新卒で仕事を辞めたいと思ったときに役立つ人間関係の築き方、考え方

新卒で就職活動中、誰もが希望の会社に思いをはせるでしょう。

しかし、実際は一年も経たずに辞めてしまう人が多いようです。待遇や配属先への不満、それに加えて人間関係のストレスが要因として考えられています。

新卒者の離職のニュースは今ではすっかりなじみのあるものになりました。

でも、「せっかく就職できたのに、もったいない」との批判もたえず聞こえ、親や年配の方は「今いる場所で頑張れ」と新卒者を叱咤します。

そんな叱咤激励は、社会的な観点以上のものではなく、当事者をより苦しめるものです。

そういった新卒者の気持ちに寄り添い、今回は書かせていただきました。新卒者の「辞めたい」思いに良いアドバイスになることでしょう。

新卒で仕事に就くこととは

LIG_h_officededenwatoru_TP_V

学生時代なかなか内定がもらえずに苦しむ方もいるかと思います。だからこそ、新卒で会社に入った喜びはひとしおなのです。

しかし、「さあ、社会人として頑張ろう!」という希望も束の間、入社後の会社のあり方に幻滅してしまう新卒者も多いことも事実なのです。

「新卒で就職した会社が、意外なほどブラックだった。」という辛さを多くの方が経験しています。「こんなはずじゃなかった」、この辛さを味わっている以上、戸惑い苦しみながら働くこととなります。

しかし安心してください。そんなあなたのために、今から書いてきます。

「人間関係」という社会からの洗礼

新入社員の場合だとまず立ちはだかるのが「人間関係」かと思います。

「上司の指示があまりに理不尽で頭にくる」

「頑張っても認められず嫌みばかり言われる」

内定をもらった時のイメージとは、多少のズレはあるでしょう。でも会社という舞台は、年齢的にも価値観においても多種多様。それが同じステージにおいて働くわけです。人間関係もこじれがちにもなります。

学生時代の延長として会社の人間関係を捉えたら、痛いしっぺ返しにあうかもしれません。同従業員とはいえ、もともとは赤の他人です。意見の食い違いがまったくないというのも逆に不自然なのです。

人間関係の悩みは、新卒での第一関門といえます。

Sponsored Limk

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

コード スニペットをコピー

コメントを残す