モチベーションの本当の意味と使い方を理解し、持続的に高める4つの方法

「モチベーションが上がらない」

「モチベーションを高めよう」

モチベーションという言葉は、今ではありふれたものになりました。ビジネスシーンに限らずスポーツや受験の現場でも重要なキーワードになりつつあります。

そもそもモチベーションとは何なのか?使い方は?などなど

モチベーションに関して疑問を持っている方も多いかと思います。

そこでモチベーションという言葉を学びなおし、あなたにとってモチベーションがより身近になりますように、今回は紹介していきます。

モチベーションの意味

max16011542_TP_V

モチベーションは「動機づけ」と訳されます。それは行動を起こす際の原因を指すことが多く、それだけに定義づけることが難しい言葉です。

しかし、それほど馴染みにくい概念ではありません。モチベーションを簡単に言い換えれば「刺激」「熱意」「意欲」「やる気」と表現できます。どれも使い慣れた言葉ですね。

要するに「ある目標に向かってやる気を方向づけ、行動を継続させること」、そのきっかけになるものが「モチベーション」と捉えれれば大丈夫です。

モチベーションという言葉の使い方

しかし、「モチベーション」という言葉を使うのなら、まずこの言葉の使い方について知っておくとなお効果的でしょう。

「モチベーション」という言葉の類語として「テンション」という言葉を挙げることができます。一見同じような意味ですが、実はこのふたつの言葉には、決定的な違いがあります。

「モチベーション」は継続的であり、「テンション」は一時的です。

カラオケなどでグーっと気持ちが高まることが「テンションが高い」状態です。テンションが高まることで、歌声も響きます。「ハイになっている」とも言えますね。

しかし、「モチベーションが高い」ことになると少し違います。「モチベーション」の大きな意義はその継続です。それは気分の高低ではなく、その人の考え方に関係してきます。カラオケでノリノリになるとはまた別の状態でしょう。

意識の向上に関して言えば、「モラール」という類語もあります。

しかし「モラール」は集団的な感情を指すのに対して、「モチベーション」はあくまでも個人の意識で使われます。

つまり、「モチベーション」とは、「個人での行動を継続させるための動機づけ」と考えれば間違いないでしょう。

モチベーションを活用!4つのメソッド

tsuruno5_TP_V

それでも、誰もが「高いモチベーションの維持」に苦戦します。

行動を続けるために、モチベーションは必要です。モチベーションを「動機づけ」と言い換えると、「動機づけ要因を高めること」がモチベーション向上に繋がります。

その方法として、4つのメソッドを提案します。

スポンサードリンク



簡単な儀式を取り入れる

大リーグのイチロー選手。彼がバッターボックスに入るときの相手ピッチャーに対してバットを立てるポーズは誰もが知るところです。イチロー選手はあの「儀式」によって一気に臨戦モードに入ると言われています。

いきなり難題に取り組むのではなくゲン担ぎではないですが、自分なりの儀式を持ってみるのはいかがでしょうか?

深呼吸をする、机の上の文具の位置を直す、親の写真を見る。方法はなんでもかまいません。要は自分のスイッチを入れること。

ギアを徐々に上げるような感覚です。現に、一流と呼ばれている人は必ず自分の「ギア入れの儀式」を持っています。

モチベーションのスイッチを入れる儀式。ぜひお勧めです。

元気が出る言葉を持つ

人生とは、たくさんの言葉に出会い励まさる場でもあります。あなたも「これは元気が出る」という言葉・名言をいくつか知っていることでしょう。

モチベーション起動のために、その「元気が出る言葉」をメモしてください。そして、「やるぞ!」というときにそのメモを開いてください。

歴史上の人物の言葉でなくても構いません。オリジナルでも効果が期待できます。

ウォーミングアップを兼ねて、物事に取り組む前にしっかりとその言葉を噛みしめましょう。それが良い起爆剤になり、あなたのなかで強さが芽生えるはずです。

ポジティブシンキングの実践

様々な自己啓発書で「ポジティブシンキング」が推奨されています。

人間がモチベーションを維持するには、まず心が前を向くことです。

モチベーションを「やる気」と捉えるなら、やる気の維持に積極性は欠かせません。消極的な成功者など存在しないのです。

ここでのポイントは、自分の失敗に対する受けとめ方です。

「ミクロな視点」で反省しても、「マクロな視点」では落ち込んではいけません。それを心がけることで、ポジティブシンキングは維持されます。

人は所詮不完全です。失敗は誰もが経験します。大切なのは、失敗に学ぶことであって、決して失敗に負けてはいけません。

失敗に負けなければモチベーションが守られ、あなたはどこまででも成長できます。

上手に目標を立てる

目標を立てることはモチベーション発動に不可欠です。

しかし、あまりに現実感のない目標に対しては、モチベーションは働きません。

目標は低すぎても高すぎてもいけません。「これなら追える!」と思える目標の立て方をしましょう。肩の重荷も外れ、ウキウキして頑張れるはずです。

「いつまでになにをしたいのか、なぜ目指すのか」といったことを自分のなかでしっかり言語化しましょう。その内容が明確だと、モチベーションも最高の形で現れます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の内容で「モチベーション」とその意味合いを再確認できたかと思います。

いくら素晴らしいハンドルがあっても、エンジンがなければ車は走りません。今回のモチベーションとは、言うなれば、あなたという車のエンジンです。

あなたの生活にモチベーションが花開きますよう、今回はいろいろとアドバイスをしていきました。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

コメントを残す