誰でも簡単にできる4つのストレス解消法とは?

現代はストレス社会といえるほど日々ストレスにかかわっている人は多いかと思います。

毎日、朝早く満員電車に乗る、仕事でのイライラ、友人関係のもつれ等、ストレスの原因となるものは人それぞれあるかと思います。しかし、ストレスを溜め込みすぎると頭痛や吐き気、下痢、めまい等の体から危険を知らせるサインが現れてしまいます。

ストレスを過度に感じてしまうことは私たちが健康に生きていくためには害があるものなので定期的に解消、発散していかなければなりません。

だからといって原因の基になる仕事や友人関係を断ち切ってしまうことはとてもリスクが伴います。そうならないためにストレスとうまく付き合っていき自然とストレスを解消できる方法を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク



ストレスからくるあまり気づきにくい4つの精神的、肉体的な症状とは?

過度のストレスが体に害になる事は確かなことですが、具体的にどんな症状が起きるのかはご存知でしょうか?

ストレスがたまりすぎてしまうと自律神経が乱れてしまい、うまく体調の自己調節できなくなってしまいます。

そして体に備わっている免疫力、治癒力の低下もあり、心も体も弱くなってしまいます。 自分では気づきにくい症状もあり、自覚をしていないということもよくあることです。

そのちょっとした変化に気づくのも自分自身で見抜くしか方法はありません。そのため体に悪い症状が起きる前に症状の確認をするといいでしょう。

これから紹介する症状は、あまり自分では気づきにくいものばかりです。「いつもある事だから大したことない」と甘く見てしまうと症状の悪化の恐れがあるのです。今一度チェックしていただき、ストレスからくる症状例を認識していただけたらいいかと思います。

頭痛、めまい

頭痛

過度の頭痛やめまいが起きているのはおそらく仕事などのストレスが原因だと考えられます。

仕事をしている時は何も感じることはありませんが、帰宅後や休日になると、頭痛やめまいの症状が現れることはよくあるものです。

それは仕事中は緊張状態にあり、帰宅後や休日は仕事から離れている開放感があります。

実はこのギャップが頭痛を引き起こす引き金になっているかもしれません。

というのもストレスがあるときというのは緊張状態にあるためか血管が収縮しています。それとは反対に休日となるとストレスとは無縁になるため血管が緩んでいきます。このギャップの差が頭痛、めまいを引き起こす引き金になっているのです。

腹痛を起こす

腹痛

ストレスで腹痛を起こすことはよくある症状です。それは胃腸などの臓器は精神的なストレスを受けやすく、ストレスを感じると腹痛となって表れるのです

「過敏性腸症候群」というお腹にくる症状があります。一見、腸に関する病気に思えるかもしれませんが、実は精神的にくる症状なのです。

これは、精神的にくるストレスから自律神経が乱れてしまい、腸の運動や分泌機能が過敏になり、便通の症状が現れてしまうのです。

なので満員電車などのストレスから通勤途中にもかかわらず各駅に降りてはトイレに駆け込んでしまうほど悪化してしまう恐れもあるのです。「お腹が痛い」と思うことはよくあることかもしれませんが下手をしたら入院する恐れもあります。

お腹の調子が悪い時はなにか自分に知らせてくれているサインだと思ってみると良いかもしれません。

大人ニキビが頻繁にでる

ニキビというと思春期に出るものだと勘違いしてしまい、大人になっても単なるニキビだと勘違いしてしまうかもしれません。

しかし、これはもしかしたらストレスニキビかもしれません。

ストレスニキビは、ホルモンバランスの崩れからくるもので、あごの周辺に出来やすいです。あごの周辺にできたニキビはなかなか治りが遅く、つぶしてしまうと跡が残ってしまい消えなくなってしまいます。

ニキビは、胃腸の不調を表しているものでもあるのでちょっと頻繁に出るように感じたらストレスからくるものなのか、胃腸の調子が悪いのかを考えると良いでしょう。

睡眠時に歯ぎしりをしてしまう

歯ぎしりは精神的、肉体的なストレスの表れでもあります。歯ぎしりをすることにより精神的苦痛や不安を和らげてくれる効果もありますが、歯にとってはダメージでしかないため歯ぎしりをすることは避けましょう。

歯ぎしりはストレスを感じたときついついやってしまいがちですが睡眠時には別の症状が現れる恐れがあります。そのひとつが「睡眠時無呼吸症」です。

睡眠時に歯ぎしりをした際に睡眠時無呼吸症が起こるかもしれません。この症状は死につながる症状でもあるため起きた際にあごが痛い、違和感を感じたら睡眠時の歯ぎしりを疑ったほうがいいかと思います。

ストレス発散、解消する4つの方法

気を張りすぎない

思いやり

どうしても仕事となると気を使ったりして緊張状態にあるかと思います。職場の上司と飲み会や会議でのプレゼン等職場では気を張りすぎてしまう場面が多々あります。

唯一、気が抜けるときは仕事から帰宅したときや休日で予定がない日かと思います。しかし、気を張りすぎてしまった結果帰宅してみるとくたくたになってしまい、そのまま布団に入りたいという経験はあるかと思います。

