仕事、勉強でモチベーションが維持できない時に役立つ6つの方法、コツとは?

今回は、モチベーションを維持させる方法、コツをいくつか紹介していきますが、

皆さんは、

モチベーションが維持できなくて作業効率が落ちたり、昨日まで続いていたやる気がなくなってたり、環境、場所に左右されて維持できなくなったりなどなど、、、

思い当たるものはありますでしょうか?

もし、モチベーションが維持できなくなると仕事では「辞めたい、働きたくない」感情が起こったり、

勉強ではもしかしたら学力の低下にも繋がりかねません。

そこで、今回は仕事、勉強に役立つモチベーションの維持の仕方を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク



モチベーションを維持する6つの方法

1、小さな目標を確実にやり遂げる

目標を大きく持つことはとても大事なことですが、自身で決めた目標があまりにも現実から離れたところにあるとやる気というのは落ちてしまいます。

大きなものというのはあくまで小さなものの寄せ集めです。

小さい成功を何度も何度も繰り返すとやがて大きな成功に変わっていくのです。

スポーツで例えるなら、練習をまったくやらなかったり、手を抜いている状態で試合だけやっていても上手くはならないですよね。

世界で活躍しているどんなスポーツマンも最初はみんな初心者です。

日々の練習で自身を磨き上げたからこそ世界で活躍するプレーヤーになったんだと私は思います。

それにはやはり小さな積み重ねが必要になります。

小さな目標設定でも達成したときはもちろん達成感が出てくるかと思います。

それを繰り返していくうちにモチベーションが維持できるようになり、やがて大きな目標に挑戦できるかと思います。

2、大きな目標を達成したときの姿を想像する

0I9A093815030132ryouude-thumb-815xauto-19187

目標が達成したときというのは達成感と喜びが味わえますよね。

その目標が大きくなれば大きくなるほど周りの反応も変わってきます。

仕事で、自身の頑張りを見せつけ、それが成功したら社員の方々から一目置かれたり、評価されるかと思います。

勉強でも希望の難関大学に合格したり、難しい資格を取ったりすると「すごい」「頭がいいな」と思われます。

その周りから称賛される自分の姿や達成感というのをあらかじめ想像してみるのです。

つまり、成功イメージを持つことがモチベーション維持には欠かせないということです。

私も資格を取るために勉強するときはこの成功イメージを持つようにしています。

勉強内容が難しくて投げ出しそうになった時には自分が資格を取って周りから褒められることを考えるようにしています。

そうすると一度やる気が落ちても立ち直ったり、頑張ろうとする気持ちが芽生えてくるのです。

この方法は一度諦めそうになった時ややる気が出なくなったときほど有効的ですので試してみてはいかがでしょうか?

Sponsored Limk

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

コード スニペットをコピー

コメントを残す