仕事ができない人に共通する6つの特徴や対処法とは?

仕事には「できる」人間と「できない」人間の二つのパターンが存在します。

年収をかなり稼いでいる人もいればそうでない人もいるのは当然なことにも思えますが、

その違いとは何なのか気にしたことはあるでしょうか?

おそらく、仕事ができないというタイプの人にはある特徴があるかと思います。

それを今回は紹介していき、どうやって改善すればいいのか対処法も紹介していきます。

では、見ていきましょう。

スポンサードリンク



仕事ができない人の6つの特徴

情報を素直に受け止められない

聞く

仕事では情報の吸収力の違いがものを言います。

どういうことかというと、仕事ができない人ほど素直に情報を受け止められないという特徴があります。

これは何も頭が良いとか悪いとかの話ではありません。

素直に情報を読み取り、実行していくかがカギとなるのです。

例えば、もしあなたが新しいビジネスを始めるとして、既にその事業で稼いでいる方から教わろうと思ったとします。

ここで、あなたはその人のことに従って素直に実行するのか、、、

それとも自分なりにアレンジしてやってみようと思うのか、、、

おそらくこの2つのパターンに分かれるかと思います。

もし、アレンジしてみようと思った方は何らかの価値観やこだわり、プライドのようなものがあるのかもしれません。

「自分だけで成し遂げて成功したい」という気持ちも分からなくはないのですが、実際は自分だけの力で成し遂げる方は早々いません。

相手から言われたことを実行しようと思ったタイプには素直さがあります。

素直に相手の意見を聞き、それを忠実に実行しようと思う思考が仕事では大事になるのです。

 自身を過大評価してしまう

仕事というのは全部が自分一人で完結するものではありません。

誰かしらと関わっていかないと成り立たないものがたくさんあります。

仕事ができる人というのは他人から評価されている人です。

仕事の能力は自分で判断するのではなく、他人が評価して判断するのです。

自身を過大評価してしまう方は、自分で評価し、自己満足してしまいます。

自分で評価するのも悪くはないのですが、周囲の人を動かすことはできません。

仕事は周りの人との信頼関係で成り立っている部分がありますので、仕事ができる人になるには周りの人の心を動かすような人になる必要があります。

自身を過大評価せず、まずは自分の現状を知り、自分を客観的に見ることが大事になります

自分が仕事上でどんな立ち位置に置かれているのかを知ることで、現状が明確となり、どうやって目標に達成するのかがわかるかと思います。

その後は、現状と目標を埋めるような行動を取れば、周りからの信頼や評価が自然とついていくようになるでしょう。

スポンサードリンク



 人間関係がうまくいかない

視線

先ほど仕事は一人で完結するものだけではないと書きました。

ビジネスではやはり必要になってくるのがコミュニケーションです。

コミュニケーションとは周りの人の信頼関係を得る手段の一つです。

なので、仕事ができる人ほど社内の人望が深かったり、人間関係が広かったりします。

ということは自分の周りに味方をつける必要があるということです。

仲には仕事で孤立して行う方もいるかと思いますが、いずれ周りから助けが必要になる時が訪れます。

そういった時に味方がいないと仕事も上手くいきませんよね。

では、どうすればいいのかというと人間関係の広い人と信頼関係を得るのです。

そうすると自然に仲間が増えていき、困った時にでも解決策を提案してくれたりするでしょう。

 仕事を逆算して考えない

何かを始めようと思った時にはある2つの思考パターンがあります。

逆算して目標を設定する方法今までの成果を積み立てる方法です。

例えば、逆算して目標を設定する思考では、ある日までに仕事を終わらせようと考えます。

そうするときちんとした目標が定められて一日のスケジュールややらなければならないことが明確になります。

一方、今までの成果を積み立てる方法、つまり「積み立て型」では、今までの仕事の成果が最終的な成果となります。

この思考で明確な目標も分からず、最終地点にたどり着けばいいという曖昧なものになってしまいます。

それでは、自分のやるべきことも後からわからなくなってしまいますよね。

さらに、自己評価が増えてきて、自分で満足してしまうなんてことにもなりかねません。

なので、仕事をうまくこなすには目標(期間)をきちんと定めて、それを達成するためにどういった手順を踏んでいけばいいのかを確認するようにしましょう。

頑張ったつもりになっている

顔をうかがう

仕事量は人それぞれ異なりますが、量をこなせば頑張ったという風に思ってはいませんか?

例えば、誰でもできるような仕事を率先して行い、内容よりも量を気にしたり、休日出勤、残業で頑張っていると思い込んでしまったりと

作業量や時間量を気にして仕事内容はあまり気にしないと、、、

そうなってしまうとやはり成果というのは見えてこないかと思います。

仕事ができる人は定時上がりで早く仕事を終わらせたり、内容の濃い仕事をするなどどこか余裕のある人です。

頑張ったつもりで仕事をこなすと自己満足で終わったりする場合もあります。

なので、「頑張ったつもり」で自分をごまかさないように時間や内容にも気を使っていくようにしましょう。

 仕事は会社がくれると考えている

会社というのは確かに社員に仕事を与えてくれます。

仕事量も与えられてくれたりするのですが、会社の役割はそこまでです。

自身が成長するかしないかはやはり自分で決めなければなりません。

そう考えると会社だけに頼らず、何か自分のためになることも考えないといけませんよね。

例えば、濃い内容の仕事を率先して行ったり、自分のためになる事をどんどん聞いてみたりと

方法はたくさんあります。

そこで、「会社が仕事をくれるから」と受け身の姿勢になってしまっては自己成長に繋がりません。

なので、受け身にならず、自分から動けるような人になるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、仕事ができない人に共通する特徴や対処法をいくつか紹介していきました。

仕事ができないと思い込んでいる人にも必ず活躍できる場はあります。

自分に合わない仕事だったり環境に遭遇してしまうのは仕方がないことです。

でも、そこで諦めるのか諦めないのかで今後の成長も異なっていくでしょう。

もし、本当にできないと思っているのだったらそれは自分には合わない仕事なのかもしれません。

人には向き不向きというのもありますので、そういった時は一度転職など環境を変えてみてはいかがでしょうか?

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す