夏バテ症状に眠気、吐き気、頭痛が起こる原因とは?対策を万全にして暑い夏を乗り切りましょう。

年々気温が上昇し、夏本番になる前に既に夏バテの症状が現れている方はいらっしゃいませんか?急に体の調子が悪くなり、「何か病気にかかったのか?」「風邪でも引いたのかな?」と夏バテに気づかずに過ごしてしまうと暑い夏を乗り切ることはできません。

夏バテが起こる主な原因は、季節に対して体の調節が追い付かないことにあります。年々、暑さが早まり、早い人だと6月から症状が出てしまうケースもあるそうです。暑い夏を乗り切るためには症状をしっかり理解し、万全な対策を取るようにしましょう。

スポンサードリンク



夏バテの症状が起こる理由とは?

夏バテが起こる主な原因として体調管理に問題があります。日常生活で何気なくやってしまう行動で急な気温の変化に体がついていかず、夏バテになってしまいます。

たとえば、バランスが偏った食事をしてしまうと足りない栄養素が出てしまうため汗をかいてしまう夏ではしっかりと食事管理をしないといけません。気温が暑くなったからとガンガンに冷えた冷房をかけたりしてしまうと急な気温の変化に体がついていかなくなり自律神経が乱れてしまいます。

夏バテには様々な症状がありますが、今回は眠気、吐き気、頭痛が起こる理由をまとめてみました。これらの症状がある方は生活習慣を見直してみてください。

眠気

眠る

 

眠気が出てしまう原因には急に体を冷やしてしまうことにあります。急に体を冷やすことで自律神経が乱れてしまい、体温調節がうまくいかなくなるのです。

どうしても暑いからとクーラーをかけたくなるかと思いますが、急に冷えた温度で部屋を冷やしてしまうと外の温度と部屋の中の温度に差ができてしまいます。その温度差で体調が悪くなってしまうわけですが、眠気が来るのは体が冷えたことによるものなのです。

夏場はどうしても汗をかいてしまいます。汗をかいたことにより体が冷えてしまい眠くなるのです。人は体温が下がると眠くなる性質があります。そのため、就寝するときは普段より体温が下がっているため眠くなるのです。

ついつい夏になると暑さのせいで体を冷やしたくなります。クーラーをつけたり冷たい食べ物、飲み物を食べたり飲んだりしているうちに体が冷えて眠気が来ることもあり得ます。

そのほかにも暑さのせいで十分な睡眠がとれていないことも考えられます。一度布団に入ってもなかなか眠りに着けなかったり、就寝中に何度も目が覚めてしまったりすることは暑い夏場ではよくある事です。

そのせいで日中の仕事場で急な睡魔に襲われたりするのです。ここでまとめておきますと眠気が出てしまう原因は急に体を冷やしてしまうことと夜中に暑さで起きてしまうことの二点にあります。

頭痛、吐き気

頭痛

頭痛、吐き気をまとめて書いておくのには理由があります。それは他の夏バテの症状より危険性があるためです。

これらの症状は熱中症に近いものがありますのでもしかしたら夏バテではなく熱中症にかかっているかもしれません。熱中症は下手をしたら死へつながる症状なので危険性は夏バテと比べられないほど危ないのです。

なので、頭痛、吐き気が出ていたら夏バテを疑うよりも熱中症を疑がったほうがいいかもしれません。夏場は室内にいるからといって汗をかかないことはありません。知らないうちに大量の汗をかいているわけですがそのことに気づかずに放置していると脱水状態になってしまいます。

当然、寝ている間も汗はかきますのでこまめな水分補給が大事になってきます。ただの夏バテだろうと考えて放置してしまうと頭痛や吐き気がますますひどくなり、下手したら救急車を呼ばなくてはいけなくなるかもしれません。

なので頭痛、吐き気が来たらもう熱中症を疑い、すぐさま対処するようにしましょう。

眠気の症状対策

眠気が出てしまう原因は急に体を冷やしてしまうことと夜中に暑さで目が覚めてしまうことにあると書きました。そこでこれから対策を書いていくわけですが、これらをいっぺんに対処できる方法があります。それは部屋の温度管理です。

何気なく暑いからと部屋を冷やしてしまいがちですがそれだと外の気温と部屋の中の気温の差が大きくなり体の体温調節がついていかなくなってしまいます。そのため、ある程度の平均的な温度を保つようにクーラーの温度を設定しましょう。

なるべくクーラーを使わずに扇風機や空調をよくしたりする対策もあります。就寝中はどうしてもクーラーをつけたまま眠ってしまいがちですが、それだとクーラーの気温に体が慣れてしまいますので注意が必要です。

クーラーにはタイマー設定ができるものが多いので就寝前にタイマーをセットして眠るようにしましょう。

それか扇風機を活用し窓を少し開けて眠るのもいいかもしれません。それと暑さのあまりについつい冷たい飲み物を飲んだりしてしまいがちですがこれも急に体を冷やしているのと変わりがありません。

そのため、少しぬるい飲み物から飲んでいき徐々に冷たいものへと体を慣らすようにしましょう。いかに温度管理をするかがカギになります。夏場では温度管理はとても大事ですので十分な注意をするようにしましょう。

吐き気、頭痛の症状対策

先ほど原因のところで熱中症を疑ってもいいと書きましたが、そもそも夏バテと熱中症の違いとは何なのでしょうか?夏バテははっきりした症状が定まっておらず、ただダルさがあったり、眠気が出てきたりと症状が様々なのです。

一概にこれは夏バテだと判断できることはなくただ夏バテに近いかなとという予想でしかないのです。ただ夏場に起きる体の不調なので夏バテと呼んでいるのです。もしかしたら秋バテや冬バテ、春バテもあるのかもしれません。

それに対し、熱中症の症状は明らかなものがあり吐き気、頭痛、立ちくらみ、めまいが起こり重傷になるとけいれん、意識障害、熱が出たりと危険をもたらすものなのです。熱中症のほうが夏バテよりも緊急性が高いためすぐさま治療が必要になります。

もし、吐き気や頭痛が出てきたら応急処置として水分補給をしっかり取ったり、わきや首の後ろを冷やすようにしましょう。それでも症状がおさまらないのであれば病院に見てもらったり、緊急なら救急車を呼んでもいいでしょう。

毎年、熱中症にかかる人はたくさんいますので油断せずに前もって対策をするようにしましょう。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す