内気な性格が改善できるようになる7つの方法

本当は言いたいことがあるのになかなか言えず、萎縮してはいませんか?

内気な性格だと自分から話しかけるのにも勇気がいるため、人間関係が疲れてしまいますよね。

おそらく内気な人は積極的に自分の意見を言える人を羨ましく思っているかもしれません。

「もう少し積極的に物事を言えたら自信が持てるのに、、」

そう考えている方はたくさんいるかと思います。

では、どうすれば内気な性格を改善しできるのか。今回は、内気な性格を改善するのに効果的な方法を紹介していきます。

スポンサーリンク



内気な性格を改善する効果的な7つの方法

内気な性格を改善していく上で先ずご理解していただきたい事があります。

それは「内気な性格はあなたの個性」という事です。

内気な性格な人は積極的になりたいと思うあまり、どうしても性格そのものを治したいと考えるかと思います。

ですが、個性であればそう簡単に変える事ができません。

内気なのも個性であり、みんなが積極的な人というわけではないのです。

あなたの周りの人間がたとえ積極的な人に見えても、実は内気だったなんて事はよくある話です。

会社では仕事を率先して誰からも頼りにされるような人であっても、実は無理をして気配りしている人もいるかもしれません。

ただ、たとえ内気な性格であったとしても自分の個性をきちんと受け入れ、それを活かせる事ができれば、内気である自分に悩まなくてもいいのです。

無理に社交的になろうとするから苦しいのです。0から社交的になるより内気である個性を活かした方が成長できるのです。

なので、ここでは内気な性格を受け入れていく事を前提に改善策を紹介していきます。

内気である事をきちんと理解する

内気な性格を改善していく上でまず考えてほしいのが「内気な性格を理解する」ことです。

内気な性格を理解することで自分が本当はどういった性格なのかを客観的に理解する事ができます。

というのも、そもそも内気な性格ではなく、単に「自分は内気な性格だから、、」とだと思い込んでいる場合もあるのです。

性格は生活環境や周りの人間関係によって形成されてくるものなので、本当は内向的な性格ではないのに今までの環境がそうさせてきた場合が考えられます。

特に日本では空気を読む事」や「周りに合わせる事」を教育としていますので、社交的でどんな事にも興味関心が持てるような人が少ないのかもしれません。

元々の性格の問題だけでなく、環境的な要因でそうせざるおえなかった事もあるのです。

また、内気な性格を理解するのであればいつ、どこで内気な性格が現れているのかチェックしてみるのも効果的です。

職場の人間関係なのか、友人関係なのか、家族の間なのか。そうやって日頃の会話や行動をチェックしていくと、自分がどんな場面で内気になるのかが明確になってくるのです。

内気な性格を改善するには、まず理解する。そして、どうしてそうなったのか、どこで辛くなるのかを理解する事が改善の一歩でもあるのです。

自分の長所を見つける

内気な人ほど自分の長所を見つけるのが苦手です。

そして内気であるが故にどうしても短所に目が行きがちになります。

ただ自分の悪いところばかり気にしていると本当に自信が持てなくなるのです。思い込みの力はとても強力なのです。

自分は内気だから話が苦手だと思っていると何か言いたいことがあっても言えなくなってしまうのです。

そこで、勘違いしないでいただきたいのが内気な性格というのは決してネガティブなものではないという事です。

ネガティブに考えるから「自分は内気な性格だから」と萎縮してしまうんですよね。

ですが、内気である事は本当に悪い事なのでしょうか?

たとえ、内気な性格であったとしても他人から見れば「相手を尊重する人」「優しい人」という印象を持たれるかもしれません。

内気な性格だからこそ相手の話をよく聞くが上手なので、相手を気持ちを理解する性格とも言えるのです。

逆に社交的な人は大人数で楽しそうに見えて案外、浅い人間関係の付き合いだったなんて事も十分にありえる話です。

なので、内気な性格を改善するのであればまず内気である事が必ずしも悪いことではない事を理解しましょう。

それから少し気楽にポジティブに考える癖を身に着けると前向きになれます。

スポンサーリンク




上手く話そうとしない

「何か話題を振らなければ」と心の中で思ってはいるものの、なかなか発言できずに萎縮してしまう事はありませんか?

