劣等感に苦しむ方へ。劣等感になる原因や特徴を理解し、解消していきましょう。

劣等感の強い人というのはある種のこだわりというものがあります。こだわりとは人それぞれの価値観といってもいいとです。劣等感が強い人は勝負へのこだわり、価値観が強いため自分を苦しめているのです。

じつは、その背景には「競争」という劣等感を生み出す種があります。競争しなければ比べるものもないわけで劣等感というのはなくなります。

では今回は劣等感がの原因である競争についてを書いていきたいと思います。

劣等感を生み出す原因とは?

劣等感を生み出す社会構造

a0002_000154

今の世の中、変化の激しい時代ということもあり多くの人がぎりぎりで生きています。学校を卒業して社会人になると会社に身をゆだねて社員として働くかと思います。

じつはその中で競争という名の生き残りの世界があるのです。一昔前の話をすると学校を卒業したら正社員として安定な収入を得て、家族を養うことができました。

会社の制度も年功序列で給料が決まり、年を重ねることにつれて賃金も上がることができました。下手なことをしない限り会社をクビになることもなかったのです。

しかし、景気が悪化すると安定的な収入がなくなります。そして企業同士の競争の始まります。

競争というのは勝敗をつけることなので「勝つ人」「負ける人」が出てきます

競争で勝てばいいのですが負けてしまうと負けた悔しさもあり劣等感という価値観が生まれてしまうのです。

今では「勝ち組」「負け組」とよくわからないレッテルを張られたりすることがあるのですが、それだけ勝ち負けに執着する人が増えたということです。私たちが生きている社会は競争社会であることをしっかりと理解する必要があります。

競争させる教育も原因の一つ

机

じつは教育の世界でも競争があります。先ほど景気の良い時のお話を書きましたがその時代には「大卒」や「高卒」といった学歴の優劣はあまり見られませんでした。

企業側も人員を確保するときには高卒の人も取っていましたし大学を出るという人も今と比べて少なかったのです。高卒が当たり前で大卒が珍しいといった感じです。では現代ではどうでしょう。

高卒で働くこともできることはできますが昔と比べて求人数が減ってしまいました。本格的に学歴社会が始まり、企業側が大卒をほしがるようになったからです。

大企業では学歴を判断材料としているところが多く大学のランクが高い大学生をほしがっています。

では、なぜ学歴にこだわり始めたのでしょうか?それも競争が関係しています。企業側の競争が激しくなったため率先力となる人を求めるようになりました。それには高校を卒業した手の人より、大学を出てより学んでいる大学生をとるほうがいいと考えたのです。

大企業にいきたい学生はより良い大学に入りたいと小学校~大学まで必死に勉強を始めます。つまり社会の変化が教育の場にも表れているわけです。

私も大学受験を経験していますが、友人の中には高校一年生の頃から塾に通っている人もいました。私はそこまで大学のことを気にしていなかったので高校三年生に入ってから塾に通い始めましたが入ってみるとレベルの差の違いに愕然しました。

当然、授業についていくだけでも精一杯だったので個人的に質問したりして対応しましたがそれでもついていけない時もありました。

私が在学していた高校は、そこまで大学受験に力を入れていなかったため基礎的なものまでしか教えてもらえませんでした。おそらく、現代の学生のほとんどが学校に通うことと同時に塾に通っていると思います。そうしなければ大学受験に受かる事ができないとわかっているからでしょう。

しかし、受験も競争の一つです。自分の進路を目指すために勉強するのはいいことですが、ただ名の知れた大学に入ってみたいと思うだけでは大学生になったときにやりたいことが見つからなくなってしまい、路頭に迷ってしまうでしょう。

じつは教育の段階で競争ごとがあるために劣等感が生まれることもあるのです。

競争は劣等感を生み出すシステムということを理解する

競争というのは勝ち負けが出るものですが勝つ人よりも負ける人のほうが多くなるのです。それはなぜかというとトーナメントを想像してみてください。

一位、二位、三位と順番に並んだときこの中で一人勝ちしている人は誰でしょうか?それは一位の人です。一位より上は存在しないからです。ではここでいう負けとは二位、三位の人になります。

仮に競争のことだけを考える人だと「一位になれなかった」と後悔するでしょう。でもここでマイペースな人が二位、三位だったとします。

そういうかたはおそらく「自分なりによくできたな」と思い満足するでしょう。競争というのは敗者を増幅させるシステムでもあり劣等感を生み出すものでもあるわけです。

 劣等感がある人の特徴

相手のいい点ばかりを見る

悔しい、ストレス

劣等感を持つということは無意識に自分と相手を見比べているのです。そうしたときに自分の欠点、短所と相手のいい点、長所を見比べて落ち込んでしまうのです。

当然ながら人にはそれぞれ違いがあります。たとえば、容姿のこと、学力のこと、お金のことなどそれぞれ異なる点があるわけですが劣等感がある人ほど相手のいい点ばかりを見ては落ち込んでいるのです。

しかし、人には長所や短所が存在します。どんなに優れているように見えても違う側面からみると欠点が見つかっていくものです。このことに気づかないと当然相手のいいところしか見なくなります。

そうやって比べないようにするには比べないように意識するしかありません。まずは相手のいい点ばかり見ていないかを確認し、その癖を少しずつ治すようにしましょう。そうすると自然と比べることもなくなります。

自己肯定感が低い

肯定感

劣等感があるということは自身のなさの表れでもあります。劣等感がある人ほど自己肯定感がなく自信もないため、自分の悪いところや短所を受け入れることができないのです。そうしているうちに劣等感が増していき、どんどん悩んでしまうのです。

そこで劣等感がある人は自信をつけたりする必要があるのですが、なかなかすぐに改善できるものでもありません。「明日から自信持て」と口で説明しても無理なものは無理ですよね。

そこでとにかくプラス思考になることを思うようにしましょう。自己肯定感が低い状態はいわばマイナス思考な状態です。そのマイナスをプラスに持っていけばいいのですがなかなか難しいものでしょう。でも少しずつでもいいので自分の気分がよくなる事を考えていくとそのうちにプラス思考になっていくでしょう。

なかなか最初は難しいと思うのでこうしてみればいかがでしょうか?「一日一つ気分がよくなることを思い出す」ことです。これは訓練でもあり、習慣化することでもあります。プラス思考に持っていくには習慣化する必要があるので一日一つだけでいいので考えてみるようにしましょう。

まとめ

今回は「競争が劣等感を生み出す引き金」ということをお伝えしました。劣等感の原因には他人と比べることをしてしまうから悩んでしまうのです。

でも、少し考えてみてほしいのですが世界には自分より優れている人は何万人もいるし自分より劣っている人も多いのです。つまり比べること自体無意味なのです。

まずはそういう事を理解するために少し勉強をしてみると自分らしさも見つかると思います。ぜひ自分のペースを心掛けましょう。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す