将来に不安を抱えながら仕事をする人へのアドバイス

今の時代、将来に不安を抱えている人が多くいます。

その中でも特にお金や仕事の事で将来に不安を抱えている方は多いのではないでしょうか。

現代は「ストレス社会」と言えるほどストレスに満ち溢れているので、安定した社会ではない事は確かです。

その結果、将来を悲観したり不安になったりする気持ちになっているのかもしれません。

ですが、起こるか起こらないか分からない不安に押しつぶされてしまっては元も子もないので、今回は仕事の事で将来に不安を抱えている方が少しでも気持ちが和らぐようなアドバイスをいくつか紹介していきます。

スポンサーリンク



仕事をする意味を考えてみる

仕事の事で将来が不安になっている方は今一度、「仕事をする意味」を思い出してください。

仕事で忙しい毎日を過ごしていると、ふと「こんな仕事をしていて意味があるのか」と思うかもしれません。

そういった時こそ、「仕事をする本質」をじっくりと考えるようにしてみてください。

私たちが生きていく上で、「お金」はとても大事です。お金を手に入れるためには仕事する必要がありますよね。

ただ、もし今の時代にお金という概念が存在しなかったらどうでしょうか?

例えば、昔では「貝殻」「お米」がお金の代わりだった時代もあるわけです。他にも「物々交換」という方法でその時代を生きていた人もいます。

貝殻やお米がお金の代わりをしていたのであれば、浜辺にいって貝殻を拾う事や農作業が仕事であり、畑を耕してお米を作る事が仕事だったのです。

物々交換であれば、自分が持っているものを交換することですので、もしかしたら畑を耕してもらった代わりに農家の人からご飯をごちそうしてもらえた人もいたのかもしれませんね。

今ではそのような生き方をしている人は流石にいないかと思いますが、お金がない時代でも生きてこれたのもまた事実なのです。

そういった事を考えると、昔と現代とでは仕事に対する価値観が変わってきた事が見えてくるようになります。

人よりお金を大切にする社会に

では、お金が出てきたことにより、昔と何が変わってきたのかというと、現代人は「数字」を追うようになりました。

学生であれば「偏差値」であり、社会人でいえば「給与」、「年収」になりますね。

ただ、社会全体が好景気だった頃であれば、学歴、給与、年収等、そこまで気にしなくても安定した収入が見込めていたので、高卒でもそれなりの仕事に就けていた時代でもありました。

ですが、今ではどうでしょう。

ここ数年、社会全体が低迷を続けているため、たとえ学歴の高い大学を卒業しても、それ相応の収入が得られるのか分からなくなってしまいました。

大企業に入社できても会社同士の競争がより増した事で、社員の給与は安定しないどころか将来的に勤続年数によって本当に年収が上がってくるのかも確証が持てなくなっています。

また、現代は安定した収入が得られるのかも分からないのと同時に、個人のスキルがより重要視されるようになったため、助け合いの精神より個人の力で何とかしようと考える人も多くなっています。

そういった事を考えてくると将来に不安を抱く人が多くなるのも納得がいきますよね。

ひと昔前の生活と現代とでは、個人のスキルがより重要視され、とにかく稼ぐことのみの価値観になっているのかもしれませんね。

スポンサーリンク




仕事の事で将来が不安になっている方へのアドバイス

仕事で何が不安なのかを明確にする

不安とは、次々に連鎖してきます。

1つの不安が生まれると、それに関連して様々な悩みが生まれてくるのです。

仕事に対して何かしら不安を抱いている方は、どういった事に不安を抱いているのか明確にすることから始めてみましょう。

労働時間なのか、人間関係なのか、それとも待遇の事なのか、明確にすると、自分がこれからどうやってその問題を対処し、乗り越えていけばいいのか見えてくるようになります。

将来よりも「今」を大切にする

本当は自分のペースで働きたくても将来的な安定した収入の事を考えると正社員で働かなくてはならないという考えになるかと思います。

ですが、将来の事を気にしすぎると、現状を見失いがちになります。

例えば、近年、長時間労働やブラック企業などの話が出てきている通り、働きすぎが問題になっていますね。

確かに将来的に安定した収入を確保するのであれば、非正規より正社員の方がそのチャンスがあります。

ですが、たとえ安定した収入が確保できても、長時間働いて体を壊してしまえば、そのチャンスもなくなってしまうのです。

将来の事ばかり気にしすぎると、現状を見失いがちになってしまうので注意が必要なのです。

将来の事を思う前に「人生」の事を考える

現代は競争が激しい社会であるため、自身の人生についてじっくりと考える機会が失われています。

おそらくですが、皆さんも学生から社会人になったのであれば、自分の人生について漠然としたイメージのまま社会に出たのではないでしょうか?

ですが、人生とは本当に何が起きるのか分かりません。

大学を卒業し、正社員で働き、結婚して老後は豊かな生活を送るみたいな人生は単なる理想に過ぎません。

病気を患って仕事ができない人もたくさんいますし、働き過ぎて自分は何をやっているのか分からなくなる人もいるのです。

ですが、もし自身がその理想としたレールから外れてしまった場合、そのレールにまた乗ろうとするのか、それとも違う道を模索し歩んでいくのかを決めるのは自分自身なのです。

ですので、もし今将来に不安を抱いているのであれば、もう一度ゆっくり自分の人生について考えてみませんか?

今まで頑張ってきた事を振り返るのもいいですし、これからやりたいことを模索していくのも楽しいと思います。

そうやって模索しながら進んでいけば、いずれ自分なりの人生を歩んでいけるようになるのです。

なので、あまり深く考えずにこれからどういった人生を歩んでいきたいのかじっくり考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す