やりたいことがわからない悩みを解決させる考え方、方法

自分のやりたいことに熱中して取り組む人って憧れますよね。

やりたい仕事ができて、やりたい目標を掲げて前進する人は人生を楽しんで生きている感じがしますよね。

一方で自分のやりたいことが見つからない人も多いのも事実。

大人になってからふと

「自分のやりたいことって何だろう」

「本当にこの仕事をやりたかったのかな」

と自問自答する人も多いのかもしれません。

では、どうしてやりたいことが分からない悩みを抱えてしまうのか、どうしたらやりたい事を見つかられるのか、

今回はやりたい事が分からない人に向けたアドバイスをいくつか書いていきたいと思います。

スポンサーリンク



自分のやりたいことが分からない理由

やりたいことが分からないと、今後自分がどんなことをやりたいのか、どんな人生を歩んでいきたいのか先が見えなくて辛いですよね。

「自分はこれからどんな人生を歩めばいいのか」と将来が不安になったり、

「このまま同じことの繰り返しでいいのか」と今まで歩んできた道を振り返ったりしてしまうかもしれません。

ですが、全くやりたい事がないわけではないと思うのです。

おそらく「興味はあるけれど素直に実行できない」のが原因かもしれません。

どうして自分に素直になれなくなってしまったのか考えてみると、幼少期の過ごし方や環境に心当たりはありませんか?

もし親や周りの大人から自分の気持ちを否定、拒絶されて育ってしまうと、自分の気持ちを抑え込むようになり、本来の自分を出せなくなってしまうのです。

大人から見ればおとなしい子供であり、世間からは立派な子供に見えるかもしれません。

ですが、本人は素の自分を出せない事に苦しんでしまいます。

その苦しみから逃れたくてもどうすればいいのか分からなくなり、自分の気持ちに素直になれずにもがいてしまうのです。

もう一つは「世間体や周りの目を気にしすぎている」のも考えられます。もはや日本人の性格や環境、文化かもしれませんね。

例えば、日本では有給休暇の取得率が世界30か国中、最下位という事をご存知でしょうか?

本当だったら働いている分、休みたくなるのが自然ですよね。疲れているのですから。

ですが、素直に休めないのです。理由は心理的に「休暇を取る事に罪悪感を感じている」人が多いからだそうです。

周りに合わせて生きていると、いざ自分やりたい事を探そうと思っても見つからないのです。

今まで自分の気持ちを抑制されてきたのですから、急に自分のやりたい事をしようとしても何をすればいいのかも分からなくなってしまうのが辛さの原因かもしれません。

やりたい事をさせてもらえなかったのに急にやりたい事を見つけろと言っても無理な話なのです。

やりたい事を見つけるには素直になる訓練が必要

自分のやりたい事が分からない。でも何をどうすればいいのかも分からないから辛いんですよね。

世間体や周りの目を気にする方は周りに合わせるしかなくなってしまうのが辛いところです。

そういった方は今まで周りの意見に合わせて生きてきたので、ある意味世話上手な一面があるので、その点に関してはメリットとも言えます。

ただ、人には個性があり感情があります。
苦手なものは苦手ですし、無理をして苦手意識を直す必要はありません。

また、実際に行動に移してみて素直に居心地がいい、やりがいがあると感じたならそれでいいのです。

実際、やりたい事が分からないと思っていても感情に嘘をついているだけかもしれません。
そう考えざるおえなくなっているのは自分のこだわり、周りの価値観に縛られているだけかもしれません。

この考え方は自分の湧きあがった思いではありません。周りの価値観を軸にして自分を当てはめてしまっている考え方です。

もっと純粋に自由に生きていてもいいはずなのにその気持ちに蓋をして動けなくなってしまっては辛くて当然です。

固執した価値観や思いを脱却するには自分の気持ちを素直に感じる訓練が必要なのです。

今まで素直になれなかった人で大人になってしまった人にとっては酷な話かもしれませんが、人生に早いも遅いもないので変わりたいと思った今から自分探しに挑戦してみるといいでしょう。

スポンサーリンク




やりたい事を見つけるのに役立つ方法

自己分析をする

やりたい事が分からないのであれば、興味や関心がある事はありますか?

