その接し方で変わる!?「うつ病」の禁句とは?

「うつ病」に関してはいろいろな情報が多く溢れていますが、あまりに多すぎて困ってはいませんか?

情報があまりにも多いため、どうしたらうつ病を改善できるのか分からなくなるかと思います。

うつ病は悪化すればするほど本人だけではなく周りも苦しむことになります。

もうこれ以上、うつ病で苦しまないために大切なことがあります。それは「うつ病」を知ることです。

うつ病を知るということは患者さん本人だけでなく、支えてくれる周りの人たちも十分に理解する必要があります。

そこで今回は、うつ病を本当に理解するために必要な接し方に関していろいろと紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



安易にうつ病と決めつけるのは禁句

PAK93_taikusuwariatama20140322_TP_V

人は精神的な苦痛が強い時、治したいという気持ちよりもその苦しみから逃れたい気持ちが働きます。

そのため日常の生活に苦痛を感じると、その苦痛から逃れる行動をとります。

うつ病は、もしかしたら苦痛から逃れる行動につながっているのかもしれません。

もし、自分の周りにうつの症状に当てはまるような人がいたとしても、安易にうつ病と決めつけるのは禁句です。

というのもうつ病の症状は様々あり、他の精神疾患に似た症状もたくさんあります。

今ではいろいろなうつ病の情報がありますので、自分がうつ病だと思っていても実は違った病名を診断されることはよくあります。

なので、安易にうつ病と決めつけるのは危険なので、一度病院できちんと症状を見てもらうことをお勧めします。

うつ病の症状はうつ病でなくても当てはまる

日々の生活の中でも眠れなかったり、やる気が出なかったり、悲しくなったり、イライラしたりすることは誰にでもあることです。

これ自体を苦痛に感じ始めると「何かの病気なのかもしれない」と不安になります。

経験のある方も多いかと思いますが、何か精神的な病気のことで不安を抱いた時、その症状がどんな病気に当てはまっているのか自分で調べるかと思います。

うつ病の症状を見てみると、あることに気がつくかと思います。

それは、一つ一つの症状が日常生活の中で「ちょっと今日は体調悪いかも」と思わされるくらい軽い症状が多いということです。

特に初期症状では、不眠や倦怠感を理由に調べる人が多いのですが、

そうなるとほぼ確実に精神疾患が疑われます。

その中でもうつ病の症状に似たようなものはあげられているものが多く、当てはめようと思えばいくらでも当てはめることができます。

もしかしたら、うつ病の人口が増加しているのは社会のあり方だけが問題ではないのかもしれませんね。

うつ病を調べたら本当にうつ病になる

なかなか眠れない日が何日か続くと生活にも支障をきたしますよね?

そこで「眠れない」「だるい」と調べてみると、その症状にあった病名がいくつも出てきます。そして他の症状を見て自分がどの病気なのかを絞り込んでいくかと思います。

しかし、実はこれがそもそも間違いなんですね。

精神疾患の病気は、健常者の方でも当てはまるごくありふれた症状が並んでいます。

しかし、「眠れない」「だるい」というのはその人にとっては苦痛であり、不安でもあるため、それを回避するために必死に病気を探るのです。今は何でも病名がついているのはもしかしたらそういうこともあるのかもしれませんね。

つまり、安心材料も薬のうちということですね。

おそらく、こういった自覚症状とそれ以外に当てはめられる症状があれば、おそらく「うつ病」に当てはまります。もう、ここまで来てしまえば、心療内科や精神科にいくしかなくなります。

初めのうちは、受診せず様子をみる方もいるでしょう。しかし、症状が改善されない場合や自分で調べて「病名を決めた」時点で心療内科もしくは精神科に行かれる人が多いと思います。

人とは不思議なもので、自分が精神疾患の病気かもしれないと思うと、その症状がひどくなるのです。通院したとしても軽い眠剤と安定剤が処方されます。

確かに症状が改善されていることが自覚できるため、「やはりうつ病だったのか」と得心するのです。それからは薬を服用しているほうが眠れますし、気分も良くなります。

しかし、忙しくて通院できず薬を服用出来ないでいると、だるさの症状がまた現れます。こうしてまた、薬に頼るのようになってしまうのです。

スポンサーリンク




うつ病は医師との接し方で診断は変わる

医師の診断が悪いわけでも、自分で病名を調べることが悪いわけではありません。

ただ、精神疾患というものは客観的に見ることがとても難しく、自分で感じた症状をどう受け止めて、どう表していくかによって同じ症状でも一過性のものなのか、病気なのかに分かれるということです。

そして、とくに精神科や心療内科の場合、医師の診断には、自分の発言が大きく関わっていることを忘れないでいてください。

まとめ

私は、うつ病で通院だけでなく入院もしていたのですが、診察はほとんどが問診で、薬の量は私の発言で決まっていました。

うつ病は心の風邪と言われることがあるようですが、確かにそうだなと今になって痛感しています。子どものころから私は風邪をひいても病院に行かずに食事や睡眠で治すようにしています。

熱が出るとさすがに受診をしますが、発熱の原因が風邪と言われれば解熱剤はもらいません。これは処方を自分で断るのです。

医師は、その言葉に対して満足げに頷きます。薬を飲めば楽になる症状でも、飲まないで乗り越えることの方がよい症状もあります。

うつ病も同じで、あまりにも病気が深刻化しすぎて接し方が過敏になり過ぎているように感じてしまいます。風邪もうつ病と同じで命に関わることがあるのに、その辺は意外と軽視されがちなんですよね。

うつ病だけでなく、情報が溢れすぎている時代だからこそ、本質を見極める情報の見極め方をしなければならないのかもしれませんね。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す