仕事が辛い、辞めたいと感じる理由から解決へ導く乗り越え方とは?

仕事が辛くて、つい辞めたいと思ってしまう事はありませんか?

やはり同じ職場でずっと働くのはストレスも溜まるものですし、職場の人間関係に気を使ったり、毎日長時間働いたりするとなると、仕事そのものが辛く感じてしまいますよね。

ただ、心の中では「辛い」のは分かってはいるものの、そう簡単に辞められないのが仕事特有の辛さでもあります。まさに、ジレンマと言っても過言ではないですよね。

ですが、そういったジレンマがあると、この先どうすればいいのか分からなくなってしまい、一向に悩み続けることになってしまいます。

そこで、今回は仕事が辛いと感じた時にこそ役立つ考え方や乗り越え方をいくつか紹介していきますので、仕事が辛いと感じている方の励みになるような方へアドバイスできたらと思います。

スポンサーリンク



仕事が辛く感じてしまう理由とは?

まず、仕事が辛いと思う時、どういったものが原因なのか考えたことはありますか?

おそらくですが、気持ち的には「仕事が辛くて辞めたいな」と思ってはいるものの、どうしてそういった気持ちになってしまったのか原因が分からなくて悩んでいる場合が考えられます。

それほど辛さを内に留めて我慢してきた証拠とも言えますが、辛い時は原因をしっかり見極め、向き合っていくことが大切です。

ただ、その辛さの原因は人それぞれ異なりますので、ここでは私自身仕事が辛いと感じた理由を紹介すると共に、多くの方が辛いと感じている原因をピックアップしてみました。

もし、共感できるものがあれば、参考にしてみてください。

毎日同じことの繰り返しで辛くなる

毎日、同じことの繰り返しですと、飽きてしまうものですよね。

いつもと同じ時間の電車に乗り、同じ職場の同僚、上司と会い、同じ時間に帰宅する。

仕事をしている人であれば、毎日欠かさずに同じことを繰り返していることでしょう。

ただ、毎日同じことの繰り返しはやはり飽きてしまいますし、それが返ってストレスになってくることもありますよね。

ですが、もし日々の生活に飽き飽きしてきたのであれば、何か新しい習慣を取り入れたいという気持ちの表れとも解釈できます。

例えば、仕事に行く前に朝食はカフェでとってみたり、仕事終わりは外食をしてみたりと、何か小さなことで刺激になるのであれば生活の中に取り入れるだけでもだいぶ変わってくるものです。

ですので、日々の生活に飽きてきたなと思っている時こそ、新しい刺激を求めるチャンスと捉えてもいいのかもしれませんね。

そもそも働く環境に問題あり?

おそらく、大半の人は長時間働くことに辛さを感じているでしょう。

まさに、長時間労働は社会人共通の悩みでもあり、今一度考えるべき課題でもあります。

少し大げさな話をしますが、これは日本の社会問題と言っても過言ではないほど重大な問題だと私は思っております。

近年、ブラック企業が問題視されるようになり、働き方改革といった話もいろいろ出てくるようにはなりましたが、依然として労働時間は変わらず長いままです。

これからもっと働き方が多様化されてくるかと思いますが、仕事への根本的なところを見直さない限り、長時間労働の問題は解決できないと個人的には思っています。

やはり、効率よく仕事をするのであれば、休むことが絶対に必要です。

一見、休み休み仕事をするよりも、長時間働く方がバリバリ仕事をこなせるように思うかもしれません。

ですが、人間の集中力には限界があるので、長時間働くにしてもモチベーションを維持する事は難しくなります。

また、仕事での疲労が増してしまうと「うつ病」を患う恐れがありますので、本当でしたらしっかりと休みを取り、仕事に備える事の方が効率いいのです。

ですので、仕事が辛いと感じた時はもしかすると働き過ぎで仕事が辛く感じている場合が考えられます。

理不尽な要求でストレスが溜まる

仕事をしていると理不尽な要求を受ける事は社会人ならではの洗礼と言えるかもしれませんね。

ただ、「理不尽な要求にも我慢できないようであれば、社会人として半人前」と思う方もいるかもしれませんが、我慢のし過ぎは精神的にも肉体的にも良くありません。

仕事の事で注意されるぐらいであれば、仕方がないですが、仕事に関係のない事まで言ってくるとなると、理不尽に思いますよね。

ですが、あまりに理不尽な要求を我慢するのは嫌がらせを我慢しているのと同じですので、あまりに理不尽な要求をされるのであれば、職場の人に相談したり、辞めるように注意したりする必要があるでしょう。

どう考えてもおかしい要求であれば、勇気を振り絞って注意するのも大人として大切なことだと個人的には思いますので、我慢のし過ぎをしないように心がけるようにしましょう。

職場の人間関係がストレス

職場の人間関係がストレスになり、仕事が嫌になっているのかもしれません。

上司への気遣いに疲れてしまったり、飲み会が多くて疲れていたり。仕事の付き合いが過密すぎて辛く感じている場合が考えられます。

おそらく、仕事を辞めたくなる理由として最も多いのが、長時間労働かと思いますが、次に多いのが「人間関係」ではないでしょうか?

