職場や学校の人間関係に疲れたときに励みになる6つの言葉と名言集

日々職場や学校で生活していると何かと問題になるのが人間関係です。職場、学校、部活、サークル、プライベート等、人が大勢いるところにはその分だけ問題もあります。 その中で多くの人が「人間関係に疲れた」と口にします。

人間関係の疲れのせいで嫌気がさしたり、人を避けたくなることもあるでしょう。

そういったときに励ましになる偉人たちの言葉や名言を読んでみると励みになります。

今回は偉人たちが残した言葉や名言集を集めてみました。これらの言葉や名言を読んで元気をもらったり、励みになったりしていただくと幸いです。  

スポンサーリンク



人間関係をよくするコツを教えてくれる6つの名言集

ジョセフ・マーフィー

あなたが他人について感じたり、考えたりしたことは、あなた自身の中で体験していることと同じです。したがって、自分についてこう感じてもらいたいと思うように、あなたも他人について思わなくてはなりません。 (名言集および格言集より)

相手のことをどうとらえているのか、思っているのかは自分が一番よく分かっているということです。 相手に好意を持ってもらいたい、自分をよく思ってもらいたいと思う気持ちは相手のこともしっかりと理解してあげる必要があるようです。

ついつい自分のことを優先してしまいがちですが相手のことも考えてあげると人間関係が円滑になっていくのかもしれません。自分のことを理解し、そして相手を思いやる精神が大事ということです。

アイザック・ニュートン

たとえ相手がつまらない人物であっても、額面どおりに相手をこきおろすよりは、額面以上に相手をほめる方が安全である。賞讃は非難ほど反撥されないし、少なくとも嫌がられないからだ。相手がお気に入りの事柄をほめちぎれば、たちまち相手は好感を持ってくれる。ただし他人を引き合いに出してほめるのは、避けた方がよい。名言集および格言集より)

人間関係の難しいところは自分の相性に合わない人との対応です。そういったときは相手を褒めてあげることが安全なようです。 褒められて嫌がる人はあまりいませんよね。

相手が好きなことを言ってみたり、相手を思いやることで自然と相手のほうから心を開いてくれるでしょう。そうするとぎこちない人間関係もなくなり、対等な立場でコミュニケーションが取れるでしょう。

ウィンストン・チャーチル

誠実でなければ、 人を動かすことはできない。 人を感動させるには、 自分が心の底から感動しなければならない。 自分が涙を流さなければ、 人の涙を誘うことはできない。 自分が信じなければ、 人を信じさせることはできない。癒しツアーより)

これこそ対等な人間関係を思わせるような言葉ですよね。自分の感情と相手の感情はつながっていることを意味しているようです。

自分が相手のことを疑ったり、信じたりできないようでは相手も心を開いてくれません。でも、自分が相手のことを信じることができれば相手も自分のことを信じるようになります。これこそが人間関係を成り立たせる根源でもあるようです。

スポンサーリンク




谷川俊太郎

自動車が走ることは複雑なことだ。しかし人間が歩くことの複雑には遠く及ばない  (魂を熱くさせる名言・格言集より)

詩人である谷川俊太郎の名言ですが、自転車と人間関係を比較するという大胆な名言です。自転車は自分の力で前へ進むことができますが人間はそうはいきません。 人が前進するとなると自分一人では困難なので誰かの助けが必要になります。そういったときに人間関係が出てくるのですが、自転車と異なり人間関係は複雑なものです。

相手のことも考えないといけないし、自分のわがままを通すわけにはいけませんよね。そういった複雑な関係があってようやく前に進めることができるのです。 自転車好きの私はこの格言の意味がよくわかります。自転車は一人で動かすものなので単純で操作しやすいものですが人は人間関係や感情という複雑なものばかりです。 これはなにも体力やスピードのことを言っているのではなくおそらく「気持ち」の複雑さを表しているのでしょう。

斎藤茂太

人と会うのが苦手な人の大半は、 相手と打ち解けるのに時間がかかるものだが、 それは出会いの一瞬に 相手に対する親愛の情を示さないからだ。魂を熱くさせる名言・格言集より)

精神科医の方が残した名言ということもあり、とてもわかりやすく、ためになる名言です。人間関係を築き上げるのにはとても時間がかかるものです。しかし、出会いの一つ一つをおろそかにしてしまうとさらに築き上げるのに時間がかかってしまいます。

そうならないように出会いの一瞬を大切にし、相手に感情を開いてみると相手のほうも自分に好意を持ってくれます。人と会うのが苦手な人ほど出会いの一瞬をおろそかにしているのかもしれません。人と会うのが苦手な人は、この名言を読んで気づいていただけたら幸いです。

ゲーテ

性に合わない人たちとつきあってこそ、 うまくやって行くために自制しなければならないし、 それを通して、われわれの心の中にある いろいろ違った側面が刺激されて、 発展し完成するのであって、 やがて、誰とぶつかっても びくともしないようになるわけだ。癒しツアーより)

世の中には自分と相性が合わない人は大勢います。そういった人との関係は疲れたり嫌になったりしてしまいがちですが少なからず人と会うことだけでも刺激があるものです。

たとえ自分の感情を抑えるような場面が出てきたとしても耐えている分だけ自分に十分な刺激を与えてくれるのです。そうやって場数をこなしていくうちに頑丈な人間ができていくのです。

私たちが生きていく一生の中では多くの人と出会いを繰り返します。その出会いの数々は私たちに刺激を与えてくれて成長の糧になるのです。なので人間関係に疲れるのはわかりますが自分の成長のためだと思えばそれほど苦ではなくなるでしょう。

まとめ

自信 いかがでしたでしょうか?

今回、偉人たちの言葉と名言を紹介していきましたがとても刺激になりためになる名言が多かったと思います。 名言を残している方々は私たちの人生の先輩でもあります。その方々が生きた一生を名言に残しているというのはとてもありがたいことであり感謝しないといけないと思います。

なぜわざわざ名言を残したのかは後世の人たちに人生の意味を分かってほしい、気づかせたいという思いがあったからだと思います。人間関係に関して名言を残したということはこの偉人達も人間関係の難しさをよく理解されているからです。

その難しさを多くの人にわかってほしい、理解してほしいと思い、名言を残しているのでしょう。 人間関係が疲れた、めんどくさいと思う気持ちはどんな人でもあるということがわかりましたでしょうか?

どんな人や偉人でも少なからず悩みがあります。その悩みを共有していくと励みになり元気を与えてくれるでしょう。 私もなにか困ったときは人に相談したり、悩みを解決してくれる本を読んだりしています。名言を読むこともそういった感覚と同じです。

なので、なにか困ったことがあったら偉人たちが残した名言を読んでみると良いでしょう。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す