仕事、職場の人間関係に疲れたときの対処法や疲れない人との接し方とは?

ある時、ふと「人間関係に疲れたなあ」と思うことはないでしょうか?

特に、仕事場の人間関係でうんざりすることはよくある事です。

なんでも仕事を辞めてしまう理由の大半は人間関係のトラブルが原因のようで、

「人間関係に疲れた」というのもその中の一つだと考えられます。

会社に勤めている方であれば、人間関係を大切にするのはとても大事なことです。

しかし、時には自分の価値観の合わない人とも接しなければならないこともありますので、それがストレスの元になっているのかもしれません。

仕事ではそういった場面が多いからこそ人間関係に疲れてしまうのかもしれませんね。

なので、今回は仕事の人間関係で疲れないような程々の関係を築くような対処法・人との接し方に関して紹介していきます。

なぜ人間関係に疲れてしまうのか?

green_mamekueyo20141024220634-thumb-815xauto-17678

インターネットで人間関係に関して検索すると「人間関係 疲れた」「めんどくさい」などなど、

人間関係を中心とした悩み事がとても多いと感じられます。

そもそもなぜ、人間関係に疲れてしまうのか皆さんは考えたことはありませんか?

普段、家にいる自分と家族以外の人と接している時の自分を見比べてほしいのですが、

他の人と接する時というのは少なからず緊張状態にあります。

相手が親しい友人であっても無意識に気を使うものです。

特に、仕事場での人間関係となると同僚、上司から嫌われないように接したり、考えたりしなければなりませんので、

普段よりも緊張状態が増します。

それが返ってストレスとなり、人間関係に疲れてしまうのかもしれません。

なので、ここで抑えてほしいことは

人と接するときには少なからずストレス、緊張状態はある

事を理解しておくようにしましょう。

正直、このストレスや緊張状態をすべて取り払うことは難しいです。

なので、これから紹介していく人との接し方によって、このストレスと緊張とうまく付き合っていくようにしましょう。

仕事の人間関係で疲れたときの人との付き合い方

適度な距離間で接する

GREEN_YO20140125-thumb-815xauto-16638

人間関係で疲れるというのは何も仕事だけでなく、プライベートの関係でも疲れることがあります。

学生時代の友人でも親しい関係になるにつれて人間関係がつかれてくるなんてことはよくあることです。

今ではSNSを通じたやり取りができるので24時間いつでも誰かと連絡を取り合うことが可能です。

その過剰な人との接し方が疲れてしまう要因となっているのだと思います。

これは仕事でも同じです。

会社に勤めている方なら仕事場の人と毎日顔を合わせるかと思います。

他にも飲み会にも誘われたりするなんてこともよくあることです。

それを毎日のように繰り返していたら疲れてしまうのも仕方がないですよね。

確かに仕事での人間関係は大事なものです。

しかし、疲れてしまうほど接しなくてもいいのです。

会社とプライベートでの接し方がごっちゃになってしまう人もいるかもしれませんが、

仕事での人間関係も疲れない程度に程々でもいいのです。

そのためには仕事もプライベートでも適度な距離感で接するのがいいでしょう。

 仕事で友人を作ろうと考えない

仕事を通して、友人のような親しい関係になることはありますよね?

