音楽を聴いて集中力をアップ!?勉強の時に役立つ集中力を高める5つの方法とは?

仕事でも勉強でも集中力が続かずにあきらめてしまうことはありませんか?

「最後まで終わらせたいのに集中力がなくて中途半端に終わってしまう」といった悩みもあると思います。

ではなぜ集中力が続かなくなるのでしょうか?それには何らかの集中力をなくしてしまう原因があるのかもしれません。

今回は集中力の高め方を書いていきたいと思います。

スポンサードリンク



勉強に役に立つ集中力を上げる5つの方法

まずは環境づくりが大事

快適な環境

みなさんは自分の作業部屋にはどういうものを置いていますか?試しに勉強机をご覧になってください。

もし作業を始めるときに関係ないものが身の回りにあるのならまずそういうものは片づけてしまいましょう。

勉強や作業に関係ないものが置いてあるとついつい手が出しまうものです。たとえば、いざ勉強を始めようと思ったときに近くに漫画、スマートフォンが置いてあったら勉強に集中できるでしょうか?

私の場合おそらく漫画を読み始めていると思います。ちょっと休憩がてら漫画を読んだつもりが何時間も経ってしまい勉強がおろそかになってしまったことが多々ありました。

いざ勉強を始めようとしても「まずは漫画を読んでから始めよう」と考え、勉強途中でも「休憩がてら漫画でも読もう」と考えてしまいます。学生時代は漫画を読むことや買うことが趣味だったので部屋の中が漫画でいっぱいになっていました。

あまりにもたくさんあったものなので置く場所もなく、仕方がなく勉強机に漫画を置いていました。しかし、これが誤りだったのです。

近くにあると勉強にも集中できなくなり、時間が経つといつの間にか漫画に手を出していました。そうした過ちを繰り返した結果段々成績が落ちてしまったのです。

このような経験をしたおかげで今では部屋はシンプルかつ自分が集中できる環境を作るようになりました。

そして、なにか作業するときには邪魔になるものは置かないようにしました。漫画もすべて売り、自分が集中できる環境づくりをしました。

勉強を始める前にまずは環境づくりから入るのが重要です。周りがうるさかったり、自分が好きなものが近くにあっては勉強に手が付きませんよね。そうならないために環境づくりは大切なのです。

また、自分の部屋以外に自分に合った環境を探すのも良いと思います。人によっては図書館、カフェ、自宅のリビング等のほうが集中できるという方もいます。

私の場合、資格の勉強をしていたころは図書館によく行っていました。図書館は静かな環境ですので勉強するのにはもってこいです。そして周りの人も勉強している人が多いため、自然と自分のやる気も出てきます。

みなさんもぜひ自分に合った環境を作る、探すことから始めてみてください。

スポンサードリンク



時間内に確実に終わらせる

時間

私が高校生の時に先生が「人が集中できる時間は約30分」と言ってました。このことは確かなことかはわかりませんが人が集中できる時間には限りがあります。どんなに集中できる方法を探しても長時間持続させることは困難です。

集中できる時間に限りがあるなら作業する時間を自分で設定してみましょう。ストップウォッチを用意して、設定した時間内に終わらせることを考えるようにしましょう。

ここで見栄を張って長い時間を設定してはいけません。長い時間に設定してしまうと終わりが見えなくてあきらめてしまうからです。

時間は短くても大丈夫なので自分が集中できそうな時間に合わせましょう。ここで短い時間でもいいといったのは達成感を持ってほしいからです。

達成感があると次も同じようにしようと考え、自分の中で好循環がうまれます。うまく流れに乗ると作業することも苦ではなくなります。

自分のペースを守りそれを習慣化させることが大事です。

最初は長い時間続けたいとは思いますが小さい一歩を確実にすることを心掛けましょう。

集中力を高める音楽を聴く

集中力を高めるのには音楽を聴くと良いらしいです。特にクラシックな曲は心を和ませてくれますので、勉強中にイライラしたり気を散らすことがなくなるかと思います。

人が集中している時はα波という脳波が出ています。これは集中力があるときや気分がリラックスしている時に出るものです。この脳波を引き出してくれる音楽こそクラシックや自然音なのです。

私は勉強する際はクラシックを聴きますので私としてはおすすめです。

ここで一つクラシックや自然音の音楽を紹介しますが皆さんも勉強する際は似たような音楽を聴いてみると良いでしょう。

【勉強用BGM・音楽】 『α波』が集中力を高める!ピアノの音色&さざ波

睡眠をしっかりとる

眠る

どうしても集中力が続かない人は寝不足気味なのかもしれません。十分な睡眠がとれていないと勉強途中に睡魔に襲われたり、頭がぼーっとして勉強に支障が出てきてしまいます。

睡眠不足は勉強の効率が悪くなるため、十分注意が必要です。最低でも6時間程度眠るようにしましょう。

それか勉強初めに30分程度眠ってみる、仮眠をとってみるのもいいかもしれません。仮眠をすることにより眠気が覚めますのでより集中できるようになるでしょう。

睡眠も万全にしていき集中できるように体調管理も欠かさずに行いましょう。

携帯電話の電源を切る

携帯

どうしても勉強している最中に携帯が鳴りだしてしまうことはあるかと思います。携帯にメールや連絡が来たら返信しようと携帯の画面を見てしまいます。そうしてしまうと返信した後も関係なしに携帯をいじってしまうでしょう。

最近ではスマートフォンを持っている人が増えているため気軽に画面を見る人が増えています。気軽に活用できて便利なスマートフォンですが勉強となると勉強を妨げてしまうものになります。

スマートフォンはアプリが豊富なため機能的には便利なのですが、スマートフォンに熱中する人はとても多いのです。電車に乗って周りを見渡すとほとんどの人がスマートフォンの画面を見ています。それくらい集中力を妨げてしまうものなのです。

なので、勉強する際は携帯電話の電源を切る事をおすすめします。勉強の妨げになる要素はなくすようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回、集中力の高め方を紹介しましたがここで紹介したことはほんの一部にすぎません。それは人それぞれ集中力を高める方法があるからです。

ここで書いた方法は私自身が気をつけていることでもありますので、共感できない点も多々あるかと思います。

勉強に関しては集中力との戦いでもあるので、自分なりに高め方を考案するのもいいかもしれません。

この記事を読んでいただき、集中力が高まったという声があったら幸いです。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す