人間関係がうまくいかない人に共通する5つの特徴、原因とは?

「人間関係がうまくいかない、続かない」と悩んでしまう人はたくさんいます。

よほどの人嫌いでない限り、人との関わりは大切にしたいし、長く付き合いたいのが悩んでいる人の本心だと思います。

ただ心の中ではそう思っても、話すことが苦手だったり、人見知りしてしまったりと

なかなか人間関係がうまくいかないことで自分を責めてしまうかと思います。

学校、職場と人との関わりがある以上、人間関係がうまくいかない人にとっては生きづらさに直結するものですが、

人付き合いがうまくなるには、まず自分自身の特徴や人間関係がうまくいかない理由を理解する必要があります。

そこで、今回は人間関係がうまくいかない人に共通する特徴をいくつか紹介していきます。

スポンサードリンク



人間関係がうまくいかない人の5つの特徴

「本当はもっと人と関わりが持ちたいのに、なかなかその勇気が出ない」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

なかなか自分の本心を相手に打ち明けられないとなると、それはとても苦しいものです。悩みも打ち明けられずにいてしまうと、自身の性格にに矛先が向いてしまい、自分自身を傷つけてしまうことになってしまいます。

ですが、意外にも世の中には人間関係で悩んでいる人はたくさんいます。周りの人たちも同じように打ち明けられずに悩み続けているのかもしれません。

では、人間関係がうまくいかないと悩んでいる方に共通する特徴はどういったものなのかを見ていきましょう。何か共感するものが見つかるかもしれませんので、参考にしてみてください。

自信がない

TAKEBE055122916_TP_V

人間関係がうまい人は、自信に満ち溢れています。

ここでいう「自信がある」というのは、「自分のことが嫌いではない」ということです。

というのも、自分のことを好きになれないのに他人に気を使ったり、思いやることができないと思うのです。

自信がないとは、言い換えれば「自分を信じていない」ことです。まず自分を信じないで、他人を信じることができるのかどうかと私は思います。

自信がないのにはたくさんの原因がありますが、自信がないと人付き合いにおいてもマイナス思考が働いて積極的になれなくなります。

積極的に人と関われないから、「人間関係がうまくいかない」ことに直結してしまうのです。

周りの空気を読みすぎる

人間関係がうまくいかない人に共通するのが、周りの空気を読みすぎることです。

例えば、学校、職場、サークルなど人が多くなれば多くなるほど、周りの空気を読んで自分の話ができなくなったり、周りに合わせて相槌をするだけで終わったりと

空気を読みすぎる人は周りの雰囲気を読むのはうまいのですが、なかなか自分の話題に持っていけないことがあります。

世間的には周りの空気を読む人が好まれていますが、当の本人にとっては周りに合わせるのが息苦しく感じるのです。

ただこういったタイプの人は1対1の関係になると、相手をきちんと大切にするので集団行動は苦手だけど少人数のほうがうまく人付き合いができるのです。

周りに合わせることだけが人間関係を築くことではありません。

人それぞれ、人との付き合い方にも個性があるので、周りの空気を読みすぎる人は少人数の人付き合いを大切にすることをおススメします。

スポンサードリンク




相手の心境を気にしすぎる

N112_hooduewotukujyosei_TP_V

相手の心理または思っていることを気にしすぎてしまう人は、おそらく人間関係がうまくいかないかと思います。

というのも、相手の顔色を覗うあまり自分の意見を言うのが臆病になり、結果として相手の意見に合わせるだけになるからです。

おそらく、心の中で「こんなことを言ったら相手は怒るかな」「私が話したことが相手の気に障ってしまったかな」とマイナスな想像をしてしまうのです。

ある意味「思いやり」のように見えますが、これだと単に「相手に合わせているだけ」ともとらえることができます。

相手に合わせすぎたり、気にしすぎてしまうとそれだけでも疲れてしまうので、結果として人間関係がうまくいかないと思ってしまうのです。

相手に心を開くのが苦手

人間関係がうまくいかない人は、相手に心を開くのが苦手です。

というのも、自分自身が心を開かなければ当然ながら相手側も心を開きません。話をするにしてもなんだか表面的な話になってしまい、あまり深く話はしないで終わってしまいます。

相手に心を苦手なのは、言い換えると「人見知り」なのですが、あまりそっけない態度をとったり、相手に冷たくすると人見知りすることに慣れてしまい、うまく人間関係を築けなくなってしまうでしょう。

人見知りを治すには、それ相応の苦労が必要ですが、きちんとあいさつするだけでも相手に印象を与えるので、少しずつ改善すると良いでしょう。

自分の話だけをしすぎる

freee151108008528_TP_V

自分の話をしすぎるあまり、相手がそっぽを向いてしまうことがあります。

相手にとっては、「自分の話を聞いてくれない自己中な人」だと思われてしまうので、あまりいい印象を与えないでしょう。

こういったタイプの人は、「周りの空気を読みすぎる」タイプとは真逆で、自分の意見を突き通してしまうあまりに周りが見えなくなっているのです。

人間関係がうまい人は、きちんと相手の意見を聞き入れながら自分の意見もはっきり言います。

なにも自分の意見を一方的に突き通すことだけが人間関係を良好にさせる秘訣ではなく、お互いに尊重するのが大事なのです。

自分が正しいと突き通すのは、ただの「押しつけ」ですので、相手にとってはマイナスな印象に思われるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は人間関係がうまくかない人に共通する5つの特徴を紹介していきました。

紹介してきた特徴の中で共通するのが「自分自身が原因」ということです。もちろん全てが自分のせいではないのですが、

気付かないうちに相手に悪い印象を与えているのかもしれません。

ただ、自分がどうして人間関係がうまくいかないのかと気付くだけでも、原因や特徴をきちんと理解できるので、その気付きが人間関係がうまくなる一歩になるでしょう。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す