それはそれで良いことなのですが、あくまで仕事場では同僚の関係です。

同僚はあくまで仕事での関係です。

友人とごっちゃになってしまいますと適度な距離感が保てなくなります。

逆に同僚の関係をしっかり認識しているのであれば、あくまで仕事がメインということが理解できるでしょう。

学生時代であれば、そういった目的はあまり気にしないので自然な馴れ合いで接することができますが、

仕事での関係はチームワーク、同僚の関係ですから仕事を中心とした関係で接しなければなりません。

そうすると仕事で学生のような馴れ合いで接しなくなり、適度な距離感を保ちながら人間関係で疲れることもなくなります。

なので、あまり仕事で友人を作ろうと考えるのではなく、仕事を通じて良い人間関係を築こうと考えるようにしましょう。

周りの人を気にしないようにする

人間関係で疲れてしまう原因として多いのが、周りの人のことを気にしてしまうことがあります。

特に仕事では他の人との闘争心が少なからずあるでしょう。

「あの人には負けたくはない」「誰よりも早く結果を出してやる」

このような闘争心や他の人と比べることはやる気を引き立ててくれたり、闘争心を燃え上がらせるのにはいいのですが、

実は疲れてしまう原因でもあるのです。

仕事関係で対抗心を持つと、毎日そのことを考えてしまうようになるのでストレスもたまり、不安に悩ませれてしまうようになります。

そもそも、仕事で重要な事は「チームワーク」です。

会社というのはお金を稼ぐところと勘違いしてしまいがちですが、他にも社会貢献の意味もあるのです。

「チームワークで仕事をこなし、誰かの役に立つような物・商品を開発する」

これが本来の仕事のあり方なのだと私は思います。

誰かに闘争心を燃やして、誰かに褒めてもらいたいというのは単なる自己満足でしかないのです。

なので、職場に原因があると思う前に一度、そういった闘争心はないのか自身のことを見つめなおすのもいいかと思います。

そして、周りのことはあまり気にしないようにあくまで自然に接するようにしましょう。

スポンサードリンク



 相手に期待しすぎない

PAK86_yarinaoshiwomeiji20140125-thumb-815xauto-17141

相手に期待をしすぎて、それが自分の思った通りでないとうんざりしてしまうものです。

もしかしたら、人間関係に疲れてしまう方には相手に何かを期待しているところがあるのかもしれません。

自分の理想を相手に当てはめているという感じで、何らかの見返りがあると信じてしまうと、

その期待通りの対応が返ってこなかったときにストレスが生まれるのかと思います。

例えば、部下に丁寧に教えた仕事が期待通りに出来なかったとしたら、少なからずイライラの感情が生まれるでしょう。

「ちゃんと教えたのになんで理解できないんだ」と、、、

逆も同じで相手の期待に応えようと必死に頑張るのもストレスになるのです。

なので、相手に期待をすることや期待に応えるのは良いことですが、過度な期待はせず、程々に抑えておくようにしましょう。

 少し距離を置いてみる

視線

人間関係で疲れてきたのならば、その相手とは少し距離を置いてみるのも良いでしょう。

しかし、仕事での人間関係だとなかなか距離を置けなくて悩むところだと思います。

そういった時には「仕事だけの関係」と割り切るようにしましょう。

あくまで、仕事を終わらせることだけ考えればいいのです。

たとえ、仕事終わりに飲みに誘われたとしても断ってしまえばいいのです。

何事も「疲れた」時に必要なことは「休む」ことです。

人間関係で疲れたのであれば、少し距離を置いてみて疲れを取り払えばいいのです。

過剰な人付き合いが原因となって、人間関係の疲れが出てくるのだと思うので、

そういうときは無理せず、距離を置くようにしましょう。

 人間関係に完璧を求めない

やはり、理想と現実が異なると人はストレスを持ってしまうものです。

特に人間関係に疲れてしまう人ほど、無意識に完璧を求めてしまいがちです。

相手に過度の期待を求めたりすると、自分が思っていた反応を相手がしなかったら

「こんなに~したのに~しかしない」

と心のどこかで思ってしまうのです。

おそらく、自分が与えたものよりも同等か、それ以上の見返りを無意識に期待しているのかもしれません。

この考え方があると、良好な関係が築けずに人間関係が疲れてしまうようになります。

しかし、人によって対応の仕方は異なるので、期待に応える人もいればそうでない人もいます。

人間関係のことだけでなく、なんでも完璧を求めることは難しいです。

特に人はそれぞれ性格や感情が異なるので、自分が思っているような人ではないなんてことはよくあります。

なので、あまり相手に期待や完璧を求めないように7割位の期待を持つくらいに止めておくようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は仕事で人間関係に疲れた方に役立つ人付き合いや対処法をいくつか紹介していきました。

仕事のトラブルでいえば、大体が人間関係に関することでしょう。

社会人の方であれば、自宅にいるよりも職場にいるほうが多いかと思いますので、

人間関係に疲れてしまうのもよく分かります。

でも、それを理由に仕事のやる気が落ちたり、辞めたりしてしまうのはとても勿体ないことです。

その仕事に就いたということは、少なからずその仕事をやりたいという気持ちがあるから決めたのだと思います。

なので、なるべく人間関係に重要視しすぎるのではなく、仕事の熱意を損なわないような対応をするようにしましょう。

職場の環境を変えるのは難しいですが、自身を変えることは誰でもできます。

人間関係に疲れないような方法さえ身に着ければ、仕事での人間関係にイライラすることもなくなるので、

今回書いた記事を参考にしていただければと思います。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

2件のトラックバック

コメントを残す