これで仕事中、授業中にくる眠気を解消!!効果的な眠気を覚ます6つの方法とは?

みなさんは、大事な時に限って眠気がくるということはありませんか?

仕事中や授業中に眠気が邪魔してしまい集中できないなんてことはよくある事です。眠気に勝てないと悩んでしまう人は多いかと思いますが、効果的な対処法を試すと眠気も一気になくなります。

大事な場面だとはわかっているのに寝てしまうと困っている方に向けて今回は即効性があり効果的な眠気覚まし法を紹介していきたいと思います。

即効性ありで効果的な6つの眠気覚まし法とは?

1、冷水で顔を洗う

顔を洗う

 

顔を洗う=眠気覚ましは古典的なようですがとても効果的です。なるべくぬるま湯につかるのではなく冷水で顔を洗うようにしましょう。

なぜなら、冷えているほうが刺激を与えてくれてます。眠気が来るときはどうしても刺激がない時に眠ってしまいます。冷水で刺激を与えるだけでなく自分の肌をつねって見たり、飴をなめたりと刺激を与えると脳が反応して眠気が覚めます。

しかし、冷水で洗うのはその場でできるものではないので会議中や授業中にできるものではありません。そのため、仕事の休憩中や休み時間を利用し、一度顔を洗いボーっとした頭をリセットしましょう。

2、飴やガムを口にする

飴やガムを口にすると甘さや辛さが刺激になり脳を活発にさせてくれます。それに飴をなめることやガムをかむことは舌やあごを使いますのでちょっとした運動にもなります。

ガムにはメンソールタイプのものがありますので、即効性と持続性があり眠気を覚ますのには有効的です。私の場合、メンソールタイプのガムをかんだ後に水を飲むようにしています。メンソールは口に清涼感を与えてくれるものです。

それに水を少し飲んでみるとお分かりですが、清涼感が二倍に増すのです。そのため、より効果的な眠気覚ましのためにメンソールのガムをかみ、水を飲むことをおすすめします。

3、カフェインを摂取する

コーヒー

 

カフェインというと眠気を覚ます効果があるのは有名ですよね。コーヒーや緑茶に含まれているカフェインですが覚醒作用があり、なんと持続時間が8時間以上といわれています。

そのため、就寝前に取ってしまうと頭が覚醒状態にあるためなかなか眠りにつくことはできなくなってしまいます。夜にカフェインを摂取するのではなく、日中に取るように注意しましょう。

カフェインが含まれている飲み物というとお茶やコーヒーだけだと思いがちですが実はエナジードリンクにも含まれているのです。

しかし、エナジードリンクは体にエネルギーを与えてくれるものなので運動をしていないときにはあまりお勧めができません。それは、エナジードリンクは一時的に体を温めてくれますので、効果が切れたときには体が冷えてしまい眠気が出る恐れがあるからです。

そのため、運動後にエナジードリンクを飲むようにして普段の生活では眠気覚ましとしてお茶やコーヒーを飲むようにしましょう。

4、ストレッチをする

ストレッチ

眠気が来る状態は体を動かさない時が多いです。

たとえば、授業中だと手を動かしたり目を動かしたりしていますが、体全体は椅子に座ったままなので常に体を動かさない状態にあります。

そのため、体には刺激がないため脳が「寝ても大丈夫だろう」と認識してしまうのです。それに引き換え、体育の授業ではどうでしょうか?おそらくですが体育の授業の時に寝ていた人はあまりいないかと思います。

それは運動していることにより体と脳に負担がかかります。その負担で眠気が覚めたりするのです。なのである程度体を動かすことは眠気覚ましには効果的です。そのため、気軽のできるストレッチがいいかと思います。両手で伸びをするだけでも十分なストレッチなので気軽にできますしおすすめです。

5、目薬を差す

目薬には疲れている目を休ませてくれる効果があります。日々パソコンを利用している人やスマートフォンを利用している人はおそらく疲れ目になっているかと思います。

そういった疲れ目に効果的な目薬ですが、実は眠気覚ましにもいいのです。目薬には疲労回復効果がありますので疲れ目の方はより効果的です。

現代ではスマートフォンを利用している人が増えているため多くの人が疲れ目になっています。就寝前にもスマフォをいじってしまったりすると目に負担になり、夜更かししてしまって翌日の昼間に眠気が出てしまうこともあります。そうならないために疲れ目の方は目薬を利用するようにしましょう。

目薬は携帯して持っておけるので何かと便利です。私は、眠気を覚ますために目薬はいつも携帯しています。眠気がきたら目薬を差し、一度スッキリさせます。結構、眠気をリセットできますのでお勧めです。

6、仮眠を取る

仮眠

眠気がでいるときはどうしても寝たいと思いますよね。なら少し寝てしまいましょう。仮眠を取るくらいなら眠気も覚めてスッキリします。約15分から30分にアラームをセットして仮眠するようにしましょう。

それ以上寝てしまいますと本格的に寝てしまうため起きてもまだ眠り足りなくなってしまいます。そのため、短い時間にセットして仮眠するようにしましょう。

ある会社では、社内で仮眠をとることを社員たちがやっている会社もあるようです。おそらくお昼を食べた後の眠気で仕事の効率を下げないために仮眠をする取り組みをしているのかと思います。

小さい頃お昼寝をすることがあったと思いますが、一度睡眠を入れることにより起きたら活発的に動けたでしょう。仮眠を取ることで起きたときに眠気が邪魔にならず、効率的に仕事や勉強に集中できると思います。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す