劣等感をなくすのに効果的な4つの方法とは?

劣等感がある方は日々悩まされているかと思います

「なんで自分はあいつよりできないんだ」

「もっと自分はできるはずだ」

と自分を責め続けてしまい最終的には自信もなくなってしまいます。劣等感というのはなかなか消えるものでもないため、下手をしたら何年も悩み続けてしまうかもしれません。

そこで今回は劣等感を克服させる三つの方法を教えていきたいと思います。

スポンサーリンク



劣等感がある人ほど周りのせいにする

劣等感を抱く人ほど周りの環境のせいにしてしまいます。これは自分を正当化しようとする考えでもあり、自信のなさの表れでもあります。「自分は悪くない」「あんなことが起きなかったら今はうまくいってたのに」と心のどこかでそう思っているのです。

しかし、自己正当化をしても何も変わりません。たとえどんなに相手を羨んでも過去の出来事に執着しても現状は何も変わらないのです。そう考える時間と労力があるなら何か自分が成長しそうなことに挑戦したほうがいいです。

劣等感を抱くことは悩むことと同じです。劣等感を抱き、悩み続けるのですが悩んでも一向に劣等感は消えないと思います。それは自分の弱さ、自信のなさをきちんと受け入れていないからです。

その弱さを受け入れると悩むこともなくなり劣等感も徐々に消えてくるのです。弱さを打受け入れることは人を成長させてくれます。弱さを受け入れた人こそ本当にすごい人なのです。

劣等感を克服する3つの方法とは?

常識に惑わされない

困る

劣等感というのはなぜ生まれるのでしょうか?「劣等」を辞書で調べてみると「平均的な水準のものと比べて劣っていること」と書いてあります。

ここでいう平均的な水準とはおそらく統計のことを表していますがここでは世間一般の常識というのが妥当だと思います。

つまり世間の常識、基準と比べてしまい劣っていると感じてしまうのですね。ではこの常識や基準とは誰が決めたものなのでしょうか?それは誰も決めてなんかいません。自分が思っているだけです。

たとえば、昔の常識として男は家族を支えるために働き女は家事をするというものがあります。しかし、今ではそういう人は多いでしょうか?現在では働き方も多用し男でも主夫となって家事をしたり女の方でも普通に働いています。

常識というのも時間が経つにつれて変化していくのです。その変化に便乗して自分も乗っかる必要もなくただの意見としてとらえてみましょう。

少し話がそれてしまいましたが、常識に惑わされたりするというのは単なる自分の妄想なのですこうだからダメだ~」というのはこの世の中には存在しません。

そう思っているのは劣等感を持っている人自身なのです。たとえ一般的な水準より劣ってたとしても周りから馬鹿にされたりするでしょうか?おそらくそんな人はいないと思います。

なのであまり自分と周りの評価を比べないようにしましょう。おそらく劣等感がある人ほど比べる癖がついています。この癖はなかなか消えるものではありませんが少しずつでいいので改善していきましょう。

スポンサーリンク




他人と比べない

悔しい、ストレス

先ほど劣等感の意味を書いた通り、何かと比べてしまうから劣等感を抱き落ち込んでしまうのです。なら比べなければいいだけの話です。そんな簡単に言ったって比べてしまうと思うかもしれません。

では、他人と比べて何かいいことはあるのでしょうか?それはないと思います。

仮に自分より優れている人でもそれが数年と続くでしょうか?その優れている人でも挫折や失敗は当たり前のようにします。そういった一面もきちんと見てみないとわからないものです。

劣等感がある人ほど他人の良い面ばかりを見る傾向があります。自分より優れていると思っている人が陰ですごい努力をし、成功を勝ち取ったとしてもその人の勝ち取った結果しか見ないのです。

その結果を見て「あいつは才能があるから成功したんだ」「自分には真似できない」と半分あきらめのような気持ちになってしまうとそれがいずれ劣等感となるのです。

そもそも他人と比べること自体無意味なことです。劣等感がある人はそのことに気付いていないだけなのかもしれません。

自分がこの先「どうなりたいか」を見つける

達成

みなさんは自分の人生の目標というものはありますか?一生に一度の人生なら自分が思う通りに生きたいと思いますよね。そういった自己実現のためには明確な目標というものも必要です。

仮に目標の通りにいかなかったとしても長い人生ではいつか成功しているかもしれません。

しかし、どうしても人は短期的な欲求に弱いため目先のことばかり気にしてしまい、目標を見失ってしまいます。

そうならないために何か目標となる事を紙に書いてみましょう。

紙に書くという作業は一見めんどくさい作業ですが自分のモチベーションをあげるのには効果的です。目標が達成できないようならまた書き直せばいいのです。

なぜ紙に書いて目標を立てることをおすすめしているかは自分がこれからやるべきものを忘れないためです。

劣等感がある人は「自分がどうなりたいか」というのを忘れているのです。劣等感という癖を治すには「どうなりたいか」を見つけ、その目標に向かっていくことで解消されます。

目標がないと人は自堕落になってしまいます。そんなときに自堕落な自分と相手を比べてると相手がより輝いて見えてしまうのです。自堕落な自分とうまくいっている相手を比べてそれが癖になりいつしか劣等感に悩まされるようになるのです。

しかし、一つなにか目標となるものを見つけるだけで人は変わります。それはその目標を達成したいという気力が湧いてくるのです。その目標に向かって一歩ずつ前進していくうちに他人と比べることも忘れ劣等感も気にしなくなっていくでしょう。

まずは何でもいいので自分がこれから成し遂げたいことを紙に書き、その通りに実行していきましょう。そうすると劣等感も克服でき、頑張りたいという気持ちが芽生えてくるでしょう。

 まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は克服法を4つほど書いていきましたがみなさんよく忘れがちなのは「自分らしさ」です。

自分らしさや自分軸がしっかりしている人は他人のことなどきにせず黙々と進んでいきます。でも、他人の目を気にしてしまう人はそういった軸が備わってないのです。

自分の軸を持っていると他人と比べることもなくなり、目標に向かっていくことができるようになります。劣等感がある人は自分の軸を失っているのかもしれません。その軸を見つけていかなければならないのですがそう簡単に見つかるものでもありません。

しかし、今回書いた克服法をお試しになってみると段々と自分の軸が形成されてきます。自分の軸が見つかったらあとはもう大丈夫です。劣等感を抱く心配もありません。

そのことに気づくのも自分なのかもしれません。周りがどう言おうと自分の軸がない人は一向に劣等感に悩まされるでしょう。そうならないためにも劣等感と本気で向き合うようにしましょう。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す