友達がいない社会人に共通する5つの特徴や性格とは?

あるときふと孤独感を感じたり、自分には友達がいないと寂しい気持ちになったりしませんか? 最近では友達がいないことやできないことで悩んでしまう方が多いようです。

学生時代は友人が多かったけれど仕事の関係で忙しくなり、友人関係が徐々に減ってしまう社会人の方も多いようです。

友達づくりが苦手な人や友達が減ってしまった人等、多くの方が友達がいないことや少ないことに悩んだり、そのことがコンプレックスになっているかもしれません。 そこで今回は友達がいない社会人に共通する特徴、性格をまとめてみました。

もし友達がいない、少ないと感じたらこの記事で紹介する特徴や性格を自分に当てはめてみてください。

友達がいない社会人に共通する5つの特徴、性格

社交的でない、内気な性格

不安

社会人になると学生の頃とは違い、友人関係を築くことが難しくなります。 それはコミュ二ティが事前にあるかないかの違いです。

学生時代ではクラスや部活、サークルなどのコミュニティが数多くあります。高校くらいまではクラスが用意されているため社交的でない人でも少なからず友人はできるかと思います。

しかし、高校から大学に上がると途端に友人関係を築くことが困難になります。それは高校の時と違い、クラスというものがなくなるからです。

たとえクラスがあったとしても大学では基本的に自分の席が用意されていません。 毎回の授業ごとに座る席も変わるため、自分から話しかけない限り友人を作ることが困難になります。あとは友達作りの場所としてサークルがあります。サークルに所属することは強制でないため自分から行動しない限り友人はできません。

少し話がそれてしまいましたが、実は社交的でない方にとって大学時代と社会人時代はあまり変わりがないように感じるかと思います。

それは社交的な人ほどコミュニティを自分で見つけて参加します。社会人であったら友達づくりの場として社会人サークルに参加したり、趣味の友達を作ったりするでしょう。

私が思うに社交的でない方は失敗やリスクを恐れてしまう傾向にあります。

初対面の人と話をしようとしても「相手に嫌われたらどうしよう」と考えたり、サークルに参加したいと思っても「孤立したらどうしよう」と考え、最初の一歩がなかなか踏み出せなかったりすることはよくあるかと思います。

でも、友達作りも慣れでしかないので自分なりにコミュニケーションを工夫することで友人関係を築くことができます。大変なのは最初の一歩だけと思い少し勇気をもってコミュニティに参加してみてはいかがでしょうか?

忙しい毎日を過ごして疎遠になる

学生の頃と違い社会人になると多忙な日々を過ごすことになるでしょう。多忙なあまりプライベートもかまっている暇がなくなってしまいがちです。

そのため、学生の頃の友達と疎遠になることはよくある事です。それと、スケジュール管理も必要になるため自分と相手の仕事のスケジュール把握して会う日程をしっかり合わせないといけません。

なによりも社会人はバイトと違い、勤務日数、時間が長いため一日の大半を会社で過ごしています。そんな生活を週5日と過ごしていると忙しさのあまり帰宅するころにはくたくたになってしまうでしょう。

そして休日になると友達と会うのもめんどくさくなり家でゴロゴロしたくなると思います。そうなるといつの間にか友達とも疎遠になり、友達がいないということになりかねません。

対処法としては、適度に連絡を取り合うのがいいでしょう。仕事の愚痴、プライベートの様子を話したり、電話で相手の声を聞くだけでストレスも発散されるでしょう。適度な連絡は友達と疎遠にならないためには大事なことです。

一人の時間を過ごしがちになる

一人

社会人はとても忙しいものです。友達と会いたい、社会人サークルに入りたいと思ったとしても多忙な日々に労力を使い、友達作りや会うことに気力がなくなってしまいます。

そんな多忙な日々が続いてしまうといつの間にか一人で過ごしがちになっているかもしれません。

しかし、本人にとっては一人でいても寂しさや孤独感を感じなくなってしまうかと思います。

むしろ一人でいることに満足してしまい、一人でできる趣味に没頭するかもしれません。そうなると友達と会うより趣味に時間を費やしたほうが楽しいと感じるようになるかもしれません。

