職場、学校と人間関係がうまくいかない人に共通する原因と特徴とは?

人の悩みの大半は、人間関係に関する悩みが多いです。その中でも人間関係がうまくいかないという悩みは多くの人を悩ませている原因になっています。

人間関係をうまく築くのに、よく人間関係を円滑にするテクニックやコミュニケーション力を補う方法がありますがそのような方法を学んだとしても人間関係が必ずしもうまくいくとは限りません。

そういった場合、もしかしたら無意識に人間関係がうまくいかなくなる原因を自分で作っているのかもしれません。

今回は、人間関係がうまくいかない人に向けて原因や特徴を理解していただくようにいくつか原因となるものを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



人間関係がうまくいかない5つの原因と特徴とは?

人間関係がうまくいかない人は自分では気づきにくい癖があります。人間関係をうまく築くのには、様々なコツやテクニックもありますが、まずは自分の性格をしっかりと理解し、今までどうやって人と接してきたのかを自己分析していただく必要があります。

たとえば、昔から人間関係を築くのが苦手だったという人は、自分がもしかしたら相手に心を閉ざしていたのか、何か悪いことをしたのかというように過去にさかのぼって考えていくのです。

そうやって過去をさかのぼっていくうちに自分の性格や癖が見えていきます。その性格や癖を変えることはできませんが、そのことを意識してくだけでもだいぶ変わってきます。そのことにまずは気付くことから始めましょう。

人間関係に対して苦手意識がある

辞める

人間関係がうまくいかない人ほど苦手意識を頭の中で働かしてしまいます。無意識に人と会うのを避けてしまったり、どうせ自分には無理と決めつけているのです。

苦手というものは自分で決めていることにすぎません。相手が決めているわけではなく、自分が無意識にそうさせているのです。

私の場合、人間関係ではありませんが野菜のニンジンを食べることが苦手でした。生でニンジンを食べることが苦手で今でも食べることができません。

なぜ、ニンジンを食べることが苦手になったのかは過去に生でニンジンを食べてその味を知ってしまいそれが原因で苦手になってしまったのです。

この苦手意識は今でもなくならないのですが、ある工夫をしてあげることで食べれるようになりました。それは調理をすることです。ゆでたり、いためたりしてみると嫌いだったものでも平然と食べれることができました。

人間関係も同様で苦手というのは過去の経験からきているものです。その苦手ということを認めてあげると新しい人間関係の築き方やうまくいく方法が閃いていくのです。まずは苦手意識がある事を認めてあげることが必要なのです。

スポンサーリンク




自ら相手に心を開かない、閉ざしている

人間関係がうまくいかない人ほど相手に心を開くことが苦手です。真面目な人ほど相手に気を許すことが苦手なため、どうしても表面的で、建前の関係になってしまうのです。

そうなってしまうとプライベートで人間関係を築こうとしても表面的な関係のままその場だけの関係で終わってしまいます。仕事や職場では、表面的で建前のある関係でも成り立つのですが、プライベートになると表面的な関係では苦しくなってしまいます。

表面的な関係はどうしても堅苦しくなってしまうので相手側も心を開くことはありません。人間関係は一対一の関係が多いので自分が心を開いていないと相手も当然自分に気を許すことはないでしょう。

真面目な人ほど建前だけでやり取りをしてしまうため十分な注意が必要です。

常に相手の顔を伺い、様子をみている

顔をうかがう

相手の顔をうかがってしまったり、様子をみていると自分らしさを出せずに人前でも堂々とした態度が取れなくなってしまいます。

常に相手の態度や言動を気にしてしまうので、もしかしたら自分が何か悪いことでも言ったかのような錯覚にとらわれてしまうのです。そうなってしまった場合、相手を信用したくてもなかなか信用できないでしょう。

相手の対応をうかがうことは円滑な人間関係を築くのには大事なことですが、うかがいすぎるとかえってうまくいかなくなってしまうのです。

そうなってしまうと人と話すのが臆病になってしまい、いつまだ立っても自分を出せない状態になってしまうのです。

自分の意見ばかりを通し、相手の言うことを聞かない

自分の意見を通すことは悪いことではありませんが、自分を主張しすぎると相手側もうんざりしてしまいます。

人間関係がうまくいかない人の中には、他人の意見を聞いたりせずに周りの環境に合わせるよりも自分ばかり強調してしまう人がいます。

自分の意見を主張することは正しいことですが、周りの空気を読むことが前提で意見を言うべきなのです。

人間関係は、自分一人の世界ではないため相手の意見もしっかりと聞かないといけません。自分の意見ばかりを通す人の心境はおそらく「自分の言うことがすべて正しい」と思っているのでしょう。

しかし、人にはいろいろな価値観を持っています。たとえ自分とは違う価値観を持っている人が現れたとしてもそれが間違っているのか、正しいことなのかは誰にもわかりません。

巷では周りの環境に適さない人を「KY(空気が読めない)」という言葉が使われていますが、空気を読まないのも問題なのです。なので、自分の意見を言うときは周りのことも考えて発言するようにしましょう。

自分に自信がなく、自分のことが嫌いな人

自分に自信がない人は、当然ながら人間関係がうまくいかないものです。それは、自分を思いやる気持ちがなく、自分のことを好きになれないからです。自分のことを思いやる心がないのに相手のことを思いやる事は当然できないのです。

そのため、まずは自分を好きになる事から始めていく必要があります。自分に自信がないと発言するにもうまくしゃべれないでしょう。

コミュニケーションは相手を思いやる事も大事ですが、それは自分に自信があるのが前提の話です。

思いやりという言葉を調べてみると、「自分の身に比べて人の身について思うこと、相手の立場を理解すること」とあります。この「自分の身と比べる」ということは自分自身を信頼できていないとできないことです。

自分の意見が正しいのかわからないのに相手にアドバイスすることはできませんよね。マイナス思考は相手との距離を遠ざけてしまうものなのでなるべく払拭するようにしましょう。

まとめ

今回、人間関係がうまくいかない人の特徴を紹介していきましたが、これらの原因や特徴を理解していただくだけでもだいぶ変わってきます。それは、この記事で書いたことを意識して相手とコミュニケーションを取る際に注意していただければいいのです。

人間関係が苦手な人はコミュニケーションの場に出向くことが苦手です。苦手意識が働いてしまい、人のいるところから遠ざかってしまうのです。

しかし、いくら遠ざかっても一向に改善されるものではありません。コミュニケーションがうまい人や人間関係が良好な人は人がいる場所に出向き、人とコミュニケーションを取る回数を増やして上達しているのです。

人は経験をしない限り成長はできません。たとえコミュニケーションの場に出向き、何もしゃべることができなかったとしても出向いた勇気を褒めてあげればいいのです。そうしたら「ちょっとずつがんばろう」と思えてくるのであとはその繰り返しになります。

なので、あまり苦手を意識せず何とかなるだろうと思って人間関係を築いていきましょう。

会話が苦手な人は、こちらのコミュニケーションに関する記事も一緒にご覧になってみると良いでしょう。

会話が続かない、できない人の特徴とは?ちょっとしたコツで会話力を鍛えてコミュ障改善へ

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す