職場や学校の人間関係でストレスがたまったときに使える解消法 発散法とは?

私たちが生きている現代社会はストレス社会でもあります。ふと周りを見渡してみるとそんなにストレスがないように感じますが確実にストレスの基になるものが存在します。それは人間関係のストレスです。

特に仕事や職場でのストレスはとても大きなもので社会に出てみるとストレスのたまり具合を実感するようになるでしょう。

そんな知らぬ間に抱えているものですが、常に抱えているとなるとあまりいい気分にならないでしょう。そのため、今回は人間関係のストレス解消法 発散法を紹介していきます。

スポンサードリンク



対人関係でストレスが溜まってしまう原因とは?

 

悩み

まずストレスの原因は何があるのかを考えてみると、おそらく大半は人間関係のストレスが多いかと思います。一人でいるのと他人と話をしているときは少なからず感情に変化があります。

一人でいるときは基本マイペースに行動したりできますが、対人関係になるとそうはいけません。相手に少なからず気を使ったり、相手のペースに合わせたりと相手のことを考えながら行動しなければいけません。

ストレスとは、変化があるときだけ起こるものです。友人と話すだけでも感情に揺れが起こり、楽しい気持ちやうれしい気持ちになることもありますが、相手の言動に反応してストレスを感じたりすることもあります。

そして人間関係を成り立たせるにはコミュニケーションが必要になります。もし、会話の途中で急に話を辞めてみたり、コミュニケーションを軽視してみたりすると相手はそのことにストレスを感じるかもしれません。

まずは人間関係はマイペースを崩されやすく、ストレスが溜まりやすいことを理解しましょう。だからといって人間関係を断つというのではなく、ストレスと向き合うことをしてみてください。ストレスの根源をなくすのではなく受け入れていくといつの間にかストレスに耐性ができ、なんも感じなくなるでしょう。

人間関係のストレスを解消してくれる4つの方法とは?

1、相手を必要以上に期待しない

良い人

人の性格は千差万別で自分に相性の合う人もいればそうでない人もいます。しかし、世の中の大半は自分と相性の合わない人が占めています。

今までの人間関係を想像してみればわかるかと思いますが、何度か相手とコミュニケーションをしていくうちに「この人と友達になりたい」と思えるような人や「あまり自分には合わないタイプかな」と思うこともあります。

その人間関係のうち、数少ないものが友達や恋人というものになり、自分の気を許せる関係になるのです。しかし、気の許せる関係だからと言っても相手の言動に腹を立てたり、行動が気に食わなくてイライラしたりすることもあります。

そうなってくると相手の言動や行動を無理やり変えることはできないので相手を必要以上に期待しないようにしましょう。何も裏切ることを意味しているわけではなく、大目に見ることも大事ということです。

あまり神経質になってしまうとストレスが溜まってしまうので気にしないようにして受け流すようにしましょう。「別に相手の意見だから気にする必要もないか」と受け流す姿勢は自分の軸を揺らすことなく、マイペースになれるでしょう。

2、他人は変えることができないという考えを持つ

先ほど人の性格は千差万別と書きました。性格とは人が生きてきた中で形成されたものであり、長い時間をかけて今の性格があります。その性格や行動を無理やり変えることはできないし、相手も他人の言うことは聞きたくないでしょう。

人は他人の力では変えることはできません。なので他人は変えることができないということを意識するようにしましょう。これは、ある意味あきらめでもありますが、相手を変えようとする努力をするよりはよっぽどいいのです。

他人を変えようとしても無駄な努力に終わり、逆にそれがストレスになってしまいます。そうならないようにこの考えを持つと良いのです。

私はこの考え方をいつも思うようにしています。ただあきらめているのではなく自分のペースを乱したくないので相手に無理に干渉もせず自然に接しています。

このことを理解することは、相手のことを理解していることと変わりがありません。なのであまり変に考えずにこの考えを持つようにしましょう。

3、相手と自分の価値観の違いを理解する

価値観

自分の行動は正しい、当たり前だと思ったとしても相手にとっては間違っていると否定されることもあります。もちろん自分に賛同してくれる人もいますが、非難する人も当然います。数的には五分五分と言っていいでしょう。

このことに気づかず「相手の意見は間違っている、おかしい」と思うだけでもストレスになるだけで何も解決にはなっていません。

そうならないように相手の価値観もしっかりと受け入れ、自分の価値観との違いを比較してみると良いでしょう。

人にはいろいろな価値観を持っています。その価値観の一つ一つを見るだけでも人生の教訓になったり学べたりできます。そのため、相手と自分の違いをしっかりと認識し、コミュニケーションや人間関係を取るようにしましょう。

4、ラポールを築く

ラポールとはあまり聞きなれない用語かもしれませんが、これは日本語でいう心を相手に開く、信頼関係を意味します。

ラポールを築くことは人間関係のどんな場面でも利用できますので、この考えをしっかり理解すると良いでしょう。

ラポールを築くテクニックとしてミラーリング、ペーシング、キャリブレーション、バックトラッキングといったなんだか難しい言葉が並んでいますが、要は相手と打ち解けるテクニックです。

これらのテクニックをやる前に相手を尊重したり理解する姿勢が必要になります。ラポールを築くとはコミュニケーションを円滑にしてくれるテクニックですので相手を信用や尊重をしなかったら人間関係は成り立ちませんよね。

具体的な方法やテクニックに関しては省きますがこちらを参照していただきお試しになってください。

NLP学び方ガイド NLP用語集

まとめ

今回、人間関係のストレスになる原因と解消法を書いていきましたが、ストレスをためすぎてしまうと心身ともに異常が出てしまうのであまり無理をしないでいきましょう。

ストレス解消法はたくさんありましたが今回は人間関係限定の解消法を書きました。どうしても人間関係のトラブルが多く、会社に就いている社会人でも人間関係が原因で退社してしまう人も多いようです。

そうならないためにも人間関係をうまく築くコツやテクニックを身に着けていき、ストレスがゼロになるように頑張ってみましょう。

私も人間関係にストレスを感じたときはこの記事に書いた方法を行っています。とても効果的ですのでぜひお試しになってください。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す