思い込みをなくす方法とは?

思い込みとはある考えに対して執着してしまい自分自身を行動できなくしてしまうものです。

つまり自分の中であるルールや価値観を作ってしまいそれが現実に起きないのかを常に心配している状態です。

それをずっと考えていると精神的に疲れてしまいます。今回は思い込みをなくし、自分らしく生活できる方法を紹介してきます。

思い込みの原因を見つける

思い込みとは自分自身で何らかの価値観やルールを作りそれに縛られている状態です。そこでまずは思い込みの原因となる自分の価値観、ルールを見つけ出す作業が必要です。

おそらく思い込みとは自分の中で「~すべき、~しなければならない」という思考があると思うんです。そういった考え、思考をまずは見つけることから始めましょう。

そのほかには世間の常識や他人の思考を真似してしまい自分を縛り付けるということも思い込みです。

ここで一つ思い込みの例を紹介します。

世間一般の大学生の中では大学三年生から就職活動を行い、卒業前には内定をもらうという暗黙のルールがあります。いわゆる新卒就職というものです。

新卒で入社できない場合は卒業後に就職活動をしても難しいと考え、大学三年生~四年生の間に多くの大学生が必死に内定を勝ち取ろうとします。

その就職という競争の中でなかなか内定をもらえない方も当然出てきます。そういった方の中には「就活うつ」といった就活の行き詰まりや失敗のストレスが原因でメンタルが不調になってしまう状態にもなっているのです。

この例は学生の中の思い込みでもあり社会が勝手に決めたルールでもあります。思い込みが恐ろしいところは自分で自分を苦しめていることがわからないことです。

もしここで「~すべき、~しなければならない」といった思い込みが見つけられたなら違う道を探すこともできます。まずは原因を見つけることが重要です。

考える

スポンサードリンク



思い込みの原因を自問自答してみる

もし自分の中での思い込みの原因が見つかったなら今度はその原因に対して自問自答をしてみてください。原因となるものが本当に自分がやりたいことなのかを調べたり考えたりすると自分の中で新しい価値観が生まれ思い込みもなくなります。

先ほど大学生の思い込みを例に挙げましたがいろいろと生き方や価値観を調べていくうちに「本当にこのままでいいのだろうか」「自分がやりたいことってこれだっけ?」と自分の中で疑問に思うことが出てきます。

その疑問が見つけられたらあとは自分がやりたいことが見えていき思い込みもなくなっていくと思います。みなさんもぜひ自分で考え行動していく癖を身に着けましょう。

PAK23_soudapon20140503500-thumb-1000xauto-4582

まとめ

思い込みの多くは他人や世間の常識の影響が多いのかもしれません。思い込みは自分で自分を縛ってしまい生きにくくするものです。

そこで今回紹介した「原因を見つけ自分なりの考え、価値観を作る」という作業をしていただくと自然に思い込みという癖はなくなっていきます。みなさんもぜひお試しになってください。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す