仕事、勉強に役立つモチベーションの5つの上げ方とは?

社会人では仕事、、、学生なら勉強と、、、私たちは何かとやらなければならない事ってありますよね?

しかし、やる気、モチベーションがない時ほどなかなかやらないのが事実、、、

それらをこなすためにやはり必要になるのが「行動力」「モチベーション」だと思います。

モチベーションがある状態なら自分から率先してこなすことができますが、

どうしてもモチベーションがない時というのはやる気が起こらないかと思います。

そんな時に仕事、勉強に役立つモチベーションの上げ方を今回は紹介していきます。

では、見ていきましょう。

スポンサーリンク



モチベーションを上げる5つの方法とは?

ゲーム感覚で楽しむ

GREEN_HO20140125-thumb-815xauto-16646

みなさんは、仕事、勉強にはどういった感じで取り組んでいるでしょうか?

おそらく、みなさんが思い浮かべてしまうのは

仕事、勉強=つらいもの

といったイメージではないでしょうか?

つらいものだからこそやる気が起きなくなり、モチベーションも上がらないのだと思います。

確かに自分の興味がないものや面白くないものと言うのはやってて楽しくありませんよね?

しかし、仕事や勉強がつまらないというのは自身のイメージによるもの。

楽しいという感覚で取り組めばモチベーションも段々と上がっていきます。

そこで、私が提案するのが「ゲーム感覚」でやるということです。

RPGゲームを思い浮かべてほしいのですが、主人公は最初は弱い敵を倒していく単純作業から始まります。

しかし、次々に敵を倒していくことでいつの間にかボス戦へ挑んでいる主人公に変わっていくかと思います。

つまり、ゲームだと自身がレベルアップしていくことになるのです。

これは仕事でも勉強でも同じで単純作業をこなしていくうちに知識が身についたり、給料が上がってきたりとレベルアップしていくことができます。

この感覚が身につけば、仕事、勉強がつらいものではなくなり、モチベーションが下がることもなくなっていくかと思います。

目標設定をする

モチベーションを上げるために大切なことはやはり「目標設定」でしょう。

目標とは未来に自分がなりたい姿を想像し、モチベーションを上げることには欠かせないものです。

例えば、受験勉強で「志望校に合格」という目標を設定したとします。

その目標を達成するためにはやはり勉強するしか方法がありませんよね。

目標設定とはただ単にモチベーションを上げる効果があるだけでなく、自身に「やらなくちゃいけない」というある種のプレッシャーを与えるものでもあります。プレッシャーやある程度の緊張感がなければ、物事がうまく続かなくなりなかなか行動に移せないのもあるでしょう。

例えば、社会人の方であれば朝早く起きて会社に出勤するかと思います。ごくあたり前な習慣に思えるかもしれませんが、朝早く起きるのが嫌だなと思っていても会社に出勤しなくてはと頭の中で思っているものです。それは、「もし遅刻したら会社の上司に怒られる」というある種のプレッシャーがあるから、遅刻をせずに会社に出勤できるのだと思います。

そういったプレッシャーがある以上はモチベーションが下がることもなくなってきます。それは仕事だけにかかわらず、何かを始めるとなるとプレッシャーはつきものです。ですが、それを日頃からこなしていくと、習慣化できるようになり、モチベーションをうまく保つことができるようになるでしょう。

スポンサーリンク




尊敬できる人を見つける

尊敬できる人を見つけることも「目標設定」の一つです。

「あの人になりたい」という思いはゴールを設定することと同じです。

一つ違うところがあるとすれば、「具体的にどのように努力していけばいいのか」が見えているところです。

その尊敬できる人のように行動すればモチベーションも上がり、仕事、勉強の効率が上がっていきます。

これは心理学では「モデリング」と言います。

モデリングは対象となる人物を見つけて真似をすることですが、目標となる人が見つかったのならその人のように努力すればいいのです。

その通りに行動すればいつかは尊敬できる人のようになっていくかと思います。

ライバルを設定する

OY1151013140731-thumb-815xauto-19640

ライバル設定は対抗意識を持つことです。

自分と設定したライバルを心の中で競うことで、「負けたくない」という対抗意識が生まれ、モチベーションが上がりやすくなります。

そして、対抗意識があるほどライバルより努力するようになります。

勉強では成績を競い合ったり、会社の同期がライバルなら仕事量で負けたくないと思うようになるでしょう。

ライバルを設定するというのは、他人でなくとも自分自身で設定することも効果的です。例えば、過去の自分と比べてみて、未来の自分はどうなりたいのかを想像するのです。

それに加え、日々、ダラダラと過ごすことでどうなるのか、そして日々コツコツと頑張っていくことでどうなるかを考えていくことで、未来のなりたい自分の姿が見えてきて、モチベーションも上がっていくでしょう。

メリハリをつける

tayou85_yaritenoeigyouman20140823100721-thumb-815xauto-17663

仕事、勉強をしているだけではモチベーションが保ちません。

やはり時には遊ぶことも大切になります。

ただ仕事、勉強だけとか遊びだけに偏らず、メリハリが大事になります。

上手くメリハリをつけるにはやはり自分で時間を設定するのがいいでしょう。

遊ぶ時間は遊ぶことだけに集中し、勉強、仕事をする時はそのことだけに集中するようにしましょう。

時間の配分は自分で決めて、その一度決めた予定を狂わさないように一つのことだけに集中しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は仕事、勉強に役立つモチベーションの上げ方を紹介していきました。

やはり、何事もやるからには「行動力」と「モチベーション」が大事になります。

モチベーションの上げ方と言っても色々な方法がありますので、あくまで参考程度に見ていただけたらと思います。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す