やはり、仕事も人間関係も程々が一番ストレスなく、過ごせるものです。
どんな事もやり過ぎはストレスの基ですので、なるべくでしたら人間関係も程々にしたいものですよね。

「みんな辛い」という価値観が辛さを倍増させる?

おそらく、仕事そのものが辛いと感じる理由として考えられるのが、「みんな頑張っている」「みんな辛い」といった価値観ではないでしょうか?

例えば、誰かに「仕事が辛くて辞めたい」と話したとすると、「みんな辛い思いしているから」という答えがよく返ってくることがあります。

おそらく、「みんな辛いから我慢しろ」というのが真意かもしれませんが、これでは何の解決にもなりません。

もし、仕事の内容が多くてなかなか達成できないのであれば我慢の仕様がありますが、先ほど書いた「働き過ぎて仕事が辛くなっている」のが原因であれば、我慢したところで疲労が増してくるだけです。

ですので、みんな辛いからというのは、何の解決にも繋がらず、ただ我慢を強いるだけの話なのです。

スポンサーリンク




仕事が辛い時こそ役に立つ乗り越え方

社会人になると理不尽なことや辛い出来事を体験することがよくありますが、実際にその問題をどのように乗り越えていけばいいのか考える必要があります。

ただ、実際には解決できる問題もあれば泣く泣く受け入れなければならない事まで様々あります。先ほど紹介してきた辛いと感じる理由にも解決するのが難しい問題もいくつかあります。

ですが、原因を突き止めて解決できる問題であれば八方塞がりになる事を防げますので、ここでは、具体的にどうやって仕事の辛さを乗り越えていくのかを紹介していきます。

我慢せずに先ずは人に相談する

仕事が辛く感じている時ほど、視野が狭くなっている事があるのかもしれません。

辛さを我慢するあまり、頭の中はマイナスな事ばかり考えてしまい、将来の不安や辞めたくなる思いが出てきてしまう事があります。

そういった時は、我慢せずに人に相談してみるのが気持ち的にもスッキリしますし、解決に繋がるかもしれません。

親しい友人がいるのであれば仕事の悩みを打ち明けたり、家族に打ち明けてみたりするのもいいでしょう。

ただ、先ほど辛さを感じる理由のところで「みんな辛い」という話題に触れましたが、こういった事をいう人は大抵、職場の上司や同僚の場合が多いですので、同じ仕事仲間に相談するのはおすすめしません。

やはり、第三者からの立場からの意見ですと、物事の見方も変わってきますので、なるべく仕事と関係ない人に相談するといいでしょう。

相談して解決に至らなくても話すことで、気持ちもスッキリしますので、辛い気持ちを溜め込むよりはいいのではないでしょうか。

あまり将来の事は気にしない

本当は仕事を辞めたいのになかなか辞められない人の心理としてあるのが「将来への不安」ではないでしょうか?

ただ、あまりに将来の心配をしすぎると、不安が蓄積し、冷静に現状を判断できなくなってしまうので、心配のし過ぎはあまりよくありません。

仕事が辛く感じているのは今の職場環境に問題があるのかもしれないので、将来の心配よりも先ずは現状をしっかり判断しどう解決するかを考えるべきです。

未来の事は誰にも分りません。たとえ、転職をしたところで良い環境に巡り合えるかそうでないかも実行してみないと分からないのです。

将来を不安に思う気持ちも分からなくないのですが、先ずは現状を解決するに向けてどう対処するのかを考える必要があります。

そのためには、先ず物事を冷静に判断することから始める必要がありますので、冷静になるためにも将来への不安はなるべく避け、今の環境にフォーカスするようにしましょう。

解決できる問題は実行してみる

仕事の辛さを乗り越えるためには、先ず解決できる問題であるのかどうかを判断する必要があります。

例えば、仕事の内容や人間関係に不満があるのであれば、上司に相談し異動をお願いしてみたり、仕事以外で楽しみを見つけてみたりするのもいいかもしれません。

その段階を踏まえたうえで、まだ仕事に辛さを感じるようであれば、転職をしてみるのも一種の手です。

ただ、そうなると生活への保障も考えなくてはならないので、転職、退職をする際は転職後の生活をある程度予想しておくといいでしょう。

もし、それである程度大丈夫だと目星がついたのであれば、転職を考えてみるといいのかもしれません。

勢いで転職するのは生活への危険が伴いますので、今後の生活のためにも解決できるものは解決への行動をし、それでも解決できなければ、仕事を変えてみるといいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は仕事が辛いと感じる理由からそれをどう乗り越えるのかに関して具体的に紹介していきました。

仕事の辛さを乗り越えるためには、先ずどうして辛いのかをしっかりと原因を突き止める必要があります。

その上で解決できる問題なのかを判断し、解決できるものであれば解決に向けて考え方を改めたり、行動したりすると辛さも徐々になくなってくるようになります。

ただ、辛さ状況に身を置いていると我慢しすぎて正常な判断ができなくなってしまってしまう事もあります。

そういった時は無理をせず、身近な人に相談してみるようにしましょう。

やはり、仕事よりも自分自身が一番大切ですからね。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す