対人恐怖症を克服する効果的な3つの方法と治し方 

対人恐怖症は人と接することに対して極端にストレスを感じることです。

うつ病などの精神疾患が周知されている今では、原因や症状があいまいなものに対しては、何でもかんでも心療内科や精神科を勧めます。

私は、こういう考え方に対してはかなり疑問を抱いています。実際、そういった他人に分かりづらい症状の場合、誰もが不安を抱くものです。その不安を拭い去るために何が有効な手段かというと、実は病名をつけることなんですね。

神経症という扱われ方をしている対人恐怖症。

ここでは、対人恐怖症とはどういうものなのかを理解してもらって、それを克服する方法をご説明します。

スポンサードリンク



対人恐怖症の意味

TAKEBE160224560I9A0437_TP_V

「対人」、つまり人と接することを言いますが、対人恐怖症の場合は広い意味で捉えられています。実際に対面で関わるだけではなく、間接的な関わりも含まれていて、ほんの些細な関わりすら恐怖を覚える人も対人恐怖症と言われてしまいます。

例えば、電話が鳴る、玄関のチャイムが鳴るだけでも怖いという人もいます。これは向こう側に人がいるという思考があるからなんですね。こういう接し方に対してストレスや恐怖を感じることも全て対人恐怖症の類で診断されるのです。

人間は危機感や恐怖心は備えられています。それは自分が生きていくために必要なことだからです。自分を守るという本能があるから生きていられるのです。それを苦痛なことのように全て病気で片付けようとするのが現代人の考えなのです。

要するに、対人恐怖症というのは自分の苦痛に対して納得するための名前なだけなのです。そして、医師が診断し治療や処方をするために、どうしても病名が必要だから対人恐怖症という名前が存在するようになったわけです。

命に関わることも考えられるのは病気として認識させられ、薬物療法や催眠療法などを施されるからではないでしょうか。

対人恐怖症になる原因とその理由

対人恐怖症になる原因の理由としては、人と接することに苦痛や恐怖を感じて、それに対して自分でネットなどで症状を調べるからです。本人は苦痛や恐怖を実際に感じてますから、冷静な状態ではないはずです。

そうでない人からしてみれば、対人恐怖症の症状として書かれているものは、人間なら誰しも抱えているものばかりです。

一度も筋肉痛になったことがない人と、しょっちゅう筋肉痛になっている人とでは、全く感じ方が違います。実際、あまりに痛くて怠過ぎて病院に行ったという人がいるくらいですから。感じ方の違いは経験の違いから出るものですからね。

対人恐怖症になる原因というのは、人と接する機会があまり無かったからとか、限られた範囲で慣れ親しんだ人だけの関わりが多かったために経験が不足し、今までと違う状況に対応しきれていないだけなのです。

Sponsored Limk

PAGE 1 PAGE 2

コード スニペットをコピー

コメントを残す