいと思える」ように楽しさを見つけることが必要なんです。

 楽しくない原因は苦手だから

人は苦手なものに関して積極的に行動が出来ません。そして、苦手なものには自信を持つこともできません。失敗したらどうしようと不安を常に抱え込んでしまうのです。

人は精神的安定を求めるために、極力自分の中にある不安感を取り除くために「疲れちゃうから、苦手なことをやらないでね」と自己防衛本能が働きます。

また、この自己防衛本能に対して「それではダメだよ、ちゃんとやらないとね」という理性が働きます。

本能と理性。人はこの葛藤の中で生きているんですね。楽しくない原因は、自分の不安定な状態を表しています。

やる気を出すためには、この不安定な状態から脱しなくてはいけません。では、どうしたらいいのでしょうか?それは自分らしさを見つけることです。

スポンサーリンク




自分らしさを見つける2つの方法

自分のペースを乱さない

自分で自分を褒める

この2つの方法を見ると、自尊心が高く自己中心的な感じがして良い印象がないように受け取ってしまいますが、そうではありません。

実は、そういう風に思わさられるように教育されているんです。私たちは必ずどこかの組織というものに属して生きています。

生きていく社会の範囲が広がれば広がるほど「自分らしさ」は失われています。それは、自分だけでは解決できない状況が多くなってくるからです。人間関係には協調性は大切ですが、良いように利用され押し付けられていることもあります。

特に組織というものは、「首を縦に振る人」に対して協調性があるという評価をし、その評価を目に見えるもので表します。そのため、組織にいる人たちは、それが良い評価につながる手段として身につけるようになります。

誰だって良い評価をされたいものですから、そうなってしまうのも当然です。そして、良い評価が欲しいと欲求を満たすために、人は無意識のうちに「自分らしさ」を自ら消していくのです。誰かの都合の良いように、誰かが利用されているのです。

自分のペースを乱さない

自分のペースというのは、「マイペース」のことですよね?

「あの人、マイペースで困るよね」なんて使い方をするのは単なる「やっかみ」なのです。本当はみんな本能では自分らしくありたいと思っているのに出来ている人に嫉妬してしまうのです。

つまり、自分のペースを乱さないことは、自分に負担がかからないので、不安を抱えることもなくやる気が失せることもありません。そして、それは悪いことではなく、みんなの理想的とする生き方なんです。

周りに合わせてばかり過ごしている人は、かなり無理をしている場合が多く、自分を休ませられていないので疲労がたまり、そのうち気力がなくなるのです。

自分で自分を褒める

自分で自分を褒めることを悪いこととは思わないでください。自己肯定感という自分自身の存在を認めることは、とても大切。

本の整理をしたとか、本当にちょっとしたことでいいので、一日の終わりに「今日の自分」をひとつ褒めてあげてください。

休みの日にダラダラするということも、「自分はダメだな」と思いながら過ごすと苦痛なだけです。

ダラダラを中途半端にやっているから不安なだけで、徹底的にダラダラしてください。ONとOFFの使い分けが出来るようにすることが大切です。

まとめ

たったこれだけで変わるなんてあり得ないと思っている人もいますよね?

そう思うのは「やってはいけないこと」として自分の中に植え付けられてしまっていることだからなんです。マイペースと自己肯定は自分らしく生きるために必要なことです。

人に迷惑をかけることに必ずしも直結するわけではないのに、周りの外圧がそうさせているんですね。自分らしくいられるからこそ人生は楽しい!

楽しいと思えればやる気は起こそうと思わなくても自然に出てきます。

どうか、自分を否定せず、日々の過ごし方の中で自分というものをしっかりと確立していってください。そして、休む時は徹底的に休むようにしてください。「あなた」は「あなた」なのですから。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す