人間の集中力には限界がある?目安の時間はどのくらい?

「ずっと集中力が続くことが出来たら、仕事や勉強も効率よく進んでいけるのに」と誰しもが思う事でしょう。

ただ、集中力がなかなか続かないと悩んでしまう方も多いことから集中力を保つ事はけっこう難しいですよね。

好きな事をしているときはあっという間に時間が過ぎるのに、嫌いな事になるとすぐ集中力が切れてしまう。

特に勉強、仕事となると集中力が切れて途中で挫折してしまうのは多くの方が経験していることではないでしょうか。

ですが、人間が一定時間の集中力を保つには「限界時間」があります。このことから集中力をつけるにはまず集中力には限界がある事実を知っておく必要がありそうですね。

そこで今回は、人の集中力が続くことができる限界時間に関して詳しく紹介していきます。

スポンサードリンク



興味のある事には集中力が続く理由

楽しい事をしているときや好きな事で遊んでいるときは、あっという間に時間が過ぎてしまいますよね。

例えば、スポーツやゲームをしている時はどうでしょう。

スポーツで体を動かして汗をかいているうちに、いつの間にか2時間が経っていたり、ゲームをして画面に集中していたらあっという間に1時間が経っていたりしたことはないでしょうか。

ただ、ゲームをして何時間も経ってしまったら、何だか時間を無駄にしてしまった感覚になったりしますよね。

ですが、時間を忘れるほどゲームに熱中していたという事は、それだけ集中力が持続できていたことになります。

これらの例えからわかる通り、人間は興味がある事には集中できるようになっており、逆に興味がない事には集中力が続かないようになっています。

どうしてこのような現象が起きるのかというと脳内にドーパミンが分泌されているからです。

ドーパミンはいわば「集中力を持続させる脳内物質」であり、主に行動している時に分泌されます。

逆にドーパミンが分泌されないときは、面白さや楽しさを実感できていない事が考えられます。

なので、勉強や仕事の内容そのものに興味がないとなかなかドーパミンが分泌されず、集中力がきれてしまうのです。

ただ、自身が興味のある勉強や仕事であればドーパミンが分泌しやすくなりますので、勉強や仕事で集中力を保つにはまず「興味のある事からやってみる」のがおすすめです。

ですので、興味があるものを見つけることができれば集中力が自ずとついてきますので、集中力がないからとあまり悩まず、先ずはどういった事に興味があるのかを考える事が得策でしょう。

スポンサードリンク




集中力が続く時間には個人差がある

実は集中力が長く保てる時間には個人差がある事をご存知でしょうか?

例えば、同じ事をしていて、ある人は集中力の限界時間が30分であるのに対し、中には2時間も集中できる人もいます。

では、どうして人それぞれ集中力の限界時間に差があるのでしょうか。

実のところ、集中力がある人は自分の限界時間をよく理解して、集中できる環境づくりから機会をたくさん設けて徐々に集中力を高めている事が考えられます。要するに、常日頃から集中力を鍛え上げているという事ですね。

集中力はいわば、体を鍛える事と同じです。

1日かけてずっと筋トレをするのと毎日短時間でもいいから継続して筋トレするのとでは徐々に効果の差が生まれてきます。

1日かけて筋トレをしていても、継続できなければなかなか効果は出ません。やはり「継続は力なり」なんですよね。

集中力も同じで常日頃から集中力を鍛えていないと、いざ長時間勉強しようと思ってもなかなか難しい話です。

なので、集中力に個人差があるのは日頃、集中力を高める努力をしているかどうかが関係しているのです。

ですので、集中力をつけたい方は、短時間でもいいので体を鍛えるイメージを持って集中できる機会を増やすようにしましょう。

集中力が継続できる効果的な限界時間とは?

さて、ここまで集中力が続く理由から個人差がある事まで紹介していきましたが、実際に集中力が続く時間とはどのくらいなのかを見ていきましょう。

集中力と時間の関係は一般的には「90分が限界」と言われています。

大学の講義の時間は90分となっていますが、「90分なら人間が集中できる」という説から大学の講義もこの時間に決まったようです。

ですが、実際のところ90分間集中できる人というのはごくわずかです。逆に90分も集中できたらその人はかなり集中力の高い人でしょう。

また、人間の集中力は「30分が限界」といった話もあります。中学や高校での授業時間が45分くらいですので、大体30分から45分集中力が続く限界といった感じです。

ただ、集中力の限界時間には個人差がありますので、目安として設定するのであれば30分間の方が現実的でしょう。

これらの話から分かる通り、集中力の限界時間には決まった時間というのはありません。

ですが、30分を目安に時間を設定して、その間集中力が持続することができれば30分間は集中できたことになります。

また効果的に集中力を鍛えるには、90分といった長い時間を設定することはあまりおすすめできません。

先ほども紹介した通り、集中力は徐々についてくるものですから、先ずは自身が集中できる短い時間を設定することから始めてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

集中力の限界時間には個人差があるため、明確な時間というのは今なお学者の中で研究されている分野かもしれません。

ですが、持続的に集中力を保つには日頃から集中力を鍛える事が必要なのは確かなので、集中力がないと悩んでいる方も時間を設定して徐々に伸ばす努力をするようにしましょう。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す