嫉妬されやすい人に共通する理由、特徴から対処の仕方

普段と変わらない日常生活を送っているにも関わらず、何故か嫉妬の対象になっているように感じる事はないでしょうか?

自分が相手に対し嫉妬してしまう人がいるのに対し、嫉妬される事に悩んでいる人もいるようです。

「嫉妬してくる人なんて無視すればいいんだよ」

そう言われたとしてもどうしても気になってしまうかと思います。

そこで、今回は嫉妬されやすい人の共通点から注意点を紹介していきます。

スポンサードリンク

嫉妬される理由とは?

自分では嫉妬されるようなことがないと思っているのに、嫉妬されているように感じてしまう。心当たりがないのにそう感じてしまう事はありませんか?

一見すると嫉妬される事で悩むことがないように思えます。

注目されなければ嫉妬される対象にはならないため、嫉妬される事は必ずしも悪い事ではありません。

ですが嫉妬心から人を批判したり、陰口を言ったり、いじめたりする人もいるので、嫉妬される事が必ずしも良いというわけではないのです。

嫉妬される人というのは何かしら強みを持っています。

経済的に豊かであったり、学歴があったり、容姿が整っていたり、優しい人であったり。

数えるときりがありません。嫉妬されるのには、理由なんてものは存在しないのかもしれません。

嫉妬される側は何も悪い事をしているわけではないため、たまったものではありませんが、嫉妬から人を批難してくるがいるという事を心得ておく必要があるでしょう。

嫉妬から他人を批難する人の心理

嫉妬せずにはいられない人は、何かしらコンプレックスを抱いています。

自分に備わっていないものに劣等感を抱いているため、備わっている人を見つけては批難し優越感に浸るのです。

嫉妬される人には心当たりがないのも当然です。

嫉妬する側が嫉妬から自分自身の事を見えなくなってしまっているから、批難するのです。

あまりに人に対し嫉妬してしまうと、自分自身の事に目を向けなくなってしまうのです。

スポンサーリンク

嫉妬されないようにするには?

受け流す、気にしない

というのも嫉妬される原因が分かったところで、どうしようもないからです。

たとえ、収入が多い事に嫉妬されている、恋人がいることに嫉妬されていると分かったところで、収入を減らさなくてもいいわけですし、恋人と別れる必要もないのです。

そういった原因を気にして気分を害してしまうよりは、嫉妬されることを気にしないのが精神衛生上、正しい選択かと思います。

たとえ陰で噂話をされたとしても、気にしない。人を批難することに優越感に浸る人やマイナスな方向へ引きずり込む人は必ずいるのですから。

そういった噂話を受け流すことこそが案外効果的でもあったりします。気にしない事で諦めていく事もあるのです。

距離を置く

もし友人等の親しい関係から嫉妬されているなと思ったのであれば、距離を置いてみるといいかもしれません。

というのも、嫉妬の対象は嫉妬する人によって異なるため、嫉妬される理由で悩まされている場合は、その人から離れてみるのも効果的な対処法です。

あまりにも嫉妬されているのに限界を感じ、理由を考えても見つからない場合は、距離をおいてみるのもいいかもしれません。

嫉妬されるという事は魅力がある証拠

いかがでしたでしょうか?

嫉妬される理由は千差万別ではありますが、嫉妬されるという事は魅力があるとも言えるのではないでしょうか。

魅力のない、何も特徴もない人でしたら嫉妬される事もありませんし、嫉妬する側も気にも留めないかと思います。

そう考えてみると嫉妬されるという事についてあまり重く悩む必要もないのかもしれません。

誰にも気にも止められないよりは嫉妬されるほど気に留められる、魅力あると思う方が健全かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です