仕事を効率よく達成させる目標設定の仕方、方法とは?

目標を高く持つことが大切なのは、あくまで結果を出した人が、後から自分の格言として残した言葉に過ぎません。

日本人は忍耐力、精神力を強化し、その鍛えられた強い性根、つまり根性で目標を達成する武士の教育が取り入れられてきました。

しかし時代の移り変わりとともに、日本はグローバル化を目指すことで教育の在り方も変わりつつあります。

古きよきものを大切にしながら新しいものを取り入れていくのは、教育のみならず、仕事や人生で自分を成長させるために必要なことです。

そういった時代の流れに伴い、「根性で目標を達成する」という考え方も変化しています。

そこで今回は仕事で目標を達成させる方法に新しい考え方を取り入れてご説明いたします。

「目標を高く持つ」だけだとギャンブルと同じ

max16011542_TP_V

「目標を高く持つ」ということは、例えるとマラソンをしたことのない人がフルマラソン42.195キロのスタートラインに立つようなものです。

もしその立場に立ったら、どんな気持ちになるでしょうか?

もちろん走り出す前からいろんな壁が立ちはだかってきます。その時点で心が折れそうになりますよね、、、

目標までたどり着ける根拠がない状態でいきなり走り出そうとするのは、あまりにも無謀な挑戦で一か八かの大勝負です。

目標設定というのは、きちんとゴールまでの道筋、計画があって成り立つものです。

勢いで何か取り組む姿勢はとても大事なのですが、それに具体的な目標設定があるとよりゴールに早く近づけますので、

目標設定をきちんと決めるようにしましょう。

目標設定とは何かを知ることが大切

会社が掲げた目標は、求められた結果にすぎません。先ほども述べたように、マラソンで言う42.195キロです。

ほとんどの人は、その与えられた長い道のりの先にあるゴールに向かって走り出すわけですが、その目標はあくまで会社が掲げたものであり、自分自身で決めた目標設定ではありません。

「掲げられた目標」は最終地点ではありますが、そこにたどり着くことだけしか考えないのは、ただ何も準備をせずにこなそうとしているだけのことです。何も考えずに何かを成し遂げようとするのは本当の目標設定とはいえません。

目標設定とは言い換えればセルフコーチングです。

セルフとは「自分自身」のことで、コーチングとは「指導」ということなので

セルフコーチングは「自分自身を導くこと」という解釈になります。

そして、本当の指導というのは個性を伸ばしながら導いていくことが重要な課題ですので、そういった観点からいくと、目標設定も何が正しいと論じるよりも常識や良識から見て確実に間違っていることを見つけていくことの方が賢明です。

目標設定も同じように考えて作り上げていくことをお勧めします。では、次に具体的な目標設定の仕方について考えていきましょう。

Sponsored Limk

PAGE 1 PAGE 2

コード スニペットをコピー

コメントを残す