クリスマスで孤独感に悩まされたときに解消する方法とは?

一人でクリスマスを迎える方は普段は感じなかった孤独感があるかと思います。

「クリスマスの時は誰かと一緒にいたいのに相手がいない」

「外にはカップルだらけなのに自分は、、、」

となんだかやるせない気持ちになりますよね、、、

この気持ちをどうやって発散すればいいのか悩んでしまう方もいるかと思います。

そんな方に向けて今回はクリスマスの孤独感を解消させる方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



そもそもクリスマスとは?

PAK87_MChikari20141220142335-thumb-815xauto-17939

皆さんはクリスマスはどういったイベントなのかご存知でしょうか?

「クリスマスといったら彼女・彼氏と楽しく過ごす時間」

と思われている方は多いかと思います。

しかし、そもそもクリスマスとはイエス・キリストの誕生を祝うものです。

では、なぜクリスマスが恋人と過ごすイベントになったのか、、、

どうやらきっかけが1983年頃にあるそうです。

60年代~70年代までは子供中心のイベントだったみたいで、子供にクリスマスプレゼントをあげたりするのが主流でした。

しかし、ある女性向け雑誌が1983年12月のクリスマスの特集で

「彼氏のハートをつかまえる」という内容を掲載してからその後も多くの雑誌で取り上げられるようになり、

今では恋人と過ごす日になったみたいです。

恋人がいない人も多い

LIG86_santaboukabuttabiz-thumb-815xauto-16232

きっかけがどうであれ、確かに一人でクリスマスを迎えるのは寂しい感じがしますよね。

でも、ほとんどの人に恋人がいてクリスマスを過ごすわけではありません。

首都圏では意外にも恋人がいないという人が半数近くいるみたいです。

なので、そこまで気にしなくてもいいのではないかと思います。

クリスマスに一人でいると恥ずかしいイメージはあるかと思いますが

あまり周りの目は気にせず、クリスマスを楽しんだほうが良いかと思います。

クリスマスは実家で過ごす

クリスマスは誰かと一緒に過ごしたいという方。

そういった方は一度実家に帰ってクリスマスを過ごしてみてはいかがでしょうか?

クリスマスはどうしても恋人と過ごすイメージをしやすいですが、家族で過ごすのも全然アリです。

それに他の国では恋人よりも家族で過ごすのが主流みたいですよ。

確かに恋人と過ごすほうが楽しいのかもしれません。

しかし、その空気に違和感を持っていたり、一人で卑屈になるくらいなら家族で過ごしたほうが良いかと思います。

せっかくのクリスマスなんですから孤独感を感じるよりも楽しいほうが良いですよね。

スポンサーリンク




教会に行ってみる

教会ではクリスマスになるとミサが行われています。

特にクリスチャンではない方でも自由に参加できるので安心してください。

例えば、宗教に関心のない方でもお正月になると神社で初詣をしますよね。

なので、クリスマスでもミサを見に行くだけでもなにも不思議なことではありません。

けっこう盛大に行われているところもありますので一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

友人と飲みに行く

a0002_004761

もし、友人の中に恋人がいない方がいれば一緒に飲みに行ってみてはいかがでしょうか?

恋人がいないもの同士で話をするのもいつもより盛り上がっていいかと思います。

クリスマスはなにも恋人と一緒に過ごさなくてはいけないなんてことはありません。

仲の良い友人に会って話をするのでも十分にクリスマスを満喫することができます。

やはり一人でいるよりも誰かといるほうが楽しいですよね。

何も恋人限定ということではないので友人と楽しく過ごしてみてはいかがでしょうか?

人が多くいるところには一人で行かない

孤独感を感じてしまうのはやはり人が大勢いるところではないでしょうか?

もし、一人でクリスマスを過ごす場合、クリスマスムードで盛り上がっているところに行ってみたり、

人通りが多いところへ足を運んでみたりすると孤独感が出てきます。

なんとも言えない喪失感だったり孤独感だったりでいろいろとダメージがでかくなりますからね、、、

周りにいるカップルを見て、孤独感を感じては気分もよくないですし、、、

なので、あまり人がいるところには足を運ばず、一人でいて孤独感を感じないところにするようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回、クリスマスで孤独感を感じてしまう方に向けていろいろと解決策を紹介していきました。

なにもクリスマスは一人でいても恥ずかしいなんてことはありません。

ただ、周りの人に嫉妬せず自分だけ楽しめれば孤独感というのもなくなります。

なので、自信を持って楽しくクリスマスを迎えるようにしましょう。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す