行動力がない人に当てはまる特徴から見えてくる改善法とは?

行動力がある人って憧れますよね。

仕事もバリバリこなせたり、プライベートも充実できたり、行動力があるかないかの違いだけで人生が充実しているように見えるかと思います。

行動力がない人にとっては何か思い立ったらすぐ行動に移せる事が羨ましく思う反面、「自分はどうして行動に起こせないのか」と悩んでいるかもしれません。

ですが、行動力がないとお悩みの方でも原因をきちんと把握できれば、意識して行動するように心掛ける事ができるようになります。

そこで、今回は行動力がない人にはどういった特徴があるのか具体的に紹介していきます。

スポンサーリンク



行動力がない人とは?

皆さんは行動力がない人にどういったイメージをお持ちでしょうか?

毎日だらだら過ごすことが好きで現状に満足しているタイプだと思うかもしれません。

ですが、もし現状に満足しているのであれば「行動力がない事」に悩む事もないと思いませんか?

だらだら過ごすことが好きで不満がなければ、現状を変えてまで行動的になりたいと思う事もないでしょう。

おそらく、この記事をご覧の方は現状に満足してない方だと思います。

現状に満足していないからこそ、行動力を持って仕事やプライベートを充実させたいと考えているのではないでしょうか。

行動力がない人は、少なからず自分を変えようと考えたり努力したりと何かしら行動に起こしているはずです。

ただ、それが継続できなかったり、満足のいく結果にならなかったりして自分には行動力がないと思い込んでしまっているのかもしれません。

自分には行動力がないと思っていても無意識に行動に起こしているのです。無意識に行動に起こしているため自分で行動に起こしている事に気づいていないのです。

スポンサーリンク




行動力がない人に共通する5つの特徴

慎重派タイプ

行動力がない人は何事にも慎重に考えるタイプかもしれません。

何か新しい事を始めようとするとき、大抵の人は抵抗感を持ちます。それはある意味本能と言いますか、人は新しいことにチャレンジするとき抵抗感が出てくるのです。

たとえ行動力がある人であっても新しい事に挑戦するのに緊張もしますし躊躇します。

ただ、あまりに慎重な性格だと失敗を避けようと後ろ向きに物事を考えるため行動する事に臆病になってしまいます。

その結果、抵抗感がより高まって行動できなくなってしまうのです。

逆に行動力がある人の思考は、行動してから失敗を修正しようという考えを持っています。

行動力がない人は先に思考しているため「とりあえずやってみよう」と気楽に取り掛かる事ができないのです。

自信がない

自信がないあまり行動できなくなってしまっている事も考えられます。

行動に移す前にマイナスイメージが思い浮かんでしまってはいませんか?

「失敗に終わるのでは?」と漠然とした不安感があるのかもしれません。

過去に体験した失敗や挫折があると、自信を失い行動力が抑制されている事が考えられます。

ですが、自信とはある意味、経験値とも言えるため、行動することである程度経験を積むことが出来れば自信は自ずとついてくるようになります。

過去の失敗を克服できるようになれば行動力が出てくるようになるでしょう。過去の出来事が足かせになっていないか振り返ってみるといいかもしれません。

他人の意見を気にしすぎる

周りの意見を気にしすぎると気持ち的にも不安定になりますよね。

例えば、自分がこれからやりたい事を親や友人に相談した時、応援してくれる人もいれば反対に否定的な意見を言われるなんて事があるかと思います。

また、世間的な風潮ばかり気にしすぎると自分のやりたいことを抑えてしまう事もあるのではないでしょうか。

ですが、実際に行動に移すのは自分自身であり、否定的な意見が必ずしも正しいとは言えません。

むしろ周りの意見を気にしすぎて行動に移せなくなる方が時間も人生も勿体ないのです。

ですので、あまり周囲の意見は鵜呑みにせず参考程度に受け止めるくらいにすると自分で行動力を抑えず前向きになれるでしょう。

完璧主義

完璧主義はすぐ行動に起こしにくい考え方です。

何か行動に起こそうとしても「完璧にこなさなくては」と考えているため、行動に起こす前にじっくりと完璧にこなす計画を考えます。

そうしてあれこれと計画を練っているうちに、実際に行動に起こす事が不安になってしまうのです。

完璧主義な人は行動よりも先に理解しようとします。

ですが、行動に起こさなけれな本当の理解を得られないのが事実なのです。

失敗を恐れている

誰しも失敗を恐れてしまうものですが、あまりに恐れが多いと体が動かなくなってしまいます。

恐怖心が勝ってしまい、行動に移せなくなってしまうのです。

では、どうして失敗を恐れてしまうのでしょうか。それは行動する事がリスクのある事だからです。

リスクには上手くいくか、上手くいかないかの二手に分かれます。

行動に移すという事は結果がどうであれ、その事実を受け止めなければなりません。

その受け止める事に恐怖心があるからこそ、失敗を恐れて行動できなくなってしまうのです。

また、リスクを考える上で失敗する事のリスクばかり考えてしまう傾向にあるので、行動に移す前に失敗する事ばかり考えていないか目を向ける必要があります。

行動力は純粋さでもある

行動力は言いかえれば「純粋さ」です。

興味、関心という純粋さがあれば、人は行動に移すことができるのです。

また、純粋さはどんな人にも備わっているため、行動力がない人はただその純粋さを忘れているだけなのかもしれません。

子どもの頃の事を思い出してみてください。おそらく、何も考えず自分が興味ある事があったらすぐ行動に移していたかと思います。

ですが、成長するにつれ、周囲の大人や環境からある程度行動を抑制されることもあり、人間に本来備わっている純粋さも抑制されてしまうのです。

行動に移すことに抵抗感を持つ事や失敗しないようにする事は自然なことではありますが、純粋さも抑制して行動もおろそかになってしまっては本末転倒というものです。

ですので、純粋さを頼りに何も考えずにとりあえず行動に移してみると行動力は自然と出てくるようになるでしょう。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す