対人恐怖症を克服する効果的な3つの方法と治し方 

私たちが生きていく上でも人との関わりは大切なものです。

ですが、対人恐怖症が原因で人間関係に恐怖心を抱いてしまうとなると私生活に支障をきたす恐れがあります。

特に、社会に出てから人間関係のストレスが原因で対人恐怖症になってしまうケースは多々あるため、子ども、大人にかかわらず誰しもがなる可能性のある症状として対人恐怖症への理解をしっかりとするべきことでしょう。

そこで今回は、対人恐怖症とはどういうものなのかを理解していただくために、克服する方法を具体的に紹介していきます。

スポンサーリンク



対人恐怖症とは?

TAKEBE160224560I9A0437_TP_V

「対人」、つまり人と接することを言いますが、対人恐怖症の場合は広い意味で捉えられています。

実際に対面で関わるだけではなく、間接的な関わりも含まれており、ほんの些細な関わりで恐怖を覚える事も対人恐怖症の可能性があります。。

例えば、電話が鳴る、玄関のチャイムが鳴るだけでも怖いという方もいます。これは向こう側に人がいるという思考があり、電話にも出ることが億劫になってしまうのです。

なので、対人恐怖症になってしまうと、仕事はもちろん、私生活にも支障をきたしかねないので、一層の理解が必要になります。

また、「対人恐怖症は精神的に弱い人がなる症状」と誤った認識をしてしまうと、自身を責めてしまうことに繋がってしまうこともあるため、そういった意味でも対人恐怖症に関してしっかりと正しい知識を備え、改善へ向かう事をおすすめします。

対人恐怖症になる原因とその理由

対人恐怖症になる原因の理由としては、人と接することに苦痛や恐怖を感じて、それに対して自分でネットなどで症状を調べるからです。本人は苦痛や恐怖を実際に感じてますから、冷静な状態ではないはずです。

そうでない人からしてみれば、対人恐怖症の症状として書かれているものは、人間なら誰しも抱えているものばかりです。

一度も筋肉痛になったことがない人と、しょっちゅう筋肉痛になっている人とでは、全く感じ方が違います。実際、あまりに痛くて怠過ぎて病院に行ったという人がいるくらいですから。感じ方の違いは経験の違いから出るものですからね。

対人恐怖症になる原因というのは、人と接する機会があまり無かったからとか、限られた範囲で慣れ親しんだ人だけの関わりが多かったために経験が不足し、今までと違う状況に対応しきれていないだけなのです。

スポンサーリンク




対人恐怖症の克服と治し方

対人恐怖症になる原因、理由が分かったところで、どう克服すればいいのか見ていきましょう。

対人恐怖症を克服するには、まず自分がどういった場面でその症状が現れるのかをきちんと理解し、少しずつ改善することが大事です。人と接することに過剰に恐怖心を抱いてしまうのであれば、具体的に職場なのか、人が多いところが苦手なのか、症状が現れるときの場面を想像してみると良いかと思います。

では、具体的な克服の仕方や改善策を見ていきましょう。

相手をお客様だと思う

有能な営業マンは相手に嫌な思いを絶対にさせません。「この人といると居心地がいいな」と思うのは相手が気づかいが出来ているからで、単に気が合うわけではありません。

例えば、子育てで悩んでいる親、特に母親ですが、子どもに対して思い通りにしたいという気持ちがどこかにあるので、上手く付き合えないのです。来客があると、自分の親ってなんでこんなに笑って声も変わるの?と思ったことありませんか?

それって、気づかいから出ている態度なんですよ。自分が苦痛を味わいたくないなら、まず居心地が良くなるようにすることです。相手をお客様だと思って接していると、自分自身も心地が良くなるんです。

有名デパートで買い物をする

これは、すぐにでも実行してもらいたいです。日本のサービスというのは世界で一番だと心から感じています。

そんな中でも、有名デパートはまだ何とか保ってくれていますね。やはり気配り、目配りが行き届いていますし、対応の仕方も丁寧です。そういう場所に行って、自分を心地よくさせてあげるんです。

人と接することに対して少しずつ捉え方や考え方が変わるはずです。いつの間にか強張っていた表情が和らいでいる自分に気づくはずです。人といるのが苦痛ではないという感覚を自分にインプットしてあげてください。続けていけば必ず変わります。

日記をつける

自分に何らかの不満や悩みを抱えている人でどうしていいか分からないと思っている人は、ほぼ日記をつける習慣がないですし、つけていても毎日きちんとつけられない人ですね。

良い習慣というものは悪い習慣を身につけるよりも意識を向けて行動しないといけないのですが、そこに気がついている人は、なにかしら成功している人ですね。気がついていない人ほど生きづらさを感じています。

長々と書く必要はありません。自分が思ったことや、やったことを記録し続けることが大事なのです。ここで、すぐにやるか、それともやらないかで別れるんですよ。教育現場でよく言われますよね。「素直な人ほど向上する」って、まさにそれですよ。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

ただ、うつ病などの精神疾患が周知されている今では原因が明確ではないものは、病名を付けて治療にあたりますが、私自身、こういう考え方に対してはかなり疑問を抱いています。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す