思い込みが激しい性格を上手く改善できる5つの方法

「思い込み」には、プラスに働くものとマイナスに働くものの二つの作用があります。

プラスになる作用は、何か物事を始めるときにやる気が向上する効果があります。

その一方でマイナスに働く思い込みは、何か始めようと思っても

「うまくいくのかなあ」「失敗したらどうしよう」

と思い込んでしまい、なかなか行動に移せなかったり、ネガティブな感情に支配されることがあります。

おそらく「思い込みが激しい性格を改善したい」と思っている方は、マイナスな思い込みをしている方なのではないでしょうか?

そこで今回は、そのマイナスな感情を抱いてしまう性格、癖をどうやって改善していくのかを紹介していきたいと思います。

 思い込みが激しい性格を改善できる5つの方法

1、思い込みをする癖を自覚する

心配

思い込みが激しい人は、性格というよりは悩んだり、考えたりするが付いています。

癖は日々の繰り返しで身についてしまうものなので、あまり自覚しないところがあります。

そのためどういった時に思い込んでしまうのか、その原因が何なのかわからないのです。

なので、まずは癖があると自覚してもらうように何か考え事や悩み事があったら、

「この悩みは癖なんだ」「どうして悩んでいるのだろう」

と思い込みにアンテナを張るようにしましょう。

その身に着いた癖を見極めることが改善の第一歩となるでしょう。

 2、思い込んだらその事実を見つける

たとえ、思い込んだり悩んでいても答えは一向に出てきません。

どんなに悩みこんでいても何も解決できないのです。

思い込みが激しくて悩んでしまう方はこの事実を見落としてしまいがちです。

悩んでも答えが出ないという事実を見落としてしまうから何度も悩んだり、思い込んでしまうのではないでしょうか?

それならば、思い込んでしまうものの事実や答えを見つけてみてはいかがでしょうか?

今ではインターネットで気軽に相談することができますので、悩みを解決してくれる方に相談してみると良いかもしれません。

人によってものの見方は異なりますので、悩んでいるものが大したものでなかったり、単なる思い違いだったなんてこともあります。

おそらく事実が分からないから人は思い込んでしまうと思うので、思い込みが始まったらまずは自分なりにその事実を見つけるように努力しましょう。

3、視野を広げてみる

世の中には多様な考えや物の見方が存在します。

あなたが思い込んでいる物事の一つは、世の中にある多様な考えの一つにすぎません。

思い込みで悩んでしまう方は一つのことに集中してしまうため、頭の中はそれだけでいっぱいになってしまいます。

なので、もっと視野を広げて遠くから物事を判断する癖を身に着けていきましょう。

例えば、本には著者によって様々な考えや意見が書いてあります。

世間的に同じ考え方を持つ著者もいれば、反対の意見を述べる方もいます。

もし、あなたがたくさんある同じジャンルの本の中から一冊しか本を読まなかったとします。

その場合、あなたに身に着くのはその一冊に書いてあることだけになり、それがあたかも真実なように思えてくるでしょう。

その反対に、同じジャンルの本を何冊も読んでいる方がいたとします。

そういう方は、「こういった意見もあるのか」「こんなものの見方があるのか」と様々な方向から物事を捉えることができます。

つまり、思い込みというのは一つだけの事実だけにフォーカスしているということです。

そうならないためには、多くの考えや意見を聞いたり、調べたりして視野を広げていくと多様な考えが身に着いていくでしょう。

Sponsored Limk

PAGE 1 PAGE 2

コード スニペットをコピー

コメントを残す