夏バテ予防に良い栄養素を理解し、野菜、食材を食べて予防しましょう。

これから夏に入りますが、年々気温が上昇しているように感じますね。

あまりの暑さに夏バテしてしまう方が多くいるようです。まだ夏に入っていないからと油断をしているといつの間にか夏バテしてしまうかもしれません。

夏前は気温の変化もあるので急に暑くなったりすることもあります。あまり夏バテにならない方でも気にして損することはありません。

今回は夏バテ防止策、夏バテに効く食べ物、食事を紹介していきます。

スポンサードリンク



夏バテの症状とは?

まず防止策を紹介する前に夏バテの症状を紹介していきたいと思います。なぜなら、症状や原因をしっかり理解していないと自分が夏バテになっているのかが分からないからです。

夏バテというとダルさやなんらかの不調が出るものですが、そもそもなぜ体調が悪くなったのか、どんな症状が夏バテなのかを理解しなければいけません。原因を見つけられたなら以後気をつけるようにすればいいのです。

睡眠不足、食欲不振、ダルさ、疲れやすい、下痢、便秘、イライラ、立ちくらみ、頭痛、無気力、むくみ、熱が出る

夏バテを起こす原因は?

脱水症状

水

夏になると当然ながら大量な汗が出ます。人の体は半分以上が水でできています。そして、自分の体重の約2パーセントの水が体から放出すると脱水症状になるそうです。

そのため、こまめな水分補給が必要になっていきますが、暑いからとキンキンに冷えた飲み物ばかり飲むことは避けましょう。

なぜなら、夏バテの主な原因は体温調節にあるので気温の変化や体温の変化に体がついていかなくなり夏バテが起きてしまうのです。

そのため、いきなり冷たい飲み物を飲むのではなく、ぬるい飲み物を飲むことをおすすめします。しかし、どうしても冷たい飲み物を飲みたいかと思います。

飲むことはかまわないのですが、いきなり真夏の炎天下でキンキンに冷えた飲み物を飲むと暑い気温と冷えた体温のギャップが生じて夏バテになってしまうかもしれません。そのため、自分の体を慣らすようにぬるいものから徐々に冷たい飲み物と良いかと思います。

スポンサードリンク



栄養不足

暴飲暴食

夏場はどうしても食欲が進まない季節でもあります。しかし、まったく食事をとらないことはNGです。暑さで体に及ぼすのは何もダルさだけでなく消化器官にも影響してきます。

胃の消化機能に低下から始まり、栄養を摂取することが減り、食欲が減退する悪循環ができるかもしれません。

そのため、食色があまり出ない時でもこまめな栄養摂取が大事になります。一日三食を決まった時間に食事を取ることを目安にしましょう。そして、少し栄養を気にした食事を取りましょう。

たとえば、朝はトースト一枚だけにするのではなくそこに何か一品用意するのです。サラダ、目玉焼き、肉類等一品添えてあげるだけでもしっかりした食事です。

どうしても夏バテというと暑さのせいで症状が出ると思いがちですが、自分のスタミナの低下や体温調節の変化があり、症状が起きてしまいます。

外からの影響を考えるのではなく体の中を気にするほうがいいと思います。そのためには栄養をしっかりつけて暑さを乗り越えるように栄養面から対策していきましょう。

自律神経の乱れ

夏場はどうしても自律神経が乱れがちになります。それは体温を管理してくれる自律神経の役割が急な暑さや異常な暑さにやられて対応が追い付かなくなるからです。

人は無意識に体温調節ができる生き物ですが体温調節の方法として汗をかくことがあります。汗をかいて体の熱を放出し、体温を一定に保っています。

しかし、現代ではクーラーや冷房機を使う家庭が増えてきたためか体温調節がうまくいかなくなっている人が増えているようです。

小さいころから冷房機をよく利用してしまうと自己調節の機能が鈍くなってしまいます。そういった人が増えていることも理解すると良いでしょう。体温調節は体を一定の時間慣れさせる必要があるため暑いからとクーラーの気温を低くするのではなく、平均的な気温を保って利用すると良いでしょう。

夏バテに効果的な食材、栄養素とは?

夏バテを防止するには十分な水分補給や食事をしなければいけません。偏った食事やあまりに冷たい飲み物を飲むことに十分注意が必要です。

そのため体を温めてくれる飲み物や食事をなるべく摂取したり、夏バテを防止してくれるように栄養を考えた食事をとると良いかと思います。

なるべく睡眠にも気をつけることにも気をつけるのも必要です。そして適度な運動も効果的ですのでいかに健康的で十分な休養を取るかが夏バテ防止のカギになります。

夏バテを防止したり解消してくれる食材として有効なのがビタミンB1 、B2、クエン酸を含んでいるものです。ビタミンB1、B2を含む食材はスタミナをつけてくれますので夏場を乗り切れるようにスタミナをつけるのにはもってこいです。

クエン酸を含む食材は疲労を促進する物質をエネルギーに変えてくれますので疲労回復効果があり夏バテを回復するに取ると良いかと思います。

そのほかにも夏バテに有効なものとしてネバネバした食材や夏野菜もいいでしょう。ネバネバした食材は、消化を助けてくれて汗で失われた栄養素を補ってくれます。

夏野菜はビタミンCが多く含まれていてストレスの緩和に効果的です。
ビタミンB1、B2を含む食材
豚肉、レバー、納豆、玄米、ウナギ、いわし、グレープフルーツ
クエン酸を含む食材
酢、ゆず、グレープフルーツ、レモン、梅干し
ネバネバした食材
とろろ、おくら、納豆、長芋、山芋、モロヘイヤ
夏野菜
トマト、カボチャ、グリーンアスパラ、ゴーヤ、きゅうり、なす
そのほかに有効的な食材、薬味野菜
シソ、ニラ、みょうが、しょうが、にんにく、ネギ、みょうが

一日、なるべく三食をできるだけ摂取していただき、夏バテに効果的な野菜をなるべくとるようにしましょう。ほかにも胃腸を刺激して食欲増進をしてくれる香辛料が入っている料理も食べるようにしましょう。

まとめ

夏バテというと七月、八月と真夏を想像しがちですが六月でも起きてしまう症状です。

それは、気温の変化が変わりやすく、体調管理が追い付かなくなってしまっているのです。六月はところどころ暑い日があり、クーラーを使う家庭も多くなっているかと思います。

しかし、急に部屋を冷たくしたり、冷たい飲み物を飲んでしまうと体温調節が追い付かなくなり、悪い症状が起きてしまうのです。

でも、体調管理や適度な運動など健康的な生活をしているとあまり夏バテになる心配はないかと思います。

もし、夏バテが心配な方は夏バテ対策だけでなく生活習慣の見直しにもなりますのでいい機会だと思います。

これから暑い季節になりますが暑さに負けないように今からでも対策をしていきましょう。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す