仕事、学校と周りの目が気になる人の心理と原因とは?克服法を紹介します。

日々生活していると周囲の目を気にしてしまう方は多いでしょう。気にしてしまうことは仕方がないことですが気にしすぎることは精神的に疲れてしまうものです

周りの目を気にしすぎてしまうあまりに行動することが臆病になってしまうこともあるかもしれません。

「失敗したら周りから笑われるかもしれない」「周りの人はやってないから私もやめとこう」と考えてしまうことは自分の可能性を押しつぶしていることと変わりはありません

そこで今回は周りの目を気にする人の心理、原因と周りの目を気にしない方法を紹介していきます。

他人の目を気にしてしまう人の心理、原因とは?

そもそもどうして他人の目を気にしてしまうのでしょうか?

それは自分の姿、態度を見た相手の反応をうかがっているからだと思います。他人にこう思われているだろうという固定観念が周りの目を気にしてしまう原因でもあるのです。

たとえば、以前他人に馬鹿にされたことが原因で他人の目を気にしてしまう方がいます。そういった方の中ではおそらく馬鹿にされたという原因が自分の中に染み付いてしまい周りからもこう思われるだろうと推測してしまうのです。

なのでまずは自分自身に染み付いている固定観念や原因を探すことから始めましょう。自分が周りの目を気にしてしまう原因を一度紙に書くことをおすすめします。その原因を見つけられたならそれは全部他人が勝手に決めたことと認識しましょう。

他人の目を気にしてしまう方の特徴として自尊心が低いことと感受性が高いことが考えられます。

自尊心が低いとは自信の低さと同じことで自尊心の高い人ほど他人の目を気にしない傾向にあります。

でも、自尊心の低い人は自信がないせいか他人の言動、行動に流されてしまいます。

そしてもう一つの感受性が高いというのは周囲を察知する能力が高いということです。

一見、気配りができる人のように感じるかもしれませんが気を配ることも他人の目や周囲の雰囲気を気にしてしまうことでもあります。自尊心の低さ、感受性の高さも周りの目を気にしてしまう原因と考えられるのです。

周りの目を気にしない方法~自分の思い込みだと気付く

実は周りの目を気にしてしまうのは大体が自分の思い込みなのです。他人にどう思われているかというのは自分が勝手に思っているだけなのです。まずはそのことを理解しましょう。

正直にお話ししますと相手はそんなに自分のことを気にしていないのです。たとえば、道を歩いている時に反対側から歩いてくる通行人の容姿や年齢や雰囲気を一人一人正確に覚えているでしょうか?

おそらくですが自分の友人、親戚、顔見知りの人以外である人は覚えていないのです。それは自分が知らない人に興味がないからです。これはどんな人にも共通していることです。

「人は興味のある人、物以外は気にしない」ということは当たり前のことのように思えますがこのことに気づかないと他人の目を気にしてしまうのです。まずはこういう思考を身に着けましょう。

思い込み

周りが気になる癖を克服する方法

好かれなくても別にいい

他人に好かれなくてもいいというとなんだか変な人に思われるかもしれません。でも、基本的にはみんなに好かれている人というのはいないのです。

人間関係は自分を好きでいてくれる人がいるかと思いますがそのうちの何割かは自分のことが嫌いだったり何とも思わなかったりする人も存在するのです。

当たり前ですが自分を好きでいてくれる人というのはそう簡単に気付けるものではありません。一度会って良い人間関係が気付けるほうが少ないのです。

相手も人ですので自分のことが気に食わなかったり、苦手だったりすることもあるでしょう。それは自分も同じことで相性が合わない人も当然います。

そういう方とは無理して付き合わなくてもいいのです。「別に嫌われてもいいから本当の自分を出そう」という考えは自分自身を押し込まなくて済みますので息苦しくもなく周りの反応も気にしなくても大丈夫です。

