仕事が出来る人だけが知っている嫉妬心をなくす方法とは?

仕事が出来る人になりたいと思ったことはありませんか?

「どうして自分は仕事が出来ないのだろう」と悩んだことはありませんか?

今まで学んできた技術や知識で仕事に差がつくと勘違いしていませんか?

仕事が出来る、出来ないを比べた時に生まれる念こそ嫉妬心です。

嫉妬の感情は仕事の出来を左右するものですので、

そこで今回は、仕事関係の嫉妬心をなくし、仕事ができる人になる方法を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク



嫉妬心をきちんと理解すれば仕事が出来ない原因が分かる

green_mamekueyo20141024220634_TP_V

仕事が出来ない方に共通するのは物事の捉え方に偏見があり、柔軟な考え方が出来ないところにあります。

おそらく「嫉妬心」の意味も「人を妬むってことでしょ?」くらいしか理解していないのかもしれません。そして嫉妬心というものを悪いものだと勘違いされていると思います。

まずはこの捉え方、考え方を見直すことこそが、仕事ができる人に近づける一歩となります。

そもそも「嫉妬」とは妬む対象が人だけだと限られているものではないですし、それ自体で何かを傷つけるようなことも悲しませるようなこともなく悪いものではありません。

「心」がつく言葉は、元々人の中に備わっているものなのです。もしそこに善悪があるなら、世の中は悪人だらけになりますよね?

嫉妬する心そのものが悪なのではありません。嫉妬する心をどういう風に表現するかで変わってくるのです。

まずは、この「嫉妬心」というものが人の心に存在しても良いのだということを受け入れることが大切です。

仕事が出来ない原因は嫉妬心の抱き方と表し方に問題がある

嫉妬心そのものが悪いものではないと言われても、嫉妬心を抱くのは心地が良いものではありませんよね?

しかし、仕事が出来る人と出来ない人の違いは、この「心地」に深い関係があります。

一体どういうことなのか、仕事の評価というものを例にあげてみましょう。

仕事は数字が関わっていることも少なくはありません。販売数、訪問数、獲得数、集客数など、これらは全て目に見える数字で現れます。そうなると気になるのは自分の数字です。

仕事が出来る人と出来ない人の違いは、この数字の見方にも関係があるのです。

自分の結果が気になるのはどんな人にもあります。しかし、仕事が出来ない人は、その数字で表された結果に自分の位置と周りを比べて図るという見方をするため、それが嫉妬心を抱く要因になっているのです。

では、なぜこのような考え方が嫉妬の感情を生み出すのか、、、

それは、仕事そのものを自分が何のためにやっているのかという明確な軸が無いのですね。

自分が低い位置にいることが分かると心地が悪いため、それをなんとか回避しようとします。高い位置にいる人が邪魔だという考えから表れる行動です。

相手の短所、自分よりも低い部分を見つけ、自分は相手よりもここが優れているんだと言い聞かせる。これが言い訳や愚痴につながっていくのですね。

こういう人は自分の位置を引き上げようと言い訳や愚痴を手段として選び、自分の何がいけなかったのか、そうしたら良いのかという考え方を選びません。

結局、結果として出た数字を見る時点で嫉妬心を抱え心地の悪い気分になり、その心地の悪さを自分の外へと向けるのです。

嫉妬心が悪い形で表しているということなのです。

Sponsored Limk

PAGE 1 PAGE 2

コード スニペットをコピー

コメントを残す