ストレスに効果的な6つの発散方法

皆さんは、日々どんな場面でストレスを感じてしまうでしょうか?

ストレスに満ち溢れている現代社会では、

学校、仕事、人間関係、家庭などなど、、、、

多くの場面でストレスに遭遇してしまうかと思います。

「ストレスはためてしまうのは体に良くないことはわかるけど、

一体どうやってストレスを発散すればいいのかわからない、、、」

と悩んでいる方もいるでしょう。

しかし、数々あるストレス発散法の中から自分に合った方法を探すのはなかなか難しいものですが

一度、自分に合うストレス発散法を確立していけば、ストレスに悩まされる日々も改善されることでしょう。

そこで今回は、簡単にストレスを発散できる6つの方法に関して紹介していきます。

ストレスを効果的に発散する6つの方法

1、紙にストレスの原因を書いてみる

PAK69_penwomotunotedesu20140312_TP_V

ストレスというのは、どうしても自分の内に溜めてしまいますよね?

周囲に抱いている悩みを相談できる人間関係があれば、悩みを打ち明けてストレスを発散できますが

そういった親友のような関係を持てる方は、なかなかいないものです。

そこで、私がおススメしたいのが

「紙に今抱いているストレス、思いを書く」方法です。

この手法は、頭の中にあるアイデアを紙に書く「ブレインダンプ」という手法に似ていますが、

私が紹介する方法は、ストレスの根源となっているものとにかくを書いていくのです。

ストレスを抱えている時というのは、どうしてもそのことだけに執着してしまいますよね?

「あの時、ああしていればよかった、、、」

「なんであいつは、あんな態度を取るのか、、、」などなど

人それぞれストレスの原因は異なりますが、そういったストレスの原因となるものを紙にズラッと書いていくのです。

そしてストレスの根源が書いてある紙をじっくりと見てください。

客観的に自分のストレスを見てみると、意外にも大したことのないものが多いのです。

そうやってストレスの元を明確化することにより、

頭の中もスッキリしていき、ストレスもなくなっていきます。

ちなみに、ストレスを書き終えた紙は、残さずに捨てるようにしましょう。

捨てることで自分が抱えたストレスとはおさらばしましょう。

 2、散歩してみる、遠出してみる

ストレスを抱えてイライラしている時は、

大抵、部屋でじっとしていたり、一人でいることが多いものです。

一人の時間を過ごしている時が多くなるほど、その時間の分だけ「考える、悩む時間」も多くなります。

そのため、なるべく外で散歩でもして気分転換するようにしましょう。

散歩といっても普段、歩いている道ではあまり刺激が感じられないので、

なるべく行ったことない場所だったり、遠出してみるのがおススメです。

今までに行ったことがない場所に行ってみるだけでも、新しい発見が生まれたり、

気分もワクワクすると思います。

3、運動する

運動することは、健康に良いことはもちろんのこと、ストレス発散にも効果的です。

もし、日常生活に運動する習慣がなければ、一週間に一回くらいは運動の習慣を取り

入れるといいでしょう。

例えば、早朝にランニングしてみる、土日のどちらかは必ず運動する、などなど、、、、

普段の私生活にちょっと運動の習慣を取り入れるだけでもストレスがたまりにくくなります。

最近では、ヨガ教室に通ったり、ジムに通っている人も増えてきています。

こういったところに通ってみると、必ずトレーナーの方がいますので、

普段の生活習慣の改善案やアドバイスもしてくれます。

それに自宅でもできるストレッチの仕方も教えてくれますので、一度そういった教室などに通ってみるのもいいかもしれません。

Sponsored Limk

PAGE 1 PAGE 2

コード スニペットをコピー

コメントを残す