人間関係で苦手意識をうまく克服する5つの方法とは?

学校、職場、プライベート等の場で人間関係に苦手意識を持ってしまう事はありませんか?

苦手意識を持ってしまうとつい、「私に原因があるのか」なんて考えてしまうかもしれません。

ですが、実際のところコミュニケーションが苦手な人は意外にも多いようで、子供、大人問わず、「実は苦手」と感じている人はたくさんいるみたいです。

なので、社交的な人であっても実際は人間関係が苦手なんてことも良くある事なのかもしれませんね。

ただ、人間関係が苦手な人が多くても、やはり苦手意識は治しておきたいですよね。

そこで今回は、人間関係に苦手意識を持ってしまう方に向けて、克服する方法をいくつか紹介していきます。

スポンサードリンク



人間関係の苦手意識を克服する5つの方法

人間関係に苦手意識を持ってしまうと、自分から話しかけたり、あいさつをしたりするのも苦手になってしまうかもしれません。

そうなってしまうと、無意識に相手にそっけない態度をとってしまい、印象が悪くなる恐れもあります。

ですが、人間関係に苦手意識がある人は本当に人が嫌いなのかというとそうではないかと思います。

ただ、自分から話しかけることに慣れていなかったり、人付き合いになかなか勇気が持てなかったりと、原因は人それぞれあると思いますので、ここでは苦手意識を少しでも克服できる方法を紹介していきます。

苦手なのは当たり前と考える

人間関係に苦手意識がある人ほど、「苦手なのは自分だけではないか」「人見知りなのは自分が原因なのか」と考えてしまい、自身を責めてしまう傾向にあります。

ですが、前書きのところで書いた通り、今の世の中、人間関係が苦手な人がたくさんいます。むしろ、人付き合いが得意な人の方が少ないかもしれません。

それに加え、人見知りで人間関係が苦手なのも一種の個性です。個性を治す事はなかなか難しい事ですが、「個性を別の方法でカバーする」事はできます。

例えば、人間関係が苦手でもあいさつは欠かさず自分からするようにしたり、小さな気配りをしたりと、活かし方は山ほどあります。

なので、人間関係が苦手である事を受け入れ、それをどうやってカバーしていくのかを考える方が、苦手意識を克服するのに効果的と言えるでしょう。

スポンサードリンク




会話が途切れても気にしない

人間関係に苦手意識がある人ほど会話が途切れることを気にしてしまいます。

途切れることに気まずさを感じてしまうあまり、無理やり話を繋げることに必死になってしまったり、気まずさで人間関係が苦手になったりする事があります。

ですが、よくよく考えてみると会話が途切れず、ずっと続けられる人のほうが珍しいですよね。むしろ、会話が途切れる人の方がたくさんいるでしょう。

なので、会話が途切れたとしてもあまり気にせず自然体でいることが一番です。空気を読んで無理しすぎる方が返って相手に変な印象を与えてしまうかもしれませんからね。

相手の気持ちに深入りしすぎない

相手の気持ちに深入りしすぎないとは、「相手の考てる事を想像しない」という意味です。

つまり、人見知り、人間関係に苦手意識がある人ほど、「相手が自分の事をどう思っているのか」を考える傾向にあります。

ですが、あまり相手の事を考えすぎるのはよくありません。相手に気を遣うあまり、自然体でいられなくなるので、人間関係に疲れてしまう原因にもなります。

ですので、あまり深入りせずあくまで自然体を心がけるようにしましょう。

自分から声をかけてみる

相手との距離感を縮めるにはやはり「自分から声をかけてみる」ことではないでしょうか?

ただ、人間関係が苦手な人にとっては自分から声をかけることに慣れていないため、ハードルが高く感じてしまうかもしれません。

ですが、人間関係が苦手な人は多いため、「相手から話しかけられれば、会話できる」人の方が圧倒的に多いです。

なので、あまり自分から声がかけられない事に悩まなくてもいいですが、やはり相手との人間関係の苦手意識を克服するには少しだけ意識して声をかけてみてはいかがでしょうか。

例えば、挨拶をするときは必ず自分からするようにしてみるのはどうでしょう。

やはり挨拶はコミュニケーションの基本ですから、挨拶がきちんとできるのとできないのとでは相手からの印象も変わってきます。

さらに、挨拶がきちんとできるようになれば、自然と会話も生まれてきます。会話の内容は深く考えず、天気の話や仕事の話でも大丈夫です。

とにかく、大事なのは「自分から何かアクションする」事ですので、そういった小さな行動や意識を心がけておくと、人間関係に対する苦手意識もなくなってくるでしょう。

失敗を恐れない

人間関係が苦手な人ほど、失敗を恐れてはいないでしょうか。

自分から声をかけるのが苦手なのも失敗したことを考えてしまう事が根本的な原因です。

ですが、声をかけられて不機嫌になる人はいるのでしょうか?

もし相手が職場の先輩で仕事が忙しく、会話もできない状況であれば話は別ですが、仕事以外のプライベートであれば声をかけられて嫌な気持ちになる人は少ないかと思います。

なので、できる限り失敗を恐れず、自分から積極的に行動に移していくようにしましょう。
自分から行動して失敗に終わるより、何もせずただ諦めてしまう方がプラスになりません。

人間関係の苦手意識を克服していくのには人と接する機会を徐々に増やして経験を積むことで改善されます。

なので、結果よりも行動する事に意味があるので、徐々に人間関係に慣れておく努力をするようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

冒頭で書いた通り、人間関係に苦手意識がある人のほうがほとんどです。

ですが、苦手意識を克服するにはやはりある程度経験を積み重ねていく必要があります。

経験を積み重ねるには行動するしか方法がありませんが、案外、自分から声をかけてみたら仲良くなるなんて事はよくあります。

なので、苦手だからと意識せず、自然体でコミュニケーションをとってみてはいかがでしょうか。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す