そうならないためにも仕事場である程度の緊張感はあってもいいのですが、気を張りすぎたりしてしまうことはかえってストレスになります。

無意識に気を張ってしまうので自分ではコントロールできないと考えてしまいがちですが、自分の仕事に対する考え方によって緊張状態もほつれることができます。それは「適当にしていても大丈夫」と思うようにするのです。

この考えは、不真面目で仕事だったらすぐ首になってしまうように感じるかもしれませんが案外適当にしていても何とかなるものです。

職場であったら少しのミスくらいなら見逃してくれます。会社の損失になるようなことはしてはいけませんが、ちょっとしたミスくらいならどんな人であれするものです。

たとえば、会議の時に緊張してしまいうまくしゃべれなかった場面を想像してください。ここでうまくしゃべれなかったからと言ってすぐに首になる事はありえないことです。

一度失敗してしまったら次は気を張らずに心掛ければいいことなのです。「適当にしても大丈夫」ということはだらけていいということではなく、気を張らずに失敗やミスをしても大丈夫という意味なのです。このことを理解していただくと失敗を恐れなくなり、気を張らなくてもよくなります。

自分が好きなことをする、考える

運動

ストレスは大抵、自分が苦手だったり嫌いだったりするものから感じるものです。仕事、人間関係などからのストレスが多いかと思いますが、自分が嫌いなことだからこそストレスが蓄積していきます。

好きなことをしていてストレスになるということは聞いたことがありませんよね?好きなことをしている時というのはストレスになる原因をいったん忘れることができます。

そしてそれがストレス解消になりまた頑張ろうという気持ちが芽生えていきます。ただ嫌いな物から遠ざかるのはあまりお勧めはしません。

たとえば、今やっている仕事が嫌いだから明日には辞めてやると考えて実行することは計画性がありません。

そうならないためにリスクヘッジとして次に就く職場を見つけたりする必要があります。ストレスになる原因を断ち切ることはいいのですが、それなりのリスクを踏まえた上で実行すると良いでしょう。

それか「今だけ我慢していればいいや」と少し頑張ってみるのもいいかもしれません。そのあとは好きなことができると考えればもうひと踏ん張りできるかと思います。ストレスをため込まずに自分の好きなことをして感情をコントロールをしてみましょう。

お風呂に入る

忙しい日や疲れているときはどうしても体が疲労しているため行動すること鈍くなります。

そのため早く寝たいと思い、シャワーで済ませてしまう方は多いでしょう。しかし、ストレスや疲れがあるときこそお風呂に入ってリラックスしましょう。

お風呂を沸かすのがめんどくさいかと思いますが、体の調子を整えることだと考えてなるべくお風呂に入るようにしましょう。

というのもストレスがあるときこそ自律神経が乱れてしまいがちです。自律神経が乱れると体が冷えてしまいます。そうならないためにも体の深部から温めてくれるお風呂は友好的なのです。お風呂に入るだけでも十分なストレス解消法なのです。

感情のコントロールをする

ストレスがあるときはどうしてもそのことだけに集中してしまいます。ストレスの原因を見つけてはイライラしてしまう、、、。これだとストレスがさらにストレスを生んでいる状態ですね。

こうならないためにはストレスの原因となる事を忘れたり、違うことを考えて気を反らすことができるでしょう。

これはなにも特別なことではなくみなさんも無意識にやっていることだと思います。どうしても日々生きていく中でストレスと無縁になることはありません。学校ならテストのことがストレスになっているかもしれないし、職場なら仕事の不安や過労がストレスの原因かもしれません。

でも、私たちが生きてきた中ではおそらく何らかのストレスにかかわってきたと思います。そうした中でストレスをためないように自分で対処法を考えてきたと思うんです。

その中でも感情のコントロールはみなさんも無意識にしていることだと私は思います。何か好きなことを考えたり、気を紛らすことは自己防衛の策なのかもしれません。

それは決してストレスの元から逃げているわけではなく、自分で考えてきた自己防衛策なのです。ストレスは自分の内なるものから出るものです。いわゆる感情の一種です。

感情なのでなかなか消えるものではありませんが、感情のコントロールをしてうまく付き合っていくことはできるでしょう。ストレス発散法の中でも感情のコントロールこそ一番大事なことであり自分をストレスから強くしてくれるでしょう。

スポンサードリンク



まとめ

現代はストレス社会でありストレスの元となる要因がさまざまあります。それは人それぞれ千差万別であり、ストレスに弱かったり強かったりする人も様々です。

私は、ストレスに強いほうでもなくむしろ弱いと思ってます。すぐにイライラしたりすることもありますがイライラして良いことなんか一つもありません。

むしろ自分を苦しめていくだけなのでストレスを感じたらこの記事で書いた発散法を試しています。

私は現代社会はストレスと無縁になることは不可能だと考えています。でも、ストレスとうまく付き合っていくことはできます。

むしろ自分を強くしてくれる試練だと思えばなんだか良いように感じませんか?

ストレスも自分のとらえ方によって変わっていくので自分の自己成長のためにあると思えば自分にとってプラスになります。

反対にストレスは害になると拒み続けていたらストレス体制がなくなり、弱弱しい人間になってしまうでしょう。そうならないためにもストレスをマイナスなイメージをせずにうまく付き合っていけると良いかと思います。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す