睡眠を妨げる原因とは?浅い眠りを改善する効果的な方法

皆さんは、毎日ぐっすり眠れていますか?

理由は様々でしょうが、朝までしっかり眠る事が出来ない方というのは、たくさんおられるのではないかと思います。

眠りが浅いと、眠っている途中に目が覚めてしまうことがありますが、そうなってしまうと、翌日、体がまだ疲れを残しているように感じられますよね。人によっては、途中で目が覚めてしまうと、再び眠りに入る事が困難になるという方もいます。

睡眠がしっかりとれていないままだと、体に不調を起こしたり、勉強や仕事に集中できなくなったりするというような危険も出てきますので、やはり改善をするべきですね。

そこで今回は、浅い眠りの原因や改善方法をご紹介しますので、眠りに悩まされている方は是非、参考までに読んでみてください。

スポンサードリンク



睡眠が浅い原因は?

まず前提として、「ベッド」や「布団」といった睡眠に適切な場所で寝る事がゆっくり眠る事に欠かせない第一条件です。もしも、デニムを履いたままソファーで寝ている方が、浅い眠りに悩んでいるのでしたら、まずは体を締め付けている服から寝巻に着替えて、枕のある暖かい布団で寝る事から始めてみましょう。

普段寝ている環境を見直す

寝具に不快感はありませんか?

枕が低い、高い等の不満や、掛布団にある程度の重さが無いとどうにも眼られない事もありますね。また、暑かったり寒かったり、湿度や明るさが適度でなかったり、周りの騒音も浅い眠りや目が覚めてしまう原因になります。普段、寝ている環境に関してはあまり気にされない方も多いかもしれませんが、快適な睡眠を送るにはまず環境を整える事が大事です。

今では快適な生活を送るためにも睡眠環境を整えることが重要視されていますから、まずは普段どういった環境で寝ているのかを見直す事から始めてみましょう。

また、寝具にこだわりを持つのも快適な睡眠生活を送るには欠かせないものです。枕の高さであったり、温度管理など、いつも気にしないところに気を使ってみることをおすすめします。

体の調子を考える

体が不調を起こしていると、寝ている間に痛みやかゆみで目が覚める事もあります。

他にも、頻尿や加齢も原因として挙げられます。加齢で眠る力が無くなってくると、夜中に何度も目が覚めたり、朝起きるのが早くなる傾向にあるのだそうです。

精神的な要因を考える

悩みや考え事が脳を刺激して、布団の中でもイライラしたりスッキリしないと、眠りに入りづらくなります。そのように緊張している状態も、眠りが浅くなる原因のひとつです。

また、眠り方に拘りのある方も、何かを意識したまま眠りに入ることは、睡眠を浅くしてしまいます。

生活習慣を考える

お酒のアルコール、タバコのニコチン、コーヒーやワインに含まれるカフェインの摂取が過剰であったり、就寝前である事も、眠りの質を下げる原因になります。

また、薬の副作用というのも考えられますよ。

適切な睡眠時間を考えてみる

熟睡感を得られる質のいい睡眠とは、どのくらいの時間眠ればいいのでしょう?

それは、厳密に言えば人それぞれという事になります。

どこかの研究者が言った、研究結果を根拠に挙げた適切な睡眠時間というものも、人によっては、適さない事もあります。

人はいつから、睡眠時間や成長ホルモンに気を配りながら日々生活をおくるようになったのでしょう?

睡眠や食事といった、欠かすことのできない基本的な習慣から、体に必要なエネルギーを得るにはまず、自分の体を知ることが大切なのです。

自分で自分の体の調子を知って、自分に合った睡眠時間を見付けてください。

そこで、風邪や疲労が感じられるような時には、いつもより早めに寝るようにしたり、いつもよりも寝る時間が遅くなってしまった日も、起きる時間は変えず、いつもと同じ時間にするようにします。遅く寝たことで眠気がさすようであれば、昼寝をしたり、その日の晩は早めに寝るというように、上手く工夫してみてください。

スポンサードリンク



今の季節にピッタリ!浅い眠りの改善方法

自分の悩み、「浅い眠り」の原因になっているものは見つかりましたか?または、自分に必要な睡眠時間をキープできそうですか?

