うつ病の傾向がある職場の同僚との正しい接し方とは?

「うつ病」は本人や家族だけの問題ではなく、仕事場でもさまざまな課題を抱えています。

休職や通院の配慮などの事務的な対応はもちろんのことですが、

うつ病の人と周りの人がどのように職場で接していくのかも課題になってきます。

時と場合によって何事も対応の仕方は変わってくるものです。

そこで今回は、うつ病と診断された人が職場にいる場合に、どのように接したら良いかについていろいろと紹介したいと思います。

スポンサーリンク



うつ病の傾向のある同僚との接し方とは?

職場の同僚という関係を崩さない

選択

うつ病の傾向がある方にとっては診断されるまでに、長い間ひとりで苦痛を感じていることが多いです。

しかし、その初期症状は普段私たちが日常生活で感じる些細な体調不良に近く、診断されるまでうつ病と自覚しにくいものです。

例えば、寝つきが悪い、食欲があまりない、などといった

普段の生活で起こりそうな体調不良くらいの症状が多いです。

ですから、本人も多少は気にはなっているけど大したことがないだろうと捉え、無理に頑張ってしまいます。

もし、うつ病と診断された人や傾向がある人が職場内にいる場合は、周囲の理解はもちろん必要なことではあります。

しかし、無理に気を使いすぎると本人にとってはそれはそれで苦しいのです。

職場内の人間関係はあくまで仕事を通しての付き合いです。

思いやりというものは大切ですが、仕事に支障がでてしまうような無理な接し方は自分のためにも本人のためにもならないので控えましょう。

「うつ病」に気を使い過ぎないこと

うつ病と聞くと、妙に身構えてしまう方も多いと思います。うつ病に関して原因や症状など、調べれば溢れるくらいの情報収集が出てきます。

人は目に見えないものに対して恐怖や不安を多少なりとも感じるようになっています。

だからこそ、人間関係というのは難しいのです。「人の心が見えたらいいな」って思うのも、そういうことなんですよね。

うつ病の症状や原因は、性格と同じように人それぞれ違います。

うつ病だからと言って全ての人に同じ対応をしても、イライラしたり落ち込んだりと人によって反応が異なってきます。

では、具体的にどう接したらいいのか?

これは、「うつ病」という病名に気を使い過ぎないことが大切なのです。

うつ病を患った本人は不安定でありながらも、どこか孤独感や劣等感を抱いています。

あまり周囲の人が無理に身構えられてしまうと「自分がうつ病だから」と落ち込んでしまい、居づらい状況になってしまうことがあります。

なので、なるべく「大丈夫?」という気づかいの言葉をかけるよりも

「おはよう」とか「お疲れさま」という普段通りの方が良いでしょう。

難しく考えないようにする

OZPA87_katakorigayabai20130707_TP_V

うつ病は、神経と脳が関わっている病気です。ウイルスや菌が原因ではないので感染しないと考えるのが普通だと思います。

しかし、不思議なことで身近にいることが多い人ほど、新たにうつ病になってしまうことがあるのです。

脳はその人の行動全てを作り出しています。

なので、脳の機能が今までと変わってしまうと考え方も行動も変わってしまいます。

今まで好きだったものが嫌いになったり、おしゃべりだったのに無口になったり、別人になるんです。

これは、周りの人にとっても大きなストレスになります。

付き合いが長ければ長い人ほど、戸惑うことが多くなるのです。うつ病の人への接し方で特別扱いというものはあまりおすすめしません。

うつ病を患ってる本人はうつ病が原因で今までとは違う人柄になっているのです。周りは今までと何も変わらないわけですから、周りの人の戸惑いの方が大きいはずなんです。

うつ病を患った人を悪く言っているわけではありません。

ただ、うつ病が減少しないでいるのはうつ病の人に対しての情報は多くあるのに、関わっていかないといけない周囲の人への情報が少な過ぎるのも原因ではないかと思うのです。

あまり気を使い過ぎたりしないで、今まで通り自分のペースというのは大事にしたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク




まとめ

いかかでしたでしょうか?

今回は、職場の同僚がうつ病を患ってしまった場合の接し方に関して、いろいろと紹介していきました。

うつ病は悪化しすぎると死に至る恐ろしい病気です。だからなかなかこんなうつ病への接し方を紹介する人もいないと思います。誰だって、自分を悪く言われたくないものですからね。

私自身うつ病を経験したことがあります。

しかも、かなり症状が悪化し薬で記憶がない時期もありました。あることがきっかけで、通院も薬の服用も止めたのですが、そのきっかけというのが、「このままだと、あと二年(命が)持たないよ」と言われたことでした。

今は、多少薬による神経の麻痺としびれがありますが、うつ症状はほとんどありません。

でも思い返してみたら、精神科で処方される薬だけではあまり効果的な症状の回復には至りません。大げさではなく私は強くそう感じています。情報は正しいものばかりではありません。

うつ病の人への接し方に関しても同じです。うつ病は怠けものがなる病気ではないですし、本人は本当に辛くて苦しいものです。でも、周りの人は、それに流されないようにするべきだと思います。

ウイルスや菌と同じように気持ち、感情も人から人へ伝染します。負の連鎖と言われることがあるように、うつ病も人から人へうつってしまうものなんです。

過剰に反応せず、今までと変わらない自分でいられるような接し方が良いかと思います。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す