今、気になる物でもいいですし、昔好きだった趣味でも構いません。

自分はどんな事が得意でどんなものに関心があるのか、昔はどんなものに夢中になっていたのかを考える事で本来の自分を見つける事ができます。

自分がないからこそ、一向にモヤモヤしてやりたい事が見つからないのです。

なので、もしやりたい事がないのであれば先ずは自分が好きだったことを知る事から始めてみましょう。

くだらない事でも仕事に役に立たない事でも構いません。

過去、現在の自分を振り返ってみて、子供の頃と現在の自分とどこが変わったのか比較してみるのもいいかもしれませんね。

ちょっとした興味や関心から経験してみる

自己分析をすると自分はどんな性格でどんな事が好きだったのか明確になってきます。

ですが、ここで注意しておきたいのが「自分の気持ちに蓋をする事」です。

どんなに興味や関心があっても

「自分にはできない」
「仕事には関係ないから」
「お金がかかるから」
「そんなことをしたら馬鹿にされるのでは」

と純粋な気持ちに蓋をしてしまってはやりたい事があったとしても行動に移せなくなってしまいます。

大人になると子供のように純粋に行動するより、頭で考えてから行動に移すようになります。

行動に移す前にある程度計画を立てる事は大事ですが、実際に動けなくなってしまうのならその計画も無駄になってしまうのです。

なので、興味や関心があったものから手を付けてみる、純粋な気持ちで取り組んでみると自ずとやりたい事が見えてくるようになります。

いきなり大きな挑戦はしない

やりたい事がない人は案外、自分の気持ちに素直になれてない事が多いです。

「本当はやりたい事があるけれど不安があってできない」のが正解だと思うのです。

または「いきなり大きな事を成し遂げようとエンジン全開で挑んでいる」という場合もあるのかもしれません。

仕事や趣味、生き方さえも初めから全力で頑張るタイプです。つまり中途半端にできないんですね。

中途半端にできないからこそいきなり大きな目標を設定し、挑戦して「できない」と判断してしまうのです。

もしそうであるのなら「行動を細分化」してみてはいかがでしょう。

どんなに大きな目標も小さな行動の積み重ねで達成できますので、小さな行動を習慣づける事から先ずは初めてみるようにしましょう。

小さな積み重ねの経験により達成感を味わい、いつの間にか自分のやりたい事になっている事も珍しくないのです。

「ない」に注目せず、あるものに着目する

やりたい事があっても「自分にはできない」と思ってはいませんか?

今までやってこなかった仕事や趣味に挑戦したいと思っても

「自分には才能がない」とか「スキルがない」からと諦めてはいないでしょうか?

「ない」ものばかりに注目しすぎると、「あるもの」が見えにくくなり、自信を失ってしまいます。

なので、「~ない」「~できない」と考えるのではなく、「~できる」と考え方を変えてみるといいかもしれません。

もし長い間勤めてきた仕事を辞めて新しい仕事をはじめたいと思っているのであれば「今まで仕事を続けてきた」という実績はありますよね。

資格やスキルがなかったとしても「1つの事にコツコツ継続できる」のであれば、それは立派なスキルであり、どんな分野にも役立てます。

人それぞれ得意、不得意がありますが、「できない」という事はないと思うのです。

本人にとっては「できない」と思っていても周りの人にとっては才能あふれる魅力ある人に見えている事場合もあるので、ないものに着目せず「あるもの」に目を向けてみるようにしましょう。

自分に備わっているものを掘り起こす事こそがやりたい事を見つける近道でもあるのです。

とりあえずやってみるとやりたいことが見えてくる

いかがでしょうか?

やりたい事が分からなくて動けなくなってしまった時は何も考えず「とりあえずやってみる」のが一番手っ取り早い方法です。

とりあえず、手を付けてみてそれが自分のやりたい事でなければ、それまでの事です。

やりたい事というのは、ふと思いつくものではありません。

興味、関心あるものをやってみても、合わないなんて事もあります。

ただ、そうした経験を積み重ねていく事で見えてくるものが出てくるようになります。

可能性を広げる上でも気になることがあったら臆さず行動に起こしてみる事をおすすめします。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す