スポンサードリンク



自分に目を向ける

今まで書いてきたことは他人を気にしないようにする考えでしたが他人にどうお願いしても当然ですが性格を変えられることはできません。

でも自分自身を変えることはできます。つまり自分に目を向ける思考に変えるのです。

たとえば、自分の好きなことに熱中しているときは他人の目を気にすることはあまりないでしょう。

自分の楽しいと思えることだったり趣味を見つけたりすることに時間を費やすほうが有意義に生活できるのです。

先ほども書きましたが他人の思考というのは変えることができません。他人の目を気にする時間があるのなら自分のために時間を使うほうがとても有意義なことなのです。

安心

まとめ

他人の目を気にしてしまう方というのはとてもまじめな方が多いと思います。気配りがちゃんとできるタイプで他人からも好まれる性格だと思います。

しかし、気にしすぎてしまうことは自分自身の可能性をつぶしてしまっていることでもあるのです。

どうしても日本人には他人を気にしてしまう習慣が身についています。そうした背景には社会的な構造も少なからず関係しているのだと思います。

日本の教育というのはあまり個性を大事にしない教育をしています。平均的な人に育てたほうが都合がいいのです。

個性を押しつぶしてしまうと平均的な人になってしまうので行動することも他人と似たような行動をとるようになるのです。「他人と同じようにしなければいけない」と固定観念が染み付いてしまうため他人の目や周りの目を気にしてしまうようになるのです。

今回紹介した方法は自分の殻を破る手段です。他人の目を気にしなくなると自分が好きなように生きていけることができるでしょう。そして自信がついていきいろいろなことに挑戦することが楽しくなるかもしれません。

「他人の目を気にするのではなく自分の目を気にする」という思考をぜひ身に着けてください。

Sponsored Limk
コード スニペットをコピー

1件のコメント

  • 前田慎地

    他人がこう思うだろうというのが妄想であること、好かれなくてもいいと思うこと、自分に目を向けること、どれもそうだと思う。

    でもこの問題に根本的な解決はないとも思う。
    人の目を気にしない、というのはまさに3番目の「自分に目を向ける」ということだが、それはつまり自分が思うことを率直に表現し、望んだ形を素直に実現しようとすることだ。だが、人が望むこととは、どれだけ周囲へ無害であれるだろう。逆に言えば、人の願望はいつも、周りを直接にせよ暗黙にせよ巻き込む形を取るのではないだろうか。人を巻き込むというのは、何かしらの社会性の上での自分の利(居場所や有能感)がそこにはあるということではないだろうか。社会性は、どこまでも序列、上下に基づき発生する関係であると思う。誰かの自己肯定感というのも、やはり誰かの上にある相対的なものだと思う。誰かの意思や願望とは一個人の中の話に見えて、それは確かに周囲を巻き込み、何かしらの形で威圧する側面があるのではないか。色々な要素において、みんなその個性がちょうどよく拮抗すればいいが、そんな状態は仲の良いグループでさえなかなかないとも思う。みんなが自分の意思や願望に素直になるなら、それはもはや純粋な競争状態であり、そこには残酷なことも腐るほど起こってしまうだろう。
    そんな事態を防ぐには、やはり自分の意思や願望は抑え、周囲に目を向け(周りを気にして)状況を調整しようとする態度だ。本来的に考えれば、こんな態度はめんどくさく、誰も取りたくない。それでもそれをする人がいるとすれば、それは競争の中で苦戦する人、競争自体を否定する人、さらにいえば誰かが自分に素直に生きるが故の「しわ寄せ」を被った人ではないか。
    周囲を気にしすぎるのが問題なのは変わらない。だが、そもそも社会性や自己肯定感の形成に少なからず序列・競争・価値が関わるなら、そこで成功を逃した人たちがもう一度そこに戻るのは過酷といえる(被害者が拒絶する存在=加害者になるようなもの)し、下位がいなければ序列は成り立たない。結局はそんなようなものに吸収されてしまうように思える。

    こんな考え自体、自己肯定感が低い人間の典型的な妄想なのかもしれません。私はめちゃくちゃ周りを気にしてしまう人間です。

2件のトラックバック

  • 人の目が気になる原因とそれを克服する方法 | 人の目が気になる原因と克服方法:自意識過剰を治す
    2016年12月28日 9:21 PM

    […] 仕事、学校と周りの目が気になる人の心理と原因とは?克服法を紹介します … […]

  • 人の目を気にし過ぎる:人の目が気になるのを克服する方法 | 心と体の健康増進  〜 for Happy Life 〜
    2017年1月14日 4:06 PM

    […] 仕事、学校と周りの目が気になる人の心理と原因とは?克服法を紹介します。 […]

コメントを残す