何もしたくないほどの無気力感を脱却するシンプルな対処法

ある時ふと「何もしたくないなぁ」「何もかも辞めたいなぁ」と考えた事はありますか?

仕事も人間関係も身の周りの事すべてを捨ててしまいたいくらいの無気力感です。

それでも気持ちを奮い立たせて仕事にいったりはするのですが、時たま無気力感が襲ってくる。

そんな無気力感を抱きながら毎日悶々と過ごしていると、

「自分って何をやっているだろう」「自分も頑張らないと」と自問自答したりしてしまいますよね。

そこで今回は、何もしたくない時にこそ楽になる考え方をいくつか提案していきます。毎日、頑張り過ぎる方が少しでも気持ちが楽になるようなアドバイスをしていきます。

スポンサーリンク



何もしたくない無気力感の原因は?


何もしたくない時ほど「何かしなければ」と考えてしまいますよね。

ただ、そうは思っても体が動かない、頭が働かないなんて経験は誰にでもあるかと思います。

では、どうして何もしたくないと感じてしまうのかやはり原因があるはずです。

原因を見つける事ができれば、それにあった対処法で改善できますので、何もしたくないと感じてしまう原因をいくつか紹介していきます。

毎日が多忙な生活

毎日多忙な生活を送っていると、その生活習慣が当たり前のようになり、心身に疲れが出てきている事も忘れてしまいます。

ストレスはどんどん蓄積されてくるものです。自分では精神的にも肉体的にも健康と思っていても、ある時急に疲れがどっと出てくるのです。

何もしたくないと感じるのは疲れを知らせてくれるサインとも言えます。あまりに多忙すぎる日々を送ってしまうと、「うつ病」や「燃え尽き症候群」になる可能性もあるので、注意が必要です。

自分の限界を超えている

どんな人にも限界はあります。

仕事をテキパキこなす同僚や上司がいても、その人にも限界はあるのです。

人は限界を超えると脳や体に制御がかかります。これは本能といってもいいかもしれません。

なので、何もしたくないと感じる事で自分の限界を知らせているのです。

仕事も人間関係も自分にあった範囲ですることが大切です。

やりたくない事を我慢している

仕事も勉強もやりたくないもの、つまらないものはやりたくないですよね。

でも社会人の場合、やりたくないものは避けては通れないものです。

仕事も人間関係もつまらないと思っていても我慢しないといけない。その我慢が重なる事で急に何もしたくないと感じてしまうのかもしれません。

自信を失っている

周りの人から何か嫌な事を言われたり、仕事でミスをして上司に怒られたり。

またはプライベートでも恋愛がうまくいかなかったり、人間関係で悩んでいたりと何か上手くいかない事が起こると自信が失われてくるものです。

その結果、何もしたくないと思っているのかもしれません。

また理想と現実とのギャップにより、何もしたくないと思う場合もあります。

人は思っていた結果に辿り着けなかったときに自信を失います。

そうなってしまうと「頑張っても仕方がないか」「何もしたくない」という無気力を感じてしまうのです。

スポンサーリンク




何もしたくない時こそ楽になる対処法


では、次に何もしたくない時の対処法を紹介していきます。

何もしたくない時は無理をしない事を心がける事が大事です。

とにかく休む

何もしたくない時は何もしないのが一番です。

何もしたくない状態というのはやる気がゼロの状態。その状態で何かしようと行動に起こしてもうまくいきません。

むしろ、やる気が一向に向上しませんから、何もしたくない無気力状態のままダラダラと過ごす結果になります。

なので、何もしたくない時こそとにかく休む。それで何かやりたいなと思ったら動けばいいのです。

好きなことをする

何もしたくないと思っていても自分が好きな事だったら手を付けられるかと思います。

好きな映画や音楽、本、スポーツ等、自分の好きな世界に浸る時間を作るとストレス解消になり、何もしたくない状態から少しずつ脱却できるようになります。

何もしたくない状態であっても現実逃避はできるものです。

気分が乗らない状態を脱却するにはとにかく自分のやりたいことを優先し好きな事をしていけば、自然と活力が沸いてくるようになります。

小さなことから始めてみる

何もしたくない状態から少し「何かしてみたいな」と活力が出てきたのなら、小さなことから手を付けてみると良いかもしれません。
というのも、何もしたくない状態は急になくなるものではありません。

やる気が少し出たらと、いきなり多忙な仕事をしたりしていてはまた元の状態に戻ってしまいます。やはり、何もしたくない状態を完治するためにもリハビリは必要不可欠です。

なので、もし少しでも動けるようになってきたのであれば、小さなことから始めてみる事をおすすめします。

小さなことならなんでも構いません。

朝早く起きて朝日を浴びる。布団をたたむ。部屋を掃除する。

当たり前のような習慣のように思えますが、案外何もしたくない時こそ身の周りの事がおろそかになってしまうので、身の回りの小さなことから手を付けてみるといいかもしれません。

あまり自分を追い込まないようにする

頑張りすぎる人や真面目な人ほど何もしたくないと思っている自分に嫌気がさしているかもしれません。

「単に自分に甘えているだけじゃないのか」「周りはできているのに自分はできない」と思っている方は真面目な人です。

真面目だからこそ、何もしたくないと思っている自分に厳しいのです。ですが、何もしたくないという気持ちはどんな人にでも沸いてくる自然な感情です。

むしろ、何もしたくない、無気力にならない人の方が少数でしょう。

何もしたくない時は自分の力だけで頑張らなくてもいいのです。一人で頑張らないで辛い時は誰かに助けてもらう。

そうやって他の人に任せる事ができれば精神的に楽です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
何もしたくない時こそすべてを投げ出したい気持ちになるものです。

ですが、その気持ちは単に日々の疲れやストレスが引き起こしているだけかもしれません。

疲れやストレスを解消できれば、自然に活力が沸いてくるようになりますので、何もしたくない時はとにかく休み、好きな事をしてストレスを解消することに専念しましょう。

何か始めるのはやる気が出てきてからでも大丈夫です。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す