嫉妬心をなくす4つの方法とは?これで片想いから夫婦仲、全ての恋愛が上手くいく!

片想いの人も、彼氏がいる人も、夫がいる人も、どんな人にも嫉妬はつきもの。

少しくらいのやきもちなら可愛いけれど度が過ぎると、良い方向には進みません。今の関係を悪くしてしまうようなことは誰もしたくはないはずです。

そんなことは百も承知・・・

でも、嫉妬心というものは無意識のうちに出てきてしまうものです。出てきてしまった嫉妬心の存在は、たとえ相手にその気持ちをぶつけないにしても、自分自身を苦しめてしまいます。

この嫉妬心というものは、恋愛関係が壊れてしまう原因として十分あり得るものなので、そういう状況にならないように、自分の心の持ち方を変える必要があります。

そこで今回は、嫉妬心をなくすために必要な4つの方法を紹介していきます。

スポンサードリンク



嫉妬心をなくすために必要な4つの方法

嫉妬心とは恋愛や仕事、私生活を問わず、人間関係がある以上深く関わりのある感情ともいえます。しかしながら、嫉妬心に囚われてしまうと自分の価値を見失ってしまうようになってしまいます。

では、もし嫉妬の感情に囚われてしまったらどうやって解消していけばいいのか、嫉妬心をなくすために必要な4つの方法を紹介していきたいと思います。

自分勝手な想像をしない

N112_hooduewotukujyosei_TP_V

自分勝手に想像するのは人それぞれ自由ですが、思い込みで相手を疑うのは問題ですね。

そういった相手を疑う人と付き合いたいと思う人のほうが珍しいのかもしれません。

嫉妬心は、思い込みが激しく、ネガティブ思考で物事を捉える人に強く出る傾向があります。そもそも、ポジティブ思考の人は妬むという感情がありません。

ネガティブなタイプの人は、ちょっとでも気になることがあると「どうせ自分なんか」と卑屈になるだけでなく、そんな気持ちになった原因を相手のせいにすることがあります。

何もかも自分が悪いのではなく、相手のせいにしたいので、そのきっかけを無意識に探し出してしまうのです。そのほんの小さなきっかけを自分の都合の良いように想像する。

結局、自分はこんなに一生懸命なのに、周りのせいで自分はこんなに不幸なんだ、と悲劇のヒロインになりたがるのです。

どうして、そんな風になってしまうのか、、、

それは相手の気持ちを自分に向けたいという思いがとても強いからなんです。

嫉妬心をなくすには、自分勝手な想像で相手を疑うのではなく、まずは、相手のことを信じることが大切なのです。

恋愛に依存しない

「あなたがいないと生きていけない」というのは映画やドラマの中の話であって、本当にそんな風に相手に依存していたら自分らしく生活できないかと思います。

恋愛は人間関係の中に含まれている一つの感情です。その感情に支配されてしまうようになってしまうと、恋愛関係が無くなった途端に喪失感、絶望感に悩まされてしまいます。

恋愛においても、自立はとても大切なことですから、自分のためにも、相手のためにも、自分を磨くことを怠らないようにすることです。

人間は成長する度に、視野が広がり、目線も変わってきます。自分が恋愛にばかり目を向けて自分を磨くことを怠っているといつの間にか周りはどんどん成長していきます。

これでは、本当に卑屈になってしまうような原因を自分から作っていることになります。趣味でもなんでもいいので、恋愛以外に夢中になれることも見つけていきましょう。

周りと自分を比べない

yuka16011201IMG_5612_TP_V

何でも比べたがる人は、自分に自信がなく「みんなと一緒」ということに安心感を抱きます。これでは個性というものがなくなってしまうので、魅力的に人にはなれません。

こういうタイプの人は消極的な行動が多いので、嫉妬の感情以前になかなか恋愛に結びつけない場合が多いです。

嫉妬心を抱くタイプは、こういうタイプではなく、自分が常に優位でいたいという人です。相手が自分より劣っているところを見つけて優越感を味わいたいのです。

しかし世の中、自分よりも劣っている人間ばかりではないので、相手が自分よりも優れていることに対して劣等感を抱き、そのことを妬んでしまうんですね。

恋愛に疎遠な人も、嫉妬心を持ってしまう人も、タイプは違いますが、結局は自分と周りを比較するということは変わらないのです。

自分は自分。他人は他人。そんな風に周りと自分を比較せず、自分という個性を大切にしている人は魅力的で好感が持てるのも頷けますね。

スポンサードリンク



相手の話を聞く

素敵な人というのは、異性だけでなく同性からも好感を持たれます。その人たちに共通して言えることは、何事に対してもポジティブ思考で、相手の気持ちを察しながら話をします。

これは相手の気持ちだけではなく、その場の雰囲気も良くなります。

こういうことが自然に出来るのは、協調性を大切にしながらも、自分というものをしっかりと持っているからでしょう。自己中心な押し付けや行動をする人とは違い、相手の話をよく聞く姿勢があるので、誤解を招くことが無くなります。

自分の話ばかりで相手の話を聞かないのは、会話がないのと変わりはありません。相手のことを知るために会話は必要不可欠ですし、思い込みで誤解を招くということもないはずです。

そのためにも、相手の話をよく聞き、会話をすることを大切にしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、片思いから夫婦の関係、すべての恋愛に役立つ嫉妬心をなくす方法に関していろいろと紹介していきました。

私は世の中に存在する「根も葉もない噂」というのは、人間の心に生まれる嫉妬心が原因だと思います。

今回取り上げた4つの方法が出来ている人には、相手を尊重するという心がけがしっかりと身についているので、決して自己中心的に押しつけがましいことはしません。

周りから交換を持たれるので、自然に自分の立場を良い状態に出来るのだと思います。そういう状態が常に自分にあると不平不満もなく、嫉妬心をなくす以前に、嫉妬心というものを抱くこともないのではないでしょうか。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す