仕事場、職場の人に嫉妬しないようになる5つの方法

嫉妬心という感情は、相手をうらやむ気持ちでもあり、

時に、妬みや劣等感、ひがみといった負の感情に変わっていきます。

特に仕事では、仕事の出来や効率の良さ、スピードが人それぞれ異なりますので、

それが嫉妬心を生み出すきっかけになるかと思います。

しかし、嫉妬心は人間関係がある以上、恋愛でもビジネスでも友人関係でも

お構いなしに芽生えてくる感情です。

では、どうやって嫉妬心とうまく向きあっていくのか、、、

その方法を5つほど紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク



仕事場、職場の人に嫉妬しなくなる5つの方法とは?

他人と比較しない

選択

他人に嫉妬してしまう原因の多くは、他人との比較にあります。

もし、自分に備わってないもの、手に入れられなかったものが目の前の人に備わっているとしたらそれだけで嫉妬の感情が芽生えてきます。

では、どうして他人に嫉妬してしまうのか、、、

それは、あなた自身が無意識に相手と比較して、物事に優劣をつけているからなんです。仕事、ビジネスの場であれば、自分より成功している人と自分自身を比べてしまうと思います。

給料の良さ、仕事の出来、効率の良さなどなど、、、

無意識のうちに、頭の中でいろんなことを比較してしまうんですね。

しかし、どんなに比較したとしても、意味がありません。

というのも、他人と自分には思考も能力もすべてが違うからです。違うものをいくら比較して優劣をつけても、一向に答えは見つからないのです。

おそらく嫉妬しやすい方というのは、相手との比較癖のようなものがあるのかもしれません。

それなら過去の自分と比較してみてはどうでしょうか?つまり、比較する対象を変えてみるのです。

今の自分は、昔の自分と比べどれくらい成長したか?

このように考えるだけでも他人と自分を比べる癖もなくなり、自分に備わっている能力を再確認することができ、成長の糧となることができます。

他人に執着しない

嫉妬している時ほど、相手に執着してしまいます。

恋愛、ビジネス問わず、嫉妬の感情を抱くとどうしても相手のことだけをフォーカスしてしまいがちになります。

これは、ある意味相手に執着することでもあり、我を忘れてしまうことでもあるのです。

もし、嫉妬していることに気付けたら、「相手の事ばかり考えてないか?」「執着しいていないか?」と自問自答してみるといいでしょう。

相手のことを考える時間が多いほど、自分自身を見失ってしまうことがあるので、

何か熱中できる事や楽しめる事をしてみて、気をそらしてみるといいかと思います。

相手の仕事の成果は気にしない

人にはそれぞれ長所が備わっています。

仕事面だったら、行動力、洞察力、考え方など、仕事、ビジネスに役立つものはすべて長所といえるでしょう。

そういった長所もまた人それぞれ異なり、一つの分野だけずば抜けている人もいれば、バランスを考え、こつこつこなしていく人もいます。

しかし、嫉妬してしまう時は大抵相手の良いとこばかりに目が向いてしまいます。

「あいつは、頭が良くて仕事もバリバリにできて、、、」といった感じです。

でも、人には長所だけでなく短所も必ずあります。

今仕事がバリバリできる人も昔は失敗ばっかりしてきた人かもしれません。

もしかしたら、自分の知らないところではいろいろとミスをしているのかもしれません。

それは、他人からの視点ではわからないものなのです。

相手の良いところばかりに目がいってしまいますと、その人はなんでもできる人なんだと思うようになってしまいます。

だからといって、短所ばかりに目がいくのもそれはそれで良くないことなので、

なるべく相手のことを探るような考えはしないようにしましょう。

「人は人、自分は自分」の考えは相手の事を気にしない考え方ですので、

もし嫉妬してしまうようであれば、この考えを思い出すといいでしょう。

スポンサードリンク



 自信を持つ

嫉妬は、自信がないから抱く感情でもあります。

もし自信がある人なら、相手の事は気にせず嫉妬も劣等感もなく堂々とできるでしょう。

自信というのは、文字通り「自分を信じる」ことです。

自分を信じることができないとなると、自分自身に備わっている価値も能力も忘れ、

いつしか相手の事ばかり考えるようになってしまいます。

しかし、自分をしっかり信じている人なら、今できることを伸ばそうと努力し、自分のことだけを考える事ができます。

なので、相手を基準にして物事を考えるのではなく、自分自身に基準を置くことで嫉妬することもなくなっていくでしょう。

嫉妬は自分を成長させるエネルギー

もし、仕事の事で嫉妬してしまう相手がいるのであれば、それはチャンスなのかもしれません。

嫉妬するのは、何も悪いことではなく、むしろ自然なことです。

自分よりも成功している人がいると、自然に嫉妬心を抱くと思いますが、

それは嫉妬と同時に「自分もあの人のようになりたい」という成長へのエネルギーでもあるのです。

嫉妬してしまう相手は、いわば憧れの存在。

そんな人が目の前にいるとしたら、その人のようになりたいと活力がわいてきますよね?

嫉妬心をバネにして努力すると、意外にも行動力が増したり、成功に一歩近付けたりします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、仕事場、職場で嫉妬しないようになる方法を5つ紹介していきました。

嫉妬のエネルギーというのは、良いほうにも悪いにも作用します。

しかし、嫉妬心をうまく使いこなすことで、時には人を成長させる糧に変化していきます。

嫉妬は、自然に起きる感情ですので、どんな人でも抱くものであります。

なので、「自分だけが、、、」と落ち込む必要もないのです。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す