恋愛や人間関係でめんどくさいと思わなくなる6つの上手な付き合う方とは?

人間関係には時に様々なトラブルが生じるものですが、

「人間関係がめんどくさい」

と思ってしまうのも一種の人間関係のトラブルかもしれません。

私たちが生きていく中で多くの人との交流や人間関係が構築されていきますので、

特に多い悩みというのはやはり人間関係に関するものが大半でしょう。

もちろん、恋愛も人間関係の一種ですので悩み事はたくさんあるものです。

でも、人は誰かと関わりを持たずに一人では生きていけません。

そのことを理解しているからこそ、めんどくさいと思っていてもなかなか人間関係を手放せないのだと思います。

そこで、今回は人間関係でめんどくさいとお悩みの方に人とうまく付き合う方法や対処法に関して紹介していきたいと思います。

 めんどくさいというのは自分自身を変えるサイン

YUKA150701598457-thumb-815xauto-19536

私たちは、仕事でもプライベートでも日々、誰かしらと関わって生活をしていますが、

時に「何だかこの人めんどくさいなあ」と思ってしまうこともあるでしょう。

学生、社会人問わず、人間関係にはトラブルが生じるものですが、

人にはそれぞれタイプや性格が異なるため、自分に合わない価値観の人も世の中にはたくさんいます。

だからといって、まったく価値観の合わない人と交流しないというのは勿体ないことです。

どういうことかというと、人間関係には価値観の共有できるものがあります。

たとえ、自分とは異なる意見や価値観を持っている人でも関わりを持つことで、自分にはなかった価値観や考え方が発見できます。

そしてこれから紹介していくものは、めんどくさいと思ってしまう自分自身の行動・考えを変えていくものです。

なので、めんどくさいからと人間関係を断つのではなく、

「めんどくさいからこそ上手く付き合っていこう」という風に考え方が変わっていければと思います。

めんどくさいと思ってしまう考え方の変え方

1、過度の期待はしない。決めつけない

人と関わっていく中で

「これぐらいはやってくれるだろう」

と期待したり、決めつけてしまうことはありませんか?

こういった考え方は自分の思っていたものと異なる反応が返った時に、「自分には合わない人だ」と裏切られた気持ちになってしまいます。

先ほど、世の中には自分と価値観が異なる人がたくさんいると書きましたが、

当然、自分の思っていたものとは異なる反応をする人もいます。

「相手に期待する」というのは、良いようで悪いものでもあります。

というのも、相手を信じている要素もあるのですが、自分の考え、価値観を勝手に当てはめているものでもあるからです。

物事には正しいというのはありません。

自分が思っていることがすべて正しいというのは、価値観を押し付けているだけなのです。

なので、人にはたくさんの価値観がある事を理解し、寛容な姿勢で相手を受け入れていくのも時には必要なのだと思います。

Sponsored Limk

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

コード スニペットをコピー

コメントを残す