コミュニケーション能力が低い人の5つの特徴

コミュニケーション能力が低くてうまく人間関係が築けないと悩んでいる人もいるでしょう。今ではこのコミュニケーション能力を高めるための研修会や講習などが職場問わず多くの場所で開催されています。

私も、このコミュニケーションを高めるための研修をさせていただいていた一人です。仕事だけでなく私生活でもコミュニケーションが上手く取れずに悩んでいる方と何人もお会いしてきましたので、そういった方の特徴をまとめてみました。

やはりコミュニケージョン能力が低いのには共通する特徴があります。そして、それをどうにか克服したいという思いも同じだと思います。

ただ自分ではどうにもならない。だからこそ悩むわけなんです。

そこで今回は、コミュニケーション能力が低い方の特徴を知っていただいて克服の糸口を見つけて欲しいと思います。

スポンサードリンク



コミュニケーションが低い人の5つの特徴

「だから」と「でも」が口癖

max16011508-2_TP_V

コミュニケーション能力が低い人は、共通して「だから」「でも」を何度も使います。しかも相手の話を遮って使ってしまいます。初めは指摘せずに好きなようにありのまま話してもらうけれど次第にこちらが会話に気を使ってしまうのです。

「だから」という言葉を使う人の心理は、自分が主導で無理やり話を完結に導きたいということで、「でも」というのは相手の話を否定していることと同じなんです。「だけど」も同じ部類です。

それに全く気付いていないのも特徴のひとつです。

他人の話に集中できない

話をしている最中ずっと目が合わない人もいますし、一生懸命話を聞いているようで時々意識が違うところに向いている素振りが見えたりと

とにかく、相手の話の内容に集中できないのです。

何か別のことを考えているようにも見えますが、違うようなんですね。

話相手にとっては単純に聞いていない、聞こうとしていないというよりは、興味がなさそうに受け取られてしまいます。話している相手もつまらなくなってしまうかもしれません。

話に脈絡がない

話に脈絡がないのは周りの話を聞いていないこととは別に、自分の中だけで会話をしている状態になっていて、自分の中で本来の会話から脱線した話を途中から思い出したかのように言葉を発するんですが、主語がみんな抜けていますね。

本人は自分の中で会話が成り立っているわけですから、相手が理解できないことに対して許せないみたいです。こんな風に急に話し始めて機嫌が悪くなったりするのですから、周りは会話の最中気分はあまり良くはないかと思います。

Sponsored Limk

PAGE 1 PAGE 2

コード スニペットをコピー

コメントを残す