先程挙げた原因を見て、自分の眠りを浅くしているものを知ったら、それを改善していきましょう。

その他にも、今の時期にピッタリな、ぐっすり眠れる方法を、いくつかご紹介しますので、興味がありましたら、是非楽しみながら初めてみてくださいね。

編み物

今から冬に向けて、編み物で作品を作ってみるのはどうですか?

足元を温めるレッグウォーマーなんかは、初心者にもお勧めです。

これから訪れる寒い季節。部屋の中でゆったり過ごす時に、お手製のレッグウォーマーで足首を温めると、体も温まるし、自分で頑張って作った物という事で、気持ちも上がります。体を温める事も、手先を使う作業をする事も、ぐっすり眠れる事に繋がりますよ。

読書

本が好きな方は、好きな本を読むと良いのですが、あまり読書をしない方や、これから新しく本が欲しい方は、短編が何作か入っている本がお勧めです。

一冊の本に、何話か話しが入っているものだと、一日一話読み切る事が出来て、続きが気になって眠れないなんていう心配もありません。次はこの話を読もうとか、一つ楽しめます。何話も入っている事で、中には自分には合わないハズレがあるかもしれなくても、当たりだってあるかもしれませんし、特に、読書が初めての方ですと、自分の好き嫌いが解る切っ掛けにもなりますよ。

他にも、料理や旅行というようなジャンルの、気持ちが明るくなるような雑誌も、いいですよ!

絵を描く

絵を描くことに興味がある方には、イラストがお勧めです。

すでに趣味であったり、水彩画や油絵で大作を作っている方は別ですが、これから絵を描いてみたい方は鉛筆やペンで描く絵の深さに、きっと驚かれると思います。今は、CGで作った物と同じくらいの絵を、イラストペンで作れるんですよ。

いろんな種類のイラストペンを揃えて、好きな音楽を聴きながら、好きなキャラクターや風景などの絵を描くのも、楽しみながら頭と手先を使うので、ぐっすり眠れる方法として最適です。

手紙を書く

よく言われる事ですが、今はLINEやメールなどの手段でメッセージを送れるので、手紙は廃れてきたと聞きますよね。でも、案外手紙を交換し合っている方って多いんですよ。昔から”文”は親しまれていますし、以前流行った”デコる”は、今でいうところの”キャラ弁”に通ずると思いませんか?受け取る方が喜ばれるのは勿論のこと、自分も、その時の気分やイベントに合わせて便箋を選んだりデコレーションするのも、楽しくなってきますよ。

あれこれ考えて字を書くと、穏やかな気持ちにもなれますし、やはり頭を使うという事で、ぐっすり眠れそうですね。

浴槽につかる

夏が過ぎて、朝晩は肌寒い秋になってきたこの時期。そろそろ湯船にお湯をはって、ゆっくりつかってみませんか?

お湯の適切な温度は、自分がゆっくり時間をかけて入浴できる温度、です。熱いと早々に上がってしまうし、ぬるいと今の時期だと湯冷めの心配もありますので、注意してみてくださいね。

快適な睡眠を送るための注意点

最後にひとつ注意をしておきたいのは、改善のために何をするにしても、寝る前にやるときは、やり過ぎたり根詰めないことです。

昼間なら、いくら拘ってもいいのですが、夜寝る前は、興奮したり神経を尖らせたりしないように、気を付けてくださいね。

今回ご紹介したものは、眠くなるまでやるものではなくて、ある程度の時間集中すれば、夜寝たときに、熟睡感を感じられやすくなるもの、なのです。

効果は人によって様々でしょうけど、気持ちよく頭を使う事は、ぐっすり眠れる事に繋がるのではないかと思うのです。

まとめ

浅い眠りに悩まされている方を対象に、原因を知って、改善方法を見付ける参考になればいいのですが、いかがでしたでしょうか。これから季節は秋に変わりますから、夏の寝苦しさからは解放されますし、日も短くなってきて、外で駆け回る人の声や音も、段々と減って、いくらかゆっくり眠りやすくなるのではないでしょうか。

それでも、普段から眠りが浅い方は、今回紹介したように、気持ちよく頭を使うという事をすることで、結構熟睡感を得られやすくなると思いますから、是非一度、お試しください。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す