理由がない、わからないのに仕事を辞めたいと思ってしまう5つの原因とは?

ある時、ふと「今の仕事辞めたいなぁ」と思うことはありませんか?

理由は人それぞれあるかと思いますが、多くの社会人の方は思うことではないでしょうか?

「職場の人間関係が嫌だ」

「仕事がきつすぎる」

などなど、、、

明確な理由がある方もいますが中には理由がわからないのに辞めたい気持ちに悩まされる人もいます。

そんな方に向けて今回は仕事を辞めたくなってしまう原因を調べてみました。

では、見ていきましょう。

仕事を辞めたくなってしまう5つの理由とは?

職場の人間関係

仕事を辞めたいと思う人の大半は職場の人間関係が原因ではないでしょうか?

どうやら統計的にも辞めたい人の大半が人間関係が原因だそうです。

どうしても職場となると自分とは性格が合わない人や嫌いな人と同じ空間で仕事をしないといけません。

他にも職場の雰囲気が暗い、悪口や怒涛が蔓延しているなどなど、、、

それがかえってストレスになり、「仕事を辞めたい」気持ちに変わります。

しかし、これに関しては自分との相性の問題なので解決するには職場の環境を変えなければいけません。

仕事を変える場合は信頼できる人に一度相談すると良いでしょう。

仕事がハードすぎる

日本の労働時間は他の国と比べると長いという特徴があります。

毎日、朝早く出勤し、夜遅くに帰る、、、

中には休日も出勤しなければいけないという方もいるかと思います。

本来、労働時間というのは入社前に決まっているものですが、

入社して何年か経つといつの間にか本来の「約束の時間」が忘れられ、サービス残業などを強いられるようになります。

これは本来おかしなことなのですが、それが当然のように世の中に蔓延しています。

会社にいる時間が長くなると当然プライベートの時間も削られてしまいます。

そうなると、ストレスを発散する時間もなくなり、いつの間にか過労でうつ病を患うというケースになります。

私が思うのは仕事で身体を壊すくらいならすぐに辞めてしまったほうがいいということです。

一度、うつ病などの精神疾患を抱えてしまうとなかなか治りません。

そういった最悪のケースを避けるため辛ければ辞めてしまいましょう。

スポンサードリンク



会社の将来性が不安

「もしかしたら来年あたりには会社がなくなつているかも」と会社の将来性が不安で辞めてしまいたいと思う方もいますでしょう。

今の世の中何が起こるかわかりません。

安定の大企業でも世間の信用を失うようなミスが発覚したり、会社全体の業績が下がってきたりとアクシデントは様々あります。

そんなぐらついた会社の中で働くとなると将来が不安で仕事にも集中できないかと思います。

でも、転職しようと思ってもそれなりのリスクがあるためやはり不安に悩まされてしまいます。

有給休暇が取りづらい

ある程度働いている方には有給休暇という休む権利が用意されています。

本来、自己申請して有給休暇を取れるはずなのですがなぜだか職場には取れない空気というのが出来上がっています。

おそらく、、同僚がとらないから、上司がまったく取っていないからと遠慮してしまうのでしょう。

しかし、有給休暇はあくまで権利の一つですので本来は遠慮する必要がないのです。

それなのに職場で取れない空気があると有給休暇を取りたくても取れないようになってしまいます。

有給休暇がまったく取れないとなると辞めてしまいたい原因になってしまいますね、、、

新入社員なのに辞めたい

新入社員の方の中には3年以内で辞めてしまう方はけっこう多いみたいです。

どうやら、自分が思っていた仕事と違ったり、

職場の上司、先輩が苦手などの様々な理由があるようです。

世間的には「仕事を辞めるなら3年は我慢しろ」という謎の言い伝えがあるみたいですがどうなんでしょう、、、

私はこれからやりたいことが決まっているのなら辞めてもかまわないと思っています。

しかし、なんとなく自分には合わないからという曖昧な理由ではたとえ仕事を辞めたとしても次の目標がないためおすすめはできませんね。

なので、辞めるとしたらそれなりのリスクを覚悟し、次の目標を見つける必要があるかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回、仕事を辞めたいと思ってしまう原因について紹介していきました。

仕事を辞めたい理由は人それぞれなので今回はあくまで代表的なものをピックアップしていきましたが

辞めたいと思っている方はその理由を明確にし、判断していただければと思います。

あくまで仕事を辞めるのは自分次第ですので、よく考えてから決めていただけると良いでしょう。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す