私個人の意見としては自分の趣味に没頭することや一人の時間を過ごすことは悪いことではないかと思います。

しかし、一人の時間を過ごしすぎてしまうことだけは避けたほうがいいと思います。ある程度友達と遊ぶ時間を設けたほうが友人関係を気薄にさせることもなくなるでしょう。

たとえば、2週間に一度友達と遊ぶ、しばらく連絡していなかった友人に電話してみるなど期間を決めて友達と会ってみたらいいかと思います。 新しい友達を作りたいと思ったら定期的に社会人サークルに参加するのもいいかもしれません。

自分の中で期間を決めて友達と会うなり作るなりをすると交友関係が気薄になる心配もなくなるでしょう。

人間関係がめんどくさくなってしまう

視線

社会人は一日の大半を会社で過ごしています。人間関係も会社の人と過ごす日々のほうが友達と会うよりも多くなります。

職場の人とはそこまで仲が良くなくても仕事をするところなので同じ場所にいなくてはいけません。 その空間にいるだけで人によってはストレスになっているかもしれません。

そんなストレスがたまっている中、職場の人間関係で気力を使い切ってしまい、友達と会うことがめんどくさくなってしまうかと思います。 そうなると休日は一人でいるほうが充実感があると思い、一人の時間を過ごしてしまうでしょう。

人間関係にめんどくさくなってしまうことはよくあることかもしれません。 もしめんどくさく感じたら無理をして人と会う必要もありません。たまには一人の時間を過ごすのもストレス解消になります。人間関係も自己調節が必要なのかもしれません。

スポンサードリンク



仕事のことで友人と比較してしまい、関係を断ち切ってしまう

辞める

社会人はお金を稼ぐために働きます。そのためには会社に所属し利益貢献のために毎日働いています。 会社には規模の違いがあり、大企業から中小企業とありますがどうしても名前の知れた企業だったり年収がいい仕事というのは輝いて見えます。

年収がよかったとしても多忙の日々を過ごしているかもしれないしその仕事に就けるまで多くの苦労をしてきたのかもしれません。

しかし、社会人になった学生の頃の友人と話をしている時に仕事の話をしているとついつい年収のことを聞いたり有名な企業に入って羨ましいと思ってしまう場面はあるでしょう。

友達とは対等な関係にいたいのにお金や仕事の話になると劣等感を感じてしまう。これは社会人に限らず正社員になれないことを友達と比較してしまい劣等感を感じる、仕事に就いていなく友達と顔を合わせずらいといったこともあるかもしれません。

おそらく、他人と自分の状況を比較してしまい勝手に落ち込んでいるのです。なら話は簡単で比較をしなければいいだけのことです。 そうはいっても年収が低かったり、仕事に就いていないことが恥ずかしいと思うかもしれません。

では、こういう風に思うようにしてみてはどうでしょうか? たとえば、社会人の友人と無職の自分を想像してみましょう。このとき相手を羨ましいと思うのではなく仕事に就いているメリットとデメリットを考えるのです。

それは、無職の自分も同じで無職のメリットとデメリットを考えてみるのです。 社会人であったら

  • メリット・・・お金が稼げる、安定している
  • デメリット・・・自由な時間が取れない、プライベートがない

無職であったら

  • メリット・・・自由な時間が取れる
  • デメリット・・・お金がないから好きな買い物ができない

これらを比較してみると社会人はお金で無職は時間を確保できるメリットがあります。そのどちらかを取るかは個人の自由です。 自分の境遇や生き方を比較することにはなんの意味もありません。

たとえ年収がよくても数年後はどうなっているのかわかりません。 今だけ良いのかもしれないし数年後もいいかもしれません。

人は生きていく環境は異なります。それを一つ一つ比べてもなんの意味もないのです。このことに気が付くと比較することはなくなるでしょう。

まとめ

今回、友達がいないことについて書いていきましたが現代社会では人間関係が気薄になっています。

それはコミュニティの減少だったり仕事中心の生活になったりとさまざまな要因はありますが、人間関係が気薄になる事はあまりよくないことだと思っています。

本来人は話がしたい生き物です。友達という存在は自分の人生に充実感を与えてくれます。友達の多さは関係なしに今いる友達を大切にしてすることこそが人生をよりよく過ごせるでしょう。

ちなみに私は大勢ではしゃぐことが苦手です。友達と会うときは少人数で会うことが多いです。 私は元々集団行動が苦手ではありますがそれも自分の個性の一つだと認識しています。

そのため、友達の多さはあまり気にしていなくて目の前にいる友達一人一人の関係を大切にしたいと心掛けています。みなさんも友達を作る努力や大切にすることを心掛けてみてはいかがでしょうか?

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す