コミュニケーション能力が低い人の5つの特徴

コミュニケーション能力が低くてうまく人間関係が築けないと悩んでいる人もいるでしょう。今ではこのコミュニケーション能力を高めるための研修会や講習などが職場問わず多くの場所で開催されています。

私も、このコミュニケーションを高めるための研修をさせていただいていた一人です。仕事だけでなく私生活でもコミュニケーションが上手く取れずに悩んでいる方と何人もお会いしてきましたので、そういった方の特徴をまとめてみました。

やはりコミュニケージョン能力が低いのには共通する特徴があります。そして、それをどうにか克服したいという思いも同じだと思います。

ただ自分ではどうにもならない。だからこそ悩むわけなんです。

そこで今回は、コミュニケーション能力が低い方の特徴を知っていただいて克服の糸口を見つけて欲しいと思います。

スポンサーリンク



コミュニケーションが低い人の5つの特徴

「だから」と「でも」が口癖

max16011508-2_TP_V

コミュニケーション能力が低い人は、共通して「だから」「でも」を何度も使います。しかも相手の話を遮って使ってしまいます。初めは指摘せずに好きなようにありのまま話してもらうけれど次第にこちらが会話に気を使ってしまうのです。

「だから」という言葉を使う人の心理は、自分が主導で無理やり話を完結に導きたいということで、「でも」というのは相手の話を否定していることと同じなんです。「だけど」も同じ部類です。

それに全く気付いていないのも特徴のひとつです。

他人の話に集中できない

話をしている最中ずっと目が合わない人もいますし、一生懸命話を聞いているようで時々意識が違うところに向いている素振りが見えたりと

とにかく、相手の話の内容に集中できないのです。

何か別のことを考えているようにも見えますが、違うようなんですね。

話相手にとっては単純に聞いていない、聞こうとしていないというよりは、興味がなさそうに受け取られてしまいます。話している相手もつまらなくなってしまうかもしれません。

話に脈絡がない

話に脈絡がないのは周りの話を聞いていないこととは別に、自分の中だけで会話をしている状態になっていて、自分の中で本来の会話から脱線した話を途中から思い出したかのように言葉を発するんですが、主語がみんな抜けていますね。

本人は自分の中で会話が成り立っているわけですから、相手が理解できないことに対して許せないみたいです。こんな風に急に話し始めて機嫌が悪くなったりするのですから、周りは会話の最中気分はあまり良くはないかと思います。

自分の話が得意

AL008-ookinayoukyuu20140722_TP_V

他人の話を途中で遮ったり、聞いていなかったりする割には、自分のことになると饒舌になりますね。しかも、かなり一方的な話し方になります。話の内容は、簡単に言えば武勇伝の類です。

特に過去の話が多いというところです。それだけならまだしも、厄介なのが同調、相槌を求めることです。聞いている側にとっては正直なところ疲れてしまいますよね。一方的な会話に相槌を打たなければならないのですから。

何でも周りのせいにする

自分に非があっても、それを認めようということをしようとしません。重箱の隅をつつくことが習慣になっているようにも見受けられます。どんなにつついても何も出てこない状況だとしても、周りのせいにしようとします。

周囲を見渡すということも空気を読み取るということも、本人の中では重要なことではないのでしょう。

周りの人からしてみれば、いいとばっちりを受けているわけです。周りに指摘されたとしても、納得いかないし受け止められないのでしょう。

スポンサーリンク




まとめ

人間関係を築くうえで大切なことは協調性と言われますが、コミュニケーション能力が低い人の特徴で分かるように、自己中心的なところが目立ちます。自己主張をすることはいいことなのですが、これは全く違いますね。

会話というのは、一方的なものだと成立しないのです。まずは、そのことを理解していかないとコミュニケーションというものは取れません。会話という技術が大切なんです。会話と言っても言葉のやり取りだけではありません。

会話に含まれるすべての出来事、身振りや手振り、空気感や心の表現などを相手に差し出しながら、自分も受け止める姿勢があって初めてコミュニケーションが始められるわけなのです。

コミュニケーション能力が低い人のことを「空気が読めない人」と言われるのも納得できますね。こういった共通する特徴は周りは気づいているのですが、本人が気づいていないという状態がほとんどなので、周りとの温度差が感じられないのです。

結局のところ、コミュニケーションが取れないようにしているのは自分自身であることが多く、自分ではなかなか気づけていないのです。そして自分はコミュニケーション能力が低い人という代名詞をつけて悲観しているのです。

なので一度悲観する前に、ここであげた5つの特徴を自分と照らし合わせてみてください。

能力というものは自分で伸ばすものです。周りはそのきっかけを与えることしかできません。

自分自身の内に秘めた能力を引き出すのは、常に自分を映し出す鏡を持ち、その鏡にしっかりと向き合うことが大切なのです。今の自分を見つめ直して、良いところは伸ばし、悪いところは改善するようにすれば能力というものは必ず高まっていきます。

スポンサーリンク
コード スニペットをコピー

コメントを残す