内気な性格が改善できるようになる7つの方法

本当は話したいことがあるのになかなか言えず、つい萎縮してしまう事はありませんか?

内気な性格の方にとっては、内気である事が損しているように感じるかもしれません。

また、積極的に自分の意見を言える人を羨ましく思う事も少なくないでしょう。

ですが、性格は生活環境や経験で染みついてくるものなので、性格そのものを変えるのはなかなか困難です。

それに、内気な性格な方であれば、性格を変える難しさはよく実感している事でしょう。

ただ、そうは言っても内気な方にとっては改善していき、もう少し積極的になりたいと思う気持ちもあるのではないでしょうか。

そこで今回は、内気な性格を改善する方法をいくつか紹介していきます。

スポンサーリンク



内気な性格を改善する効果的な7つの方法

内気である事をきちんと理解する

内気な性格を改善していく上でまず考えてほしいのが「内気な性格を理解する」ことです。

内気な性格を理解することで、自己分析になり、自分が本当はどういった性格をしているのかを客観的に見る事ができます。

というのも、そもそも内気な性格ではなく、単に勘違いして内気だと思い込んでいる可能性もあるのです。

性格は生活環境や周りの人間関係によって形成されてくるものなので、本当は内向的な性格ではないのに、環境がそうさせている場合も考えられます。

特に日本では「空気を読む事」や「周りに合わせる事」を大切とする教育をしていますので、環境がそうさせている事もあるのです。

なので、人に合わせる事自体が内気ではなく、自分の意見をうまく伝えられず内に留めてしまうのが「内気な性格」ですので、その違いを理解するためにも自分自身を振り返るようにしましょう。

自分の長所を見つける

内気な人ほど、自分の長所を見つけるのが苦手です。

そして内気であるが故に、どうしても短所に目が行きがちになります。

短所ばかり気にしてしまうと、自分に自信が持てなくなり、何か言いたいことがあっても言えなくなってしまいます。

また、内気な性格の人に共通するのは、「内気=ネガティブ」と捉えてしまいます。

「自分は内気な性格だから」とつい萎縮した考え方をしてしまうのですね。

ですが、内気である事は悪い事なのでしょうか?

たとえ、内気な性格であったとしても他人から見れば「相手を尊重する人」という印象を持たれるかもしれませんし、必ずしも内気がマイナスなものとは限りません。

ですので、内気な性格を改善するのであれば、まず内気である事が必ずしも悪いことではない事を理解し、それから少し気楽にポジティブに考える癖を身に着けるといいでしょう。

スポンサーリンク




上手く話そうとしない

「何か話題を振らなければ」と心の中で思ってはいるものの、なかなか発言できずに萎縮してしまう事はありませんか?

内向的な性格の人は、自分から話題を振る事が苦手かもしれません。

おそらく、その心理として考えられるのが「相手にどう思われるのか」を気にしてしまう事にあります。つまり、常に相手の反応、顔色を伺っている状態なのです。

相手の顔色を伺いすぎると、不安が生まれますので、自分から積極的にアプローチをすることを避けてしまいます。

その結果、人から良く見られたい思いが先立ってしまい、上手に話そうと無理してしまうのです。

ただ、それだと雑談をするにしても気疲れしてしまいますので、上手く話そうとあまり気を使わないような考え方をしてみるといいでしょう。

話上手より聞き上手になる

先ほど、内気な人は上手に話そうとしてしまう事を紹介していきましたが、そういった方におすすめする改善法が「聞き上手になること」です。

内気な人ほど、積極的にアプローチをすることが苦手ですから、苦手な事を克服するよりも、その性格を活かす考えが大事です。

ですので、話す事が苦手であれば、相手の話を聞くことに集中してみる事をおすすめします。

ただ、会話はキャッチボールに例えられる通り、お互いに発言することがコミュニケーションを成り立たせます。

なので、ただずっと相手の話を聞くのではなく、相手の会話の内容をよく聞いて、それに対して返答、質問をしてみるとスムーズに会話ができるようになります。

素直さが大事

内気な人は、どんなことに対しても考えてしまう癖があります。

また、いろいろと考えるうちに、実際よりも重い事のように捉えてしまう傾向があります。

ただ、あれこれ考えたところで何も解決には繋がりませんし、大抵の場合は思い過ごしだった事も多いです。

それに加え、多くの人は他人の事をそこまで気にしていませんし、深くも考えてはいません。

自分が何かミスをして悩んでいたとしても、他の人にとっては「なんでそんなことで深く悩んでいるのだろう」と思っているのかもしれません。

どんな人でも失敗を恐れる気持ちはありますが、物事を悪いように捉えてしまうのは癖です。

ですので、内気な性格を改善するのであれば、物事を前向きに捉え素直になってみる事を習慣にしてみましょう。

積極的に行動してみる

内気な性格の人は積極的に行動することが苦手です。

行動に移した後の事ばかりに目が行きがちになり、失敗を恐れてしまうのです。

もちろん結果にこだわる事は大事ですが、何事も行動に移してみないと結果は見えてきません。

結果にこだわるのであれば、行動に移してからゆっくり考える事もできますので、行動に移すまでに考える時間が勿体ないことを自覚し、素直に行動に移してみる事が大切です。

ただ、積極的に行動するには、物事を前向きに捉える考え方が必要ですので、ついネガティブな事を考えてしまうのであれば、まず前向きになるところから改善する必要があるでしょう。

最初の一歩は勢いでスタートしてみる

先ほど、積極的に行動してみる事をおすすめしましたが、むやみやたらに積極的になるのは内気な人であれば難しい話でしょう。

内気な人はどうしてもコミュニケーションの経験値が足りていませんので、社交的な人と同じようにいきなり積極的になる事はとても困難です。

もし、たまたま上手く社交的になれたとしても、それが続かなければ内気な性格が改善したとは言えません。

ですので、とりあえず社交的になるように経験をある程度積み重ねる努力が必要となります。

そのために、先ずは親しい人間関係を一人見つける事をおすすめします。

内気である人は、集団の中で社交的になる事は苦手かもしれませんが、一対一の関係であれば辛くないという方はけっこういます。

なので、まずは自分の事を理解してくれる相手を見つけ、それから和を広げてみると、人間関係を築くのにストレスなく、良い関係が築けるようになるでしょう。

どんな事でも「小さな積み重ね」が大切ですので、最初の一歩への抵抗感をなくすためにも、小さな積み重ねを心がけるようにしてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

内気な性格も個性の1つに過ぎません。改善する事はできない事もないのですが、そのためにはまず自分の性格ときちんと向き合う事が必要です。

自分の性格をきちんと理解できるようになれば、今回紹介した改善方法を生活の中に取り入れれば、内気な性格も徐々に改善できるようになってきます。

内気な性格だからとあまり萎縮せず、視野を広げて一歩ずつ行動を広げてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す