うつ病の恐れがある初期症状とは?段階、経過でうつ病をしっかり理解しよう。

うつ病は今や国民病とも言われるほど多くの人が患っています。

「自分はうつ病にはならない」と思っていても現代のストレス社会に耐えられなくなり、いつの間にかうつ病になってしまったというケースはよくあることです。

それほどうつ病になりやすい環境で生活していることを理解しないといけないのかもしれません。

もし、何か体の変調が起こったときその初期症状に気づかずに放置してしまうと治りも悪くなります。

どんな病気でも早期発見が大事なのです。

そこで今回はうつ病の初期症状、経過に関して紹介していきます。

では、見ていきましょう。

うつ病の初期症状 5つ

 

SEP_271415071204-thumb-815xauto-16081

これからうつ病の初期症状としていくつか紹介していきますが、主な症状として意欲の低下、身体のダルさなど自分で変調がわかるものがあります。

なので、これから紹介していく症状が必ずしもすべてというわけではありませんのであくまで参考程度に見ていただけたらと思います。

1、自責の念が出てしまう

自責の念とは自分を責めてしまうことですが、あまりに頻繁に繰り返してしまうようになったらうつ病の恐れがあります。

これに関しては自分の元々の性格と誤解してしまいがちでもあります。

しかし、一度の失敗をずっと引きずりしまいには自分を責めてしまうパターンが毎日、2週間以上続いているようなら一度専門医に診てもらうべきでしょう。

2、孤独感、寂しい気持ちになる

うつ病になってしまうと感情に変化が生じます。

なんだかわからないけれど孤独感を感じたり、寂しい気持ちになったりと感情がマイナスのほうへ流れてしまいます。

そういった感情に支配されてしまうとやる気の低下に繋がったり、行動することも減退する場合もあります。

孤独感はどんな人でも感じるものではありますがそれが長続きしているとうつ病の恐れがあります。

3、睡眠不足

睡眠は身体を休ませる大事なものです。

しかし、うつ病を患ってしまうとなかなか眠りに着けなかったり、途中で目が覚めてしまうこともあります。

仕事をしてクタクタな状態で布団に入っても寝付けない状態が続いてくると精神的にも影響していきます。

なのであまりにひどい睡眠不足な状態は放置しないようにしましょう。

Sponsored Limk

PAGE 1 PAGE 2

コード スニペットをコピー

コメントを残す