内向的な性格の人は、自分から話題を振る事が苦手かもしれません。

おそらく、その心理として考えられるのが「相手にどう思われるのか」が気になっているのです。つまり常に相手の反応や顔色を伺って緊張している状態なので、余計に言葉が出てこなくなってしまうのです。

相手の顔色を伺いすぎると、不安が生まれます。

不安が頭によぎる事で自分から積極的にアプローチをすることを避けてしまうのです。

その結果、嫌われたくない、人から良く見られたい思いが強まり、上手に話そうと無理してしまうのです。

ただ、それだと雑談をするにしても気疲れしてしまいますので、上手く話そうとあまり気を使わないような考え方をしてみるといいでしょう。

たとえ失礼な事を言って相手を怒らせたとしても、それも経験です。人間関係にはトラブルが付き物なのです。

そういった経験を積み重ねていくうちに段々と人になれていくので、はじめから社交的になろうと無理をしなくても大丈夫です。

相手の話をよく聞いて、それに対する答えを伝えるのも立派なコミュニケーションなのです。

話上手より聞き上手になる

先ほど、内気な人は上手に話そうとしてしまう事を紹介していきましたが、そういった方におすすめする改善法が「聞き上手になること」です。

内気な人ほど積極的にアプローチをするのが苦手ですから、苦手な事を克服するよりその性格を活かす考えをしてみましょう。

話す事が苦手であれば、相手の話を聞くことに集中してみる事をおすすめします。

ただ、会話はキャッチボールに例えられる通りお互いに発言することでコミュニケーションは成立するので、黙々と聞くだけでは会話になりません。

なので、ただずっと相手の話を聞くのではなく、相手の会話の内容をよく聞いて、それに対して返答、質問をしてみるとスムーズに会話ができるようになります。

それも難しいようであれば合図地をするといいでしょう。合図地は相手に「ちゃんと聞いているよ」と知らせるサインなので、慣れるまでは話を聞くときに合図地を入れるだけでも良いかと思います。

素直さが大事

内気な人は、どんなことに対しても考えてしまう癖があります。

また、いろいろと考えるうちに、実際よりも重い事のように捉えてしまう傾向があります。

ただ、あれこれ考えたところで何も解決には繋がりませんし、大抵の場合は思い過ごしだった事も多いです。

それに加え、多くの人は他人の事をそこまで気にしていませんし、深くも考えてはいません。

自分が何かミスをして悩んでいたとしても、他の人にとっては「なんでそんなことで深く悩んでいるのだろう」と思っているのかもしれません。

どんな人でも失敗を恐れる気持ちはありますが、物事を悪いように捉えてしまうのは癖です。

ですので、内気な性格を改善するのであれば、物事を前向きに捉え素直になってみる事を習慣にしてみましょう。

積極的に行動してみる

内気な性格の人は積極的に行動することが苦手です。

行動に移した後の事ばかりに目が行きがちになり、失敗を恐れてしまうのです。

もちろん結果にこだわる事は大事ですが、何事も行動に移してみないと結果は見えてきません。

結果にこだわるのであれば、行動に移してからゆっくり考える事もできますので、行動に移すまでに考える時間が勿体ないことを自覚し、素直に行動に移してみる事が大切です。

ただ、積極的に行動するには、物事を前向きに捉える考え方が必要ですので、ついネガティブな事を考えてしまうのであれば、まず前向きになるところから改善する必要があるでしょう。

最初の一歩は勢いでスタートしてみる

先ほど、積極的に行動してみる事をおすすめしましたが、むやみやたらに積極的になるのは内気な人であれば難しい話でしょう。

内気な人はどうしてもコミュニケーションの経験値が足りていませんので、社交的な人と同じようにいきなり積極的になる事はとても困難です。

もし、たまたま上手く社交的になれたとしても、それが続かなければ内気な性格が改善したとは言えません。

ですので、とりあえず社交的になるように経験をある程度積み重ねる努力が必要となります。

そのために、先ずは親しい人間関係を一人見つける事をおすすめします。

内気である人は、集団の中で社交的になる事は苦手かもしれませんが、一対一の関係であれば辛くないという方はけっこういます。

なので、まずは自分の事を理解してくれる相手を見つけ、それから和を広げてみると、人間関係を築くのにストレスなく、良い関係が築けるようになるでしょう。

どんな事でも「小さな積み重ね」が大切ですので、最初の一歩への抵抗感をなくすためにも、小さな積み重ねを心がけるようにしてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

内気な性格も個性の1つに過ぎません。改善する事はできない事もないのですが、そのためにはまず自分の性格ときちんと向き合う事が必要です。

自分の性格をきちんと理解できるようになれば、今回紹介した改善方法を生活の中に取り入れれば、内気な性格も徐々に改善できるようになってきます。

内気な性格だからとあまり萎縮せず、視野を広げて一歩ずつ